犬の値段の相場について。理由も交えて解説します

ペットショップに並んでいる犬にはそれぞれに価格がついています。生き物の命に値段をつけて売ることには賛否両論ありますが、商品としての需要が無くならないかぎり、相場にあった価格をつけられるのは当然なことなのかも知れません。さまざまな犬種の値段の相場や、犬の価格ランキングなど、犬の価格相場のあれこれを調べてみました。

犬種別・価格の相場

犬の価格の相場はその時々の状況で変化していきますが、犬種、大きさ、希少性、人気度、血統書の有無などによっておおよその価格が決まってきます。

世界で最も高額な犬種ランキング トップ5

【1位】ローシェン 100万円~

・原産国:フランス(小型犬)

・体高:25cm~33cm

・体重:4kg~8kg

ローシェンとはドイツ語の小さなライオンという意味で、「リトル・ライオン・ドック」とも呼ばれています。

「ライオンクリップ」というライオンのたてがみのようなカットが特徴です。

ルネッサンスのころからフランスの貴婦人達に愛玩犬として可愛がられ、ルネッサンス絵画にも多く描かれています。

スタイルの維持が大変なことや噛み癖などの理由から人気は下降し、19世紀頃に絶滅の危機を迎えます。

その後、一部のローシェン愛好家の手によって改良が重ねられ再び人気犬種になりました。

現在でも非常に生存数が少なく、希少犬種として世界で一番高額な犬といわれています。

【2位】サモエド 80万円~

・原産国:ロシア(中型犬)

・体高:48cm~60cm

・体重:16kg~29kg

純白の被毛が美しく、体型がスピッツに似ていることから「シベリアン・スピッツ」とも呼ばれています。

3000年以上も前からシベリアのサモエド族の使役犬として飼われていました。

豊かな毛量は極寒のシベリアに適しており、主にソリ引き犬やトナカイの番犬、カモシカの狩猟犬として重用されていました。

頑丈な体躯と高い知能、友好的で穏やかな性格が人気の犬種です。

微笑んでいるような口角は「サモエドスマイル」と呼ばれ愛されています。

毛色の純白度が高いほど希少価値があり価格も高くなるようです。

【3位】チベタン・マスティフ 76万円~

・原産国:中国チベット(超大型犬)

・体高:66cm

・体重:64kg~82kg

中国のチベット地方で生まれた独特な風貌の超大型犬です。

高度経済成長期にあった中国で、超大型犬であるチベタン・マスティフは、富と権力の象徴として富裕層がこぞって飼い始め価格が暴騰しました。

最高では2億円という値段がついたチベタン・マスティフもあり、世界の愛犬家を驚かせました。

最近の経済の低迷に加えて、飼育の難しさもあり価格の暴落が見られますが、それでも優良なブリーダーから生まれる血統の良いチベタン・マスティフは高値で取引されています。

【4位】ファラオ・ハウンド 70万円~

・原産国:マルタ共和国(大型犬)

・体高:53cm~64cm

・体重:18kg~25kg

紀元前1000年頃にマルタ島に持ち込まれ、エジプトの古代犬種だといわれていました。

ファラオの寵愛を受けていた犬として、ファラオ・ハウンドと名付けられていましたが、最近の遺伝子調査の結果、数百年の歴史しかない別の犬種であることが分かりました。

愛好家にとっては残念なことですが、ファラオ・ハウンドの持つ気高さと気品あふれる容姿は今も絶大な人気を誇ります。

【5位】ロットワイラー 65万円~

・原産国:ドイツ(大型犬)

・体高:56cm~69cm

・体重:36kg~61kg

紀元前にローマ人がドイツのバーデン・ヴュルテンベルグに持ち込んだ闘犬です。

その後ドイツで改良され牧羊犬になりました。

筋肉質のがっしりとした体躯としっかりと太い四肢を持つ勇猛な犬種です。

優れた身体能力と高い知能を持っているため、警備犬、警察犬、救助犬などで活躍しています。

 

