ノーリッチテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ノーリッチテリアの基本情報

ノーリッチテリアはイギリス・イングランドが原産の犬種です。

テリア種の中では最も体の小さな犬種で、ネズミ捕りを得意とする猟犬として人気を集めていました。

日本では、JKC(ジャパンケネルクラブ)で毎年30~50頭前後の登録しかありませんが、愛好家たちから根強い人気を獲得しています。

ノーリッチテリアの歴史

ノーリッチテリアの歴史

~ルーツ~

ノーリッチテリアの原産国イギリスでは、作物を荒らすネズミを仕留めるテリア種を大切にしていましたが、1880年代に現れたテリア種が後に「ノーリッチテリア」と呼ばれるようになります。

当時ケンブリッジ大学の学生寮で、ネズミ捕りを目的に短足のテリア種を飼うことが流行していました。

そのことから、ケンブリッジ大学の通りの名前「トランピントン・ストリート」が由来して、この犬たちは「トランピントン・テリア」と呼ばれていました。

このトランピントン・テリアの祖先犬は、ダンディ・ディモントンテリアやケアーン・テリアなどのキツネやネズミ、アナグマなどの捕獲を得意とする猟犬でした。

1900年頃になると、「ラグズ」という名前のトランピントン・テリアが、ノーフォーク州・ノーリッチ市の近くに持ち込まれました。

この地域は農業地帯であったため、ネズミを狩るラグズの仕事ぶりが評判となり、ラグズは多くの子孫を作り出すこととなりました。

そうして現在のノーリッチテリアの基盤を築くことになりました。

ノーリッチテリアの歴史

~ノーフォークテリアとの関係~

20世紀初めごろになると、ラグズの子孫がアメリカに渡ります。

この犬は、アメリカで大変社交的に振舞い「社交的で愛想のよい犬」というイメージが定着することになりました。

フォックスハウンドの群れと一緒にキツネ狩りに参加してアメリカでも猟犬として活躍していました。

そして、1932年になると、原産国イギリスで「ノーリッチテリア」として最初に登録され、1936年になるとアメリカでも正式に登録されることになりました。

しかし、立ち耳のはずのノーリッチテリアの中に、垂れ耳の系統が存在していることが分かります。

そのため、1979年に耳の垂れたタイプを「ノーフォーク・テリア」という犬種で登録することになり、2つの犬種に分かれました。

ノーリッチテリアの特徴

  • 体重5kg前後の小型犬
  • ずんぐりむっくり体型
  • 狩猟では断尾されることが一般的だった
  • 毛色は赤系が中心

ノーリッチテリアの特徴

~大きさや身体的特徴~

ノーリッチテリアは、体高24~26cm体重5~6kgの小型犬です。

野性味を残した素朴な印象を受けますが、体高より体長が少し長くがっしりとした体格を持っています。

小型犬ながらも狩りの際には、すばやく逃げる獲物を機敏に追いかけ、大きく鋭い歯でしとめることのできる力強く粘り強い犬種です。

短めの足と三角の立ち耳が特徴的です。

猟犬として活躍していた頃は断尾されることが一般的でしたが、現在では動物愛護の観点から断尾は行われないことが多く、本来の長くも短くもない尻尾を持っています。

ノーリッチテリアの特徴

~毛質や毛色~

ノーリッチテリアの被毛は、針金のように硬くて真っすぐな粗毛(中くらいの長さ)の上毛と、柔らかい下毛の二重構造からなるダブルコートの犬種です。

毛量が豊富に生えている印象を持ちますが、意外にもそれほど多くないので冬の寒さは苦手です。

毛色には、レッド、ウィートン、ブラック&タン、グリズルなどがあります。

子犬のころには暗めの色をしていますが徐々に明るくなるので、子犬期の毛色で判断しない方が良いでしょう。

ノーリッチテリアの性格・気質

  • とにかく活発で遊びが大好き
  • 人懐こくフレンドリー
  • テリアらしい警戒心・独立心の強さも持つ
  • 賢いが頑固な面がしつけに影響することも

ノーリッチテリアの性格・気質

~テリア種の中では飼いやすい犬~

ノーリッチテリアは、テリア種らしく明るく遊びが大好きな活発な犬種です。

元気に走り回ったり、穴掘りをしたり、おもちゃに夢中になったり落ち着きない印象を持つこともあるかもしれません。

飼い主に対しては愛情深く、家族以外の人にも社交的に接することができるフレンドリーな性格を持っています。

この点は、他のテリア種と異なる特徴を持ちます。

独占欲の強さから状況や相手を選ぶことはありますが、それでも他のテリア種のようなケンカっ早さや、すぐ興奮しやすくなるようなことも少ないです。

ノーリッチテリアの性格・気質

~適度な距離感を好む~

テリアらしい持ち前の警戒心の強さや独立心もしっかりと持ち合わせているので、番犬としても適しています。

警戒吠えをすることや、散歩中に狩猟本能の刺激されて小動物を追いかけたがるようなことがあるので、しっかりしつけておきましょう。

普段は、飼い主にすり寄ってくるようなことは少なく絶妙な距離感を保ちながら生活します。

ちょっと叱られただけでは折れないような粘り強さや頑固な面も持っているので、子犬のころから甘やかさず接していくことが必要です。

ノーリッチテリアの飼い方・しつけ

ノーリッチテリアの飼い方①

~基本は室内飼育。
たくさん遊べる環境を~

ノーリッチテリアは小型犬なので基本的には室内での飼育をおすすめします。

それでも室内に引きこもるような生活は向いていません。

暖かい季節の日中なら外で過ごすこともできるので、できる限りノーリッチテリアの持つ好奇心と冒険心を刺激してあげられるようなゲームなどをして、活発に過ごせるようにしてあげましょう。

飼い主家族とも適度な距離感を保って過ごすような犬種なので、パーソナルスペースを必要とします。

ノーリッチテリアが安心して過ごせる寝床を準備してあげましょう。

また、小動物を見ると狩猟本能が刺激されてしまうことがあるので、他の小動物や猫などを飼われている家庭には向いていません。

何らかの事情で一緒に飼う場合には注意するようにしましょう。

ノーリッチテリアの飼い方②

~散歩や運動量~

とにかく活発で体を動かすことが大好きです。

運動不足になることでストレスとなり問題行動が目立つようになったり、太りやすい体質も持っているため運動量はしっかり確保してあげなければなりません。

散歩は1日2回、1回20~30分程度を目安に連れて行ってあげましょう。

散歩に加えて室内で遊ばせてあげたり、こまめにドッグランで自由に走らせたり遊んであげると喜んでくれるでしょう。

穴掘りが大好きな犬種なので、遊びの中で掘られて困る庭やドッグランなどを掘り返さないよう注意しておきましょう。

ノーリッチテリアのしつけ①

~根気強く接していくことが大切~

ノーリッチテリアは、賢く物覚えがいいので比較的しつけはしやすいのですが、テリアらしい頑固な一面が邪魔をしてしまうでしょう。

叱られても諦めないような打たれ強さも持っているので、しつけがうまくいかずイライラするようなこともあるかもしれません。

子犬の頃からしっかりと信頼関係を築いて、飼い主が威厳あるリーダーとなって根気強くしつけていきましょう。

厳しくしつけると反発してしまうこともあるので、ノーリッチテリアの好きな遊びの中でしつけて、成功例を増やして褒めながら伸ばしていくと良いでしょう。

頑固な性格を助長してしまわないよう子犬の頃から甘やかし過ぎないことも大切です。

ノーリッチテリアのしつけ②

~無駄吠えに注意~

ノーリッチテリアは警戒心が強く、不審な人や聞きなれない音に対してよく吠えます。

鳴き声も大きいので、マンションなどの集合住宅で飼う場合には特に注意しなければなりません。

無駄吠えを防ぐには、根本的な強い警戒心を和らげるため、子犬のころから社会性を養っていきましょう。

積極的に外に連れ出して、知らない人や動物と出会い、車や工事の音などの生活音に慣れさせて様々な経験をさせてあげましょう。

ノーリッチテリアのお手入れ

ノーリッチテリアのお手入れ①

~抜け毛の量は?ブラッシングやシャンプーの頻度~

ノーリッチテリアはダブルコートの犬種のため抜け毛は多く、季節の変わり目である換毛期には特に多く抜け毛があります。

それでも体が小さいため、お手入れ自体に苦労することはないでしょう。

少なくても普段のブラッシングは週3~4回程度を目安にして、換毛期にはできるだけ毎日してあげると良いでしょう。

マッサージを兼ねて普段から毎日ブラッシングしてあげることをおすすめします。

ブラッシングでは、ノーリッチの硬い被毛に負けないしっかりとしたピンブラシやスリッカーブラシなどを使ってブラッシングしてあげましょう。

体が汚れている時には固く絞った蒸しタオルで拭いてあげて、月1回を目安にシャンプーしてあげると良いでしょう。

ノーリッチテリアのお手入れ②

~気を付けたいお手入れ~

ノーリッチテリアの硬いワイヤー状の被毛を維持するためには「プラッキング」と呼ばれるトリミングナイフや指で毛を抜くトリミングが必要です。

このプラッキングができるトリミングサロンは多くないため、事前にプラッキングに対応できるトリミングサロンを探しておいた方が良いでしょう。

3~4カ月に1回を目安にトリミングに連れて行ってあげましょう。

ノーリッチテリアは、歯石が溜まりすい歯の生え方をしています。

歯石が溜まることによって歯周病の原因となってしまうので、子犬のころから歯磨きを入念に行ってあげてください。

歯磨きはできるだけ毎日、少なくても2日に1回はしてあげるようにしましょう。

ノーリッチテリアの注意する病気

ノーリッチテリアの平均寿命は、13~15歳と言われています。

遺伝性疾患が少なく比較的頑健な犬種ではありますが、肥満になりやすい犬種でもあり、関節・目・心臓の病気になりやすい傾向があります。

病気を予防するためにも肥満には気を付けましょう。

他にも皮膚の病気にかかりやすいためこまめにお手入れと皮膚の異常がないか確認しておきましょう。

ノーリッチテリアの注意する病気①

~膝蓋骨脱臼~

小型犬に多い病気で、膝のお皿が外れること、脱臼の病気です。

足への負担が重なることで起こりやすくなります。

症状が軽い場合には、必要に応じて痛み止めを投薬しながら自然に治るのを待ちますが、症状が重い場合には手術が必要となります。

家の中でも走ったり活発に過ごすことの多いノーリッチテリアなので、フローリングへの滑り止めや段差の軽減し高いジャンプをさせないよう注意するなどして足に負担が重ならないよう予防していきましょう。

ノーリッチテリアの注意する病気②

~肥大性心筋症~

何らかの原因で心筋が厚くなり心臓の内腔が狭くなる病気のことで、血液の循環不全を起こします。

初期症状では失神が見られることがありますが、ほとんどは目立った症状がなく、進行するにつれて腹水や咳、呼吸困難などが見られるようになります。

不整脈を起こした場合には、突然死することもある怖い病気です。

治療法は、内科療法で対処していく対処療法のみとなり心筋症そのものを治療することはできません。

早期発見早期治療が大切です。

異変にすぐ気づくことができるよう日頃から観察しておきましょう。

ノーリッチテリアの注意する病気③

~白内障~

目の水晶体の一部や全体が白く混濁する病気です。

老化によって起こりやすく、視力への影響や最悪の場合失明の恐れもあります。

治療法は、投薬治療で進行を抑える方法と、手術によって人口の眼内レンズを目に入れる場合があります。

予防することができない病気ではありますが、早期に治療することで進行を抑えられることができる病気です。

 

ノーリッチテリアの子犬の販売価格は?購入はブリーダーから

ノーリッチテリアの子犬の販売価格は、だいたい20~40万円です。

希少犬種のためペットショップで見かけることはほとんどなく、ブリーダーからの購入が一般的となります。

以前、海外から輸入されたノーリッチテリアが10万円台で販売されていたことがあり、後に純血統でないことが分かり問題になったことがありました。

相場価格よりも安すぎる場合には、しっかりと調べてから購入するようにしましょう。

ノーリッチテリアについて さいごに

ノーリッチテリアは、テリアらしい勇敢で活発な性格を引き継いでいるものの比較的扱いやすいテリア種です。

初心者におすすめとまでは言えませんが、ノーリッチテリアの性格や特徴を理解して接することができれば、初心者でも飼えるテリア種でしょう。

とにかく活発な犬種なので、持ち前の明るさで笑顔をたくさん与えてくれる家族の一員となってくれるでしょう。