犬のぺロメロ攻撃!なめる場所で犬の気持ちは違うんです!

Contents


犬が舐める理由

犬の「舐める」という行動は、犬が感情や気持ちを表現するための手段で「カーミングシグナル」の1つです。

そして、一見同じようにも思える「舐める」という行為は、舐める場所やシュチュエーションによって異なる意味を持ちます。
その意味を理解して接してあげることができれば、愛犬との距離をより一層縮めることができるでしょう。

犬が飼い主さんの手足を舐めてくる時の理由と対処法

手足を舐めてくる理由 その①
~「遊んで!!」「おやつちょうだい」構ってほしい時~

犬にとって飼い主の手は最も愛着のある部分です。
気持ち良いことをしてくれる、美味しいものくれる、遊んでくれるような犬にとって嬉しいことをしてくれる大好きな部分なのです。

そんな手を舐めてくる場合のほとんどは、「遊んでほしい」「お腹が空いた」といった「構ってほしい」という意味が込められています。
また、足を舐めてくるときには、「散歩に連れて行ってほしい」などの心理も考えられます。

手足を舐めてくる理由 その②
~「ごめんなさい・・・」反省している時~

愛犬を叱った後などに、手足を舐めてくるような時には「ごめんなさい」と許しを請っているサインです。

イタズラをして叱られた時などの反省しているサインでもあるので、優しく許してあげましょう。

舐めることで同時に安心感を得ようとしていることも考えられます。

手足を舐めてくる理由 その③
~「おかえりなさい!!」のあいさつ~

外出から飼い主さんが家に帰ってきた時などに、あいさつ代わりに手をペロッと舐めてくることがあります。
長く寂しい留守番を経て、飼い主さんが帰った時の犬にとっての喜びの表現方法でもあります。

また、飼い主家族の友人など来訪者に対してもあいさつとして舐めることもあります。

あいさつと同時に相手がどんな人なのか様子を伺っているのです。

犬には口を舐めてするあいさつ方法もありますが、手足を舐めるあいさつの方が比較的軽いものとなるようです。

手足を舐めてくる理由 その④
~「やめてほしい」困惑している時~

例えば、犬によって苦手なトリミングをされている時や知らない人に抱かれている時などに犬がペロッと舐めてくることがあります。
これは困惑している時に「やめてほしい」と嫌がっているサインです。

唸ったり噛んできたりするわけではないので、「構ってほしい」「ごめんなさい」などのサインと間違えやすいですが、臆病な性格の犬が見せやすいサインのようです。

不安を感じていて、落ち着きを取り戻そうとしているとも考えられます。

手足を舐めてくる理由 その⑤
~「もうしないでね!!」怒った後~

最も飼い主さんがサインを勘違いしがちな行為です。

愛犬に噛まれた後に噛まれた部分を舐められたという経験をしたことのある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

反省して舐めてきているのだと思いがちですが、実は「反省してます」という意味とは異なります。
この時の舐める行為は「次やったら許さないぞ」「もう絶対にしないでね」という念押しなのです。

この行為がある場合、犬との上下関係が逆になっていることが多いので注意しなければなりません。

犬が飼い主の手足を舐めてくる時の対処法

犬が手足を舐めてくる理由のほとんどは犬にとってのコミュニケーション方法なので、無理に辞めさせる必要はありませんが、あまりにもしつこく舐めてくる場合や飼い主以外の人にしつこく舐め続けるようなことは避けたいものです。

そんな時には、注意を他のことにそらしてあげるようにしましょう。
頭を撫でてあげたり、おもちゃを与えるなどしてあげると良いでしょう。

愛犬からするとコミュニケーションを取っているだけのことなので、どんなにしつこいからと言っても、決して叱ったり厳しく当たることはしないようにしましょう。

犬が飼い主さんの顔を舐めてくる時の理由と対処法

顔を舐めてくる理由 その①
~「大好きだよ」「安心しています」親愛のサイン~

犬が親犬の顔や口周りを舐めるシーンを見たことはありますよね。
この行為は、本来犬が親犬に対して甘えるときの手段の一つです。

犬が人の顔や口を舐める理由も同じで、自分より上の立場だと認識しており、甘えや信頼していることを表現している親愛のサインです。

顔を舐めてくる理由 その②
~「お腹がすいたよ」食べ物をねだるサイン~

犬の社会では、子犬が母犬に食べ物をねだるときにも口元を舐めて「お腹がすいたよ」とおねだりをします。

それと同様で、犬にとって母親のような存在である飼い主に対して、食べ物をねだるときに顔を口元を舐めてくるのです。

顔を舐めてくる理由 その③
~「退屈だな~遊んでほしいな」構ってほしい~

犬も退屈を感じると、何か楽しいことがしたくなります。
そんな時、飼い主の顔を舐めることで「遊んでほしい」「構ってほしい」とアピールしてくることがあります。

気分転換にロープやボール遊びをしてあげる、散歩に連れて行ってあげるなどして退屈にならないようにしてあげましょう。

また、長い留守番の後に、飼い主が戻ってきた喜びの表現と共に構ってほしいと舐めてくることもあるでしょう。

顔を舐めてくる理由 その④
~「楽しい!!」飼い主の反応を楽しんでいる~

飼い主の顔を舐めた時の反応を「喜んでいる」と感じ、その反応がまた見たくて舐めてくることがあります。

人間の赤ちゃんの顔を犬がよく舐めるのもこの理由が多いようです。
単に食べ物の匂いに釣られている可能性もありますが、犬に舐められてくすぐったくて「キャッキャッ」とはしゃいでいる赤ちゃんの反応を見て楽しんでいるのです。

顔を舐めてくる理由 その⑤
~「モヤモヤ」不安を感じている時~

飼い主の顔を執拗にペロペロと舐めてくるときには、不安を感じている可能性があります。

引っ越しや新しい家族が増えた時などの環境の変化に不安を感じ、「モヤモヤ」した気持ちを信頼する飼い主の顔を舐めることで何とか払拭しようとしているのです。

犬が飼い主の顔を舐めてくる時の対処法

愛犬が顔を舐めてくることの理由のほとんどが、飼い主のことを信頼しているからこそ見せる仕草です。

厳しく叱りつけるようなことはしないでください。

舐められるのを辞めさせたい時には、顔をそっと逸らして頭を撫でてあげる、「おすわり」などの指示を出したりして落ち付かせてあげると良いでしょう。

舐められた時に「やめて~」など騒いでしまうと、飼い主が喜んでいると勘違いして癖になってしまうので、冷静に対処しましょう。

犬が地面や床、クッションなど家具を舐める時の理由と対処法

床や家具を舐める理由 その①
~「モヤモヤ」ストレス発散~

犬がストレスを感じている時、床や家具を舐め続けるというようなことがあります。

コミュニケーションや運動が不足していることによるストレスや、環境の変化による緊張から舐め続けることがあります。

ストレスや緊張を少しでも減らそうと舐め続けてしまうのです。

床や家具を舐める理由 その②
~「いい匂いがするよ」食べ物の匂いがする~

床や家具に落とした食べ物や飲み物などの良い匂いがついているから舐めるということがあります。

ただ匂いを嗅ぐだけでなく、舐めることによって香りを味わっているのです。

床や家具を舐める理由 その③
~「止められない」癖になっている~

ストレス要因や食べ物の匂いがついているなどの理由からではない場合には、単に舐める行為が癖付いてしまっていることが考えられます。

舐めることが暇つぶしの一貫となっているのです。

床や家具を舐める理由 その④
~「体調が悪いよ~」病気のサイン~

犬が床を執拗に舐める場合、なにか病気が隠れている可能性があります。
考えられる病気には、「胃腸」「ホルモン」「神経」などの病気が考えられます。

胃腸の不快感などの症状を伴う病気などから、床などを舐めることが考えられています。
また、高齢犬の場合、認知障害による症状の一つとして舐めることもあるようです。

犬が床や家具を舐める時の対処法

床や家具には、ホコリや汚れ、ワックスなどいろいろなものが付いています。
舐めることによって嘔吐などの体調不良を起こす可能性もあるため止めさせるようにしましょう。

辞めさせるためにまず大切なのは、コミュニケーションや運動不足によるストレスを溜めさせないように生活の見直しすること、食べ物の匂いを取り除くためにこまめに掃除することです。

床や家具などを舐める理由には、病気が隠れている可能性もありますので、その他の症状が現れていないかの確認も必要です。
症状が見られるようであれば早急に動物病院で診てもらうようにしましょう。

舐めることが癖付いている場合などには、おもちゃなどを使って気をそらしてあげる方法が有効的です。

それも効果がない時には叱ってあげることも時に必要となるでしょう。

叱るときには低い声で「ダメ」と一言だけ言い放ち、舐めるのを一時的に辞めたらしばらく無視してください。

この時「だめでしょ!どうして舐めるの?」などと話し続けてしまうと、叱られているいることが理解できず構ってもらえると勘違いさせてしまいます。必ず短い言葉で言い放つようにしましょう。
その後も舐めずにいられたら褒めてあげてくださいね。

その他の方法には、あらかじめ床や家具などに犬の苦手な「ビターアップル」や「レモン水」「酢水」などを吹きかけておく方法などもあります。

舐めてくるのをやめさせる方法

サモエド,白い犬.子犬.もこもこ.キス.

犬が人を舐める危険性

犬が人を舐めることで「人畜共通感染症(ズーノーシス)」へのリスクがあることをご存知でしょうか。

飼い主としては認めたくないことではありますが、例えば、犬は75%もの確率でパスツレラという菌を保持しており、口を舐められることによって感染します。

健康な人間であれば発症することはありませんが、免疫力の落ちている人や子供やお年寄りは感染のリスクが上がり気管支炎などを発症してしまう原因となってしまうでしょう。

その他にも、「レプトスピラ感染症」や「皮膚糸状菌」などの病気があります。

こういった感染症のリスクを避けるためには、舐める行為を止めさせなければなりません。

簡単に洗ったり消毒することのできる手などであれば無理に舐めるのを無理に止めさせることもありませんが、こまめに手洗いをするなどの注意はしておきたいものです。

また、ハンドクリームや日焼け止めなどの化粧品類を付けている場合、それを舐めることで犬にとって有毒となってしまう場合があります。

1度や2度舐めたからと言って症状が現れることはありませんが、日常的に繰り返すことで健康に影響を及ぼす結果になってしまうでしょう。

そういった観点からも舐める癖がつかないよう注意しておかなければなりません。

舐めるのを辞めさせる方法

飼い主の手足や顔を舐めるのを止めさせる方法・ポイントは、

  • 撫でたりおもちゃを与えて、気をそらすこと
  • 「おすわり」「マテ」などの指示を出してみる
  • 「キャー」や「やめて~」などのリアクションを取らないこと
  • 時には叱ることも必要。しかし、厳しく叱ったり罰したりはしないこと
  • ビターアップルなどを活用する

などがあります。
これらの方法を駆使して、舐める行為をやめさせていきましょう。

ビーグル

舐めるのをやめてくれない場合

どんなに注意していても犬の舐める癖が治らない、あまりにもひどい時という場合は「常同行動」とも言い、「強迫性異常症」や「分離不安」など精神的な疾患を患っていることが考えられます。

こういった場合には、まず原因となるストレスや依存性を取り除いてあげることが大切です。
獣医師と相談しながら対処していく必要もあるでしょう。

◆強迫性障害

強迫性障害とは「強迫神経症」とも言い、不安やストレスなどから取りつかれたかのように同じ行動を繰り返す「常同行動」におよんでしまう症状があらわれる病気のことです。
さらにひどくなることで自分の意志では止められなくなる「強制行動」へと繋がります。

その症状の一つに舐め続けるというものがあります。
尻尾や前足などを噛んだり舐めたりする自傷行為が見られることもあり、脱毛や炎症を起こすこともあるほどです。

◆分離不安

分離不安とは、飼い主などへの依存心が異常に高く、1匹だけになってしまった時に強い不安や恐怖などから精神的パニックを起こしてしまう病気のことです。

子犬期の社会化不足や必要以上に構いすぎてしまう過保護などから依存心が強くなってしまいます。

後追い行動や1匹でいると泣き続けるなどの行動が見られ、舐め続けるといった行動も見られるようです。

この記事のまとめ

犬の舐める行為について
  • 「舐める」行動は、犬が感情や気持ちを表現するための手段
  • 飼い主の手足を舐める心理
    「構ってほしい」「反省している」「あいさつ」「困惑している」「怒った後の念押し」
  • 飼い主の顔を舐める心理
    「親愛のサイン」「食べ物をねだるサイン」「構ってほしい」「飼い主の反応を楽しんでいる」「不安を感じている時」
  • 床や家具などを舐める心理
    「ストレス発散」「食べ物の匂いがする」「癖になっている」
    「胃腸・ホルモン・神経などの病気を患っている可能性も!!」
  • 犬が人を舐めることで起こりうる危険性には
    「人畜共通感染症(ズーノーシス)」
    「化粧品を舐めることで愛犬の健康を損なう」がある
  • 舐めるのを辞めさせる方法は「おもちゃや基本コマンドで気をそらす」「ビターアップルなどを活用する」
  • 接し方で注意したいことは、「リアクションを取らない」「時には叱ることも必要だが厳しく叱ったり罰したりはしないこと」
  • それでもやめない時には「強迫性障害」「分離不安」などの精神疾患を患っているのかも!?動物病院で相談を!!

さいごに

舐める場所によって犬の心理が異なることをご紹介してきましたが、基本的には舐める行為を行う相手は、犬にとって信頼している相手だからこそとも