高額犬種はどの犬種も整備された飼育環境や熟練した調教が必要です。

希少犬種でもあることから、世界中から優秀なブリーダーを探す必要もあります。

これらの犬種を飼える資格があるとすれば、高額を出せる資力もさることながら、生涯飼育にかける精神的、時間的、経済的余裕のある愛犬家でなければならないでしょう。

一般家庭で飼える犬種の価格相場

最近ではペットの飼育環境の進化によって、ほとんどの犬が愛玩犬として室内で飼われています。

ペットショップやブリーダーから手軽に犬を迎えることができるようになりました。

犬の売買価格もそのときの人気犬種や、個々の犬の状態によって変わってきますが、比較的安価な犬種にはどのような犬種があるのでしょうか。

また同じ犬種であっても価格の差があるのはどうしてなのでしょうか。

一般家庭で飼える犬種の価格相場について調べてみました。

マルチーズ

価格相場:50,000円~200,000円

愛玩犬として一番ポピュラーな犬種です。

ふわふわの真っ白な被毛とくりくりした真っ黒な目が可愛い犬種です。

ペットショップで買うよりブリーダーから買うほうが少し安く手に入ります。

・比較的価格が安い理由

マルチーズの被毛は白の単色のみのため、繁殖させやすく多くの仔犬が入手できるためです。

・価格に差がある理由

マルチーズは小さいほど人気があり、大きめのマルチーズは価格が下がります。

月齢が高くなり成犬に近づくほど価格が安くなります。

ポメラニアン

価格相場:100,000円~300,000円

豊かな被毛と小さな顔がキュートな犬種です。

マルチーズと同様に小型の愛玩犬として根強い人気があります。

・比較的価格が安い理由

人気が安定しており、大きな流行にもならないので価格の変動が少ないためです。

・価格に差がある理由

ポメラニアンは小さいほど人気があるので、大きめのポメラニアンは安くなります。

雄よりも雌のほうが高く、人気の毛色や希少な毛色、チャンピンの血統などは高値になります。

月齢が高くなり成犬に近づくほど値段が下がってきます。

ミニチュアダックスフンド

価格相場:100,000円~300.000円

短足胴長が特徴のノーブルな顔立ちをした人気犬種です。

被毛もロングやスムースがあり、小型のカニンヘンダックスなどさまざまな種類があります。

・比較的価格が安い理由

種類も多く生まれる仔犬も多種多様なため、基準からはずれると安くなる傾向があります。
一般的にスムースヘアーよりロングヘアーのスタンダードカラーが多く価格も安くなります。

・価格に差がある理由

ミニチュアダックスは性別、毛色、顔立ち、体型、血統内容などによって価格が変わってきます。

人気の毛並みやチャンピオンの仔犬などは高値になります。

月齢が高くなり成犬に近づくほど価格が安くなります。

柴犬

価格相場:50,000円から200,000円

日本犬の中でも断トツの人気を誇る犬種です。

昔は番犬として外飼いされていましたが、最近は愛玩犬として室内で飼われるようになりました。

・比較的価格が安い理由

柴犬には白・黒・赤・胡麻の毛色があります。

赤は一番人気があり、繁殖される数も多いので安くなります。

・価格に差がある理由

白の柴犬は繁殖が難しく、生まれる仔犬の数が少ないため高値になります。

月齢が高くなり成犬に近づくほど価格が安くなります。

最後に・・・

犬の価格相場は買う者と売る者の需要と供給の関係で成り立っています。

希少犬種を生み出す人がいて、その希少犬種を高額で買い求める人がいる、そのことには何の理不尽さもありません。

犬に対する価値観は人それぞれに違います。

我が家に迎え入れる犬が、希少種でも純血種でも雑種でも、その犬が高額でも安価でも、あるいは無償であっても、ひとつの命の重さを大切に思えるのであれば、それでいいのではないでしょうか。

それぞれの人がそれぞれの価値観で自分達にふさわしい愛犬を迎えることができればいいですね。