犬のあくびで愛犬の気持ちが分かる?あくびする理由


犬があくびをする理由

犬がわたしたちの前でふあぁ~とあくびをするのを見ていると、リラックスしているのだと思いがちですが、実はそうではないことも多いのです。

犬のあくびは自分の感情や意思を伝えるカーミングシグナルのひとつです。

犬はどんな状況のときにあくびをするのでしょうか。

犬のあくびその ストレス

あくびは脳の温度調節をしているといわれています。

犬はストレスを感じるような状況になるとあくびをします。

あくびをすることで脳に多くの酸素を取り込み、脳の温度を下げて不安な気持ちを和らげようとしているのです。

必要以上にしつこく触られたときなどにあくびがでます。

これは「やめて」というサインなので触りすぎないようにしましょう。

特に子供は手加減を知らないので無理やり触ろうとすることがありますので注意しましょう。

知らない人に頭を撫でられたりしたときなどにもあくびがでたりします。

新しく家に迎えた仔犬などは、可愛いのでつい抱き上げてしまいがちですが、ふいに抱き上げられることへの驚きや不安からあくびが出ることがあります。

家族のみんなが仔犬を構いすぎないようにして、新しい生活に慣れるまで静かに見守るようにしましょう。

成犬であっても抱っこが苦手だったり、反対に大好きで興奮しすぎたりしてもあくびがでます。

犬がどんな時にあくびをするのかを知っておくと、無用なストレスを防ぐことができます。

犬のあくびその 緊張

犬は緊張をほぐすためにもあくびをします。

散歩中に見知らぬ犬と向き合ったときなどにみられます。

自分の緊張を和らげるだけではなく、相手の犬への「争う気はないよ」という意思表示でもあります。

飼い主に叱られているときに出るあくびも、飼い主をなめているわけではなく、叱られることの緊張からくるもので、「そんなに興奮するのはやめて。
もう叱らないで」というサインです。

それ以上に叱るのは逆効果なのでやめましょう。

犬のあくび③ 不安や恐怖

花火や雷の音、掃除機やチャイムの音など苦手な音を聞くと不安や恐怖から震えながらあくびをすることがあります。

これはあくびをすることで気持ちを落ち着かせようとするためのしぐさです。

苦手な音に怯えて震えながらあくびをし始めたら、やさしく声をかけながら背中をさすってやったり抱き寄せたりして気持ちを落ち着かせましょう。

犬のあくび④ 車に乗ったとき

車が苦手な犬を車に乗せたときにも不安からあくびをすることがあります。

また車酔いで体調が優れないときにもあくびが出ます。

車酔いからくるあくびは、あくびをすることでで体調を整えようとしているので、そのときはすぐに休憩を取りましょう。

長時間車で移動するときはこまめに休憩することで車酔いを防ぐことができます。

犬のあくび⑤ 病院やお風呂

病院で嫌なことをされたという記憶のある犬や、水が苦手な犬がお風呂に無理やり入れられた記憶が残っていると、病院の前やお風呂という言葉を聞いただけであくびをすることがあります。

これは嫌なことをされるという不快感の現れです。

嫌いな場所に行けたり、苦手なことが出来た時はご褒美のおやつを与えたりして徐々に慣らしていきましょう。

犬のあくびその⑥ 人のあくびがうつる

飼い主があくびをしたら、犬も横で同じようにあくびをしていたという話をよく聞きます。

犬が飼い主の真似をしているという説もあるそうです。

人間がするあくびも自分へのカーミングシグナルだと思って、同じようにあくびで返しているということもあります。

犬のあくびその⑦ 眠い時のあくび

人は眠い時やリラックスしているときにあくびをしますが、犬も同じようにあくびをします。

眠くなると脳の働きが弱くなるため酸素を取り入れて、脳を目覚めさせるためにあくびがでます。

生理的にでるあくびなので心配はありません。

声を出してあくびをするのはどうして?

犬が声を出してあくびをしているのを見たことがありませんか。

犬のあくびはカーミングシグナルのひとつです。

自分の気持ちを落ち着かせるためのものでもありますが、自分の不快な気持ちや不安な状況を相手に伝えるときにもあくびをします。

犬があくびと一緒に声を出すのは、今の自分の気落ちに早く気付いて欲しいという強いシグナルだといえるでしょう。

では、犬が声を出してあくびをするのはどんな気持ちを伝えたいときなのでしょうか。

退屈なことを知らせるとき

犬がストレスを感じる要因はいろいろありますが、退屈なときにもあくびをします。

おもちゃを与えていても飽きてしまったり、なかなか飼い主が遊んでくれないときに声を出してあくびをします。

そのときはあくびと一緒に間延びした「ほわぁ」や「くわあ」といった声が出ます。

何かを要求するとき

飼い主に対して何かして欲しいときにも声を出してあくびをします。

「散歩に行きたい」や「早くご飯が欲しい」など、自分一人では行動できないときに、声を出してあくびをすることで飼い主に知らせようとします。

この要求声出しあくびは、散歩に行ったりご飯を与えたりする時間のローテーションがしっかり決められている犬にみられます。

いつもの時間に習慣付けられている行為が行われないとそれがストレスになります。

「もうお散歩の時間だよ」「ご飯の時間だから早くして」などを飼い主に知らせる意味でもあります。

心配な犬のあくび

犬のあくびの殆どが生理的なものや感情や気持ちを伝えるカーミングシグナルですが、なかには怖い病気の初期サインの場合もあります。

頻繁にあくびをして明らかにいつもと様子が違うときは、すぐに獣医師の診察を受けましょう、

犬が頻繁にあくびをするときに考えられる病気にはどんなものがあるのでしょうか。

貧血で出るあくび

酸素は血液で運ばれます。

貧血になると脳に十分な酸素が届かなくなり、頻繁にあくびをして脳にたくさんの酸素を取り入れようとします。

貧血になると元気や食欲がなくなったり、散歩や運動を嫌がるようになります。

これらの症状とともに頻繁にあくびをしているときは注意しましょう。

貧血を起こす原因 寄生虫

犬シラミやマダニは皮膚から血を吸います。

鉤虫は小腸、鞭虫は盲腸に寄生して血を吸います。

これらの寄生虫が犬の体に住みつくことによって貧血をおこすことがあります。

貧血を起こす原因 溶血性貧血

赤血球が壊れてしまうことでおこる貧血症のことです。

体に酸素が回らなくなり頻繁にあくびがでます。

呼吸困難をおこしたり、臓器を痛めることもあります。

重度の酸欠になると命を失う危険のある怖い病気です。

低血糖症で出るあくび

脳は糖をエネルギー源にして働いていますが、血液中の糖分が少なくなる低血糖症をおこすと、脳の働きが低下してしまいます。

そのため脳の働きを良くするために、酸素を取り入れようとして頻繁にあくびをするようになります。

元気がなくずっと寝ていたり、足がふらついたりしているときは低血糖症をおこしている場合があります。

狭心症で出るあくび

狭心症は心臓の筋肉に酸素を運ぶ冠動脈の硬化や狭窄によって血液の流れが悪くなる病気です。

心筋が完全に壊死してしまうと心筋梗塞をおこします。

元気がない、散歩を嫌がる、咳や息切れなどの症状が見られますが、狭心症の発作の前に頻繁にあくびが出ることがあります。

脳梗塞で出るあくび

脳梗塞は、脳の血管が詰まることによって、脳に酸素を送る血液が流れなくなります。

人間とは違い、言葉を持たない犬の脳梗塞の初期症状は見つけにくいので、頻繁にあくびをするようなら、一度獣医師の診察を受けましょう。

犬のあくび動画5連発!

仲良しの猫とチワワのあくび。

猫のあくびがチワワに伝染しちゃいました!

これから一緒にネムネム・・ですかね。

家族でピクニックは楽しいけど、みんな食べるのに夢中でボクはちょっと退屈しちゃったかな?

早く一緒に遊ぼうのあくびですかね。

柴犬の大あくび。

いやー豪快です! スローにすると迫力ありますね。さすが和犬です。

小さなシーズーミックスに見つめられて緊張してるシャイなミックス犬。

きっと好みの子だったんでしょうね。胸のドキドキが伝わりそうな・・。

あくびの12連発はすごいです!

きっとカメラに超接写されて緊張したのかもしれませんね。

何、何、そんなに近づかないで・・。と伝えたいあくびなんでしょうね。

眠いのにご苦労様。飼い主さん大満足な動画になりました。

他にもあるいろいろなカーミングシグナル

犬にとってのカーミングシグナルは、自分の気持ちを落ち着かせたり、相手の犬や人に気持ちを伝えたりするための大切なボディランゲージです。

飼い主が犬のカーミングシグナルを知っておくことで、犬の不安やストレスを回避し、犬との信頼関係を深めることができます。

犬はあくびの他にも、さまざまなカーミングシグナルを出しています。

犬はどのような時に、どのようなカーミングシグナルを出すのでしょうか。

不安なときのカーミングシグナル 

・体をぶるぶるっと震わせる

・首を掻く

・しきりに床や地面匂い嗅ぐ

・鼻をなめる

何か不安を感じたり、ストレスになるようなことがあったときに、自分の緊張を解くためのカーミングシグナルです。

知らない場所に連れて行かれたときや、叱られたときなどに出る動作です。

相手に敵意がないと知らせるためのカーミングシグナル

・相手の周りをゆっくり歩く

・相手から目をそらす

・頭を低くして体のばす

・相手の前に座る

相手の犬や人に敵意がないときに見せるカーミングシグナルです。

他犬や知らない人に出合ったときに、顔を背けたり、目をそらしたりするのは敵意がないことを知らせるサインです。

反対に、犬が互いに目を逸らさず真正面から向き合っている時は、対決しようとしている姿勢です。

体を低くして前足を出し、尻尾を振っているときは、遊んで欲しいときの動作です。

相手を落ち着かせるためのカーミングシグナル

・伏せる

・体を背ける

相手の前で伏せたり、体を背けたりするときは、相手を落ち着かせようとしているときの動作です。

相手の犬が興奮していたり、飼い主がカリカリしながら叱っているときなどによく見られます。

嬉しさを表すときのカーミングシグナル

・しっぽをふる

・お腹を見せる

犬は嬉しいときや喜んでいるときに尻尾振りますが、高くあげて振っているときは興奮したり警戒したりしている場合もあります。

また、怖いときには低い位置で尻尾を振ることがあります。

犬が他犬や人にお腹を見せるのは服従のサインです。

自分より相手が優位にあることを認めたときに見せる動作です。

飼い主に対しては甘えてお腹を見せていることもあります。

♥ちょっとbreak  time♥

犬に関することわざ、あなたはどのくらい知っていますか?

良く聞くものから始めて聞くことわざまで。

知っていると”さすが犬好き!”と言われたりしてハナタカさんになれるかも・・。

誰でもが知っている犬に関することわざ

犬猿の仲=仲が悪いことや相性の悪い相手のことを言います。これは誰でもが知っていることわざですね。昔から犬と猿は仲が悪いといわれていました。

犬が西向きゃ尾は東=だれでもが知っている当たり前のことだ、というときに使いますね。

犬の遠吠え=威勢はいいけど本当は弱虫な人のことをいいます。面と向かって言えなくて陰で悪口や陰口をいうことです。負け犬の遠吠えも同義語です。

犬も食わぬ=昔の犬は雑食だったので、何でも食べる犬でさえも食べないもの、ということから誰も相手にされないことや、関心を持ってもらえないことに使います。

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」や「犬も食わない痴話喧嘩」というふうに使われます。

犬も歩けば棒に当たる=犬が下を向いて匂いを嗅ぎながら歩き回ることから、下ばかり見て歩いていると振り回わされた棒にも気づかず当たってしまうということです。

生きていれば誰でも災難にあうということのたとえです。

一方では思い切って外に出てみれば思わぬ幸運に出会えることがあるということのたとえでもあります。

今では後者のほうのたとえが良く使われていますね。

飼い犬に手を噛まれる=一生懸命に面倒見てあげた人から裏切られたり、傷つけられたりすることです。類似語には「恩を仇で返す」などがあります。

物知り!と言われる犬に関することわざ

犬に論語=言葉のわからない犬に難しい言葉で叱っても言うことを聞かないという意味です。分別のない相手に説明しても何も通じないということのたとえ。

同義語には「犬に念仏、猫に経」「馬の耳に念仏」などがあります。

犬の逃げ吠え=尻尾を巻いて逃げながらも吠える犬の様子から、口論に負けているのに負け惜しみで減らず口を言うことのたとえ。

「犬の遠吠え」のように陰で悪口を言うのではなく、負けだと分かっていても尚持論を譲らず言い返す人のことを言います。

犬一代に狸一匹=犬が大きな狸を捕まえることは一生のうちで一度くらいしかないという意味です。一生うちでで大きなチャンスが来るのはそうそうあるものではないということのたとえです。

犬の一年は三日=犬の寿命は人間より短いことから、成長が早いことのたとえです

犬が星見る=犬が夜空の星を欲しいと思って見上げても手の届かないところにあるという意味です。身分不相応望みを持つこと、高望みすることのたとえです。

吠える犬は眠れる獅子より役に立つ=眠っている獅子よりも起きて番犬として吠えてくれる犬のほうがずっと役に立つという意味です。

どんなに優れた能力を持っていても、努力もせず自分の才能に胡座をかいていては大成しないということのたとえです。

類似語には「生ける犬は死せる虎に勝る」があります。

犬は三日の恩を三年忘れず=犬はたとえ三日でも可愛がってもらったことは、三年たっても忘れないという意味です。

人間ならそれ以上に他者から受けた恩は忘れてはならないという戒めのたとえです。。

このたとえの反義語は「猫は三年の恩を三日で忘れる」です。

この記事のまとめ

犬のあくびで愛犬の気持ちが分かる?あくびする理由
犬があくびをする理由:ストレス・不安、恐怖・病院やお風呂が怖い時・車酔いのとき・人のあくびがうつったとき・眠いとき

犬が声を出してあくびするとき:退屈なとき・要求があるとき

心配なあくび:貧血・低血糖・狭心症・脳梗塞などで出るあくび

あくびの他にもあるカーミングシグナル:不安なときのカーミングシグナル・相手に敵意がないと知らせるためのカーミングシグナル・嬉しさを表すときのカーミングシグナル

犬のあくび動画5連発!

最後に

言葉を持たない犬にとってのカーミングシグナルは、自分の感情や意思を相手に伝えるための大切な非音声言語です。

その中でも犬のあくびは他のカーミングシグナルと違い、強いストレスや緊張を感じたときに現れる、転移行動のひとつでもあります。

また怖い病気の前触れとして出ることもあります。

そのあくびは、愛犬の心や体からの重要なサインかも知れません。

たかがあくび、されどあくびです。

愛犬が見せる小さなシグナルを見逃さないようにしてあげたいものですね。