犬の涙やけの原因と取り方 愛犬の涙やけのホームケアについて


犬の涙やけの原因を探る

涙やけとは過剰にあふれた涙で目の周りの毛が変色したものです。

何故涙やけができるのか、その原因は?どんな犬種が出やすいのか?など涙やけについて知っておきたいあれこれをお話していきましょう。

涙の持つ役割とは?

涙は98%が水分で、たんぱく質や酵素(リゾチーム)などを含んでいます。

涙は油層、水層、ムチン層の3層で眼球の表面を保護し、乾燥や細菌の侵入を防いています。

涙の持っている抗菌成分をリゾチームといいます。

リゾチームは溶菌酵素と呼ばれており細菌などの感染を防ぐ作用があり、涙の他に鼻水や唾液の中にも多く含まれています。

また犬の涙は鼻を潤す役目も持っています。

犬の涙は涙腺を通り、涙小管から涙嚢、鼻涙管から鼻へと流れます。

涙やけとは何? 

涙を出すのは目に付いたゴミや細菌を洗い流す正常な作用ですが、何らかの原因で涙の量が増えすぎると溢れ出し目頭に溜まります。

生まれつき涙小管が細い犬や、短頭犬種などで鼻涙管への流れが悪かったり、詰まったりすると、常に目から涙が溢れて流れ出す状態になります。

これらは流涙症と呼ばれ、涙やけはその症状のひとつです。

涙やけは涙に含まれる抗菌酵素のリゾチームが多量に目の周りの毛に付着し、黒く色素沈着をおこしたものです。

一度変色すると洗っただけではなかなか綺麗にはなりません。

涙やけしやすい犬種は?

・マルチーズ

・トイプードル(白)

毛色が白い犬種なので涙やけで目の周りが変色すると目立ちます。

涙やけで悩まれている飼い主さんが一番多い犬種です・

・パピヨン

・シーズー

・フレンチブルドック

・ペキニーズ

・チワワ

・ポメラニアン

これらの犬種は、目が大きい、目が飛び出している、目や鼻の周りに毛が多い、短頭犬種で目と鼻の距離が近く涙腺が詰まりやすい、などの特徴があり涙やけが多くみられます。

涙やけの原因は? 

涙やけは涙の量が通常より多くなることによっておこります。

涙の量が多くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

アレルギーによるもの

ドックフードやおやつ、ハウスダストや花粉などのアレルギーで涙の量が増えてしまい涙やけになることがあります。

食事によるもの

油分や添加物の多い食事を与えていると涙もドロドロになり、涙の流れが悪くなることで涙やけの原因になる場合もあります。

外的要因によるもの

逆さまつ毛による目の炎症、目にゴミなどの異物が入る、などによっても涙の量が増えます。

疾病や先天性形状によるもの

角膜炎や結膜炎などの目の病気やドライアイ、鼻炎、涙嚢炎症、腫瘍などでも涙の量が増えます。

目に炎症をおこしている場合は、涙の量が増えるだけではなく結膜も赤くなります。

短頭種などは鼻が短いため鼻涙管の詰まりによって涙の量が増えたりします。

犬の涙やけの予防について

一度涙やけになってしまうとなかなか元の綺麗な被毛にもどすのは困難です。

涙やけの原因である涙が増えてしまう原因を取り除くことが大切です。

アレルギーが原因の涙やけの予防法

食物アレルギーが原因で涙やけになることがあります。

ドックフードやおやつを自然成分のものや低アレルゲンフードに変えてやると症状が治まることがあります。

涙の成分にはたんぱく質が含まれているため、食事のたんぱく質の量を調節して体質改善することも涙やけには有効です。

涙やけ防止用のサプリメントなどもありますので試してみるのもいいでしょう。

生活環境が原因の涙やけの予防法

ハウスダストや花粉なども涙やけの原因になります。

室内の掃除はこまめに、室内には空気清浄機などを置いて常に清潔な空気を保つようにしましょう。

花粉の季節に涙が増えて涙やけがひどくなる場合は花粉症の可能性があります。

ストレスや肥満が原因の涙やけの予防法

ストレスや運動不足からくる肥満なども涙やけの原因になるといわれています。

日頃からストレスを貯めないように毎日の散歩と適度な運動を欠かさないようにしましょう。

目の病気や炎症が原因の涙やけの予防法

結膜炎や角膜炎などの目の病気は動物病院で治療を受けましょう。

症状が治まっても点眼薬を止めたりせず完治するまで続けることが大切です。

逆さまつげからの炎症による涙やけの予防は、定期的にまつげを抜く、あるいは逆さまつげ部分の外科的切除などがあります。

家で逆さまつげを抜くのは大変危険です。

必ず動物病院で抜いてもらいましょう。

犬の涙やけのホームケアについて

涙やけの原因となるのは、涙に含まれる酸化した脂質が目の周りに付着し毛色を黒く変色させることにあります。

出来てしまった涙やけを拭くだけでは改善しません。

そのためさまざまな涙やけ専用の洗浄剤や拭き取り液などが販売されていますが、できてしまった涙やけを完全に取り除くことのできる商品はまだありません。

現実として涙やけをつくらないためには、涙の脂質成分が酸化する前に拭き取ってしまうことが一番の予防法です。

目の周りのケア

涙やけで汚れた部分はトリミングでカットし、新しい毛を涙やけさせないようにすることもひとつの方法です。

新しい毛を涙やけから防ぐには、余分に出た涙をこまめに拭き取ることが一番です。

涙の拭き取りに使うのは水よりも殺菌力のあるホウ酸水の方が効果的です。

ホウ酸は目の洗浄液や、鼻スプレー、うがい薬、結膜炎の洗浄・消毒などにも使われています。

ホウ酸水は市販の涙やけ洗浄液などより経済的で家庭で簡単に作ることができます。

・自家製涙やけ洗浄液 ホウ酸水の作り方

用意するもの

ホウ酸 1箱(3g×12包)¥250位 薬局にあります

精製水 1本(500ml)¥100位 薬局にあります

透明なプラスチックボトル 1本 100均にあるものでOK

作り方

  • 精製水150mlを耐熱皿に入れ電子レンジで60度に温めます。
  • 煮沸消毒したボトルに温めた精製水を入れホウ酸3gを加えてよく混ぜ合わせます。
  • 出来上がり!とっても簡単でとっても経済的!!
  • 作ったホウ酸水は冷蔵庫保管し、2週間で使い切りましょう。

・ホウ酸水での涙の拭き取り方

  • コットンにホウ散水を含ませます。
  • 犬の顔が動かないように首を固定して目の周りをやさしく拭き取ります。
  • 乾いたコットンでもう一度拭き取ります。
  • じっとしてやらせてくれたら、思いっきり褒めておやつなどをあげましょう。
  • 涙を拭かせたら良いことがあると覚えさせると、ずっと嫌がらずに拭かせてくれるようになります。

◎開栓した精製水も2週間程度で純粋水でなくなるそうです。

精製水は人間のスキンケアにも使えるそうなので、試してみてはいかかでしょうか。

最後に・・・

涙やけは見た目の悪さだけではなく、さまざまな原因が後ろに隠れています。

涙やけが悪化すると細菌感染から目の炎症をおこしたり、目の周りに湿疹が出たりかぶれたりすることもあるので注意しましょう。

短頭種では涙腺や小涙管などが詰まり手術が必要になる場合もあります。

単なる涙やけだからと放置せず、酷い涙やけが続くようであれば獣医師の診察を受けるようにして下さい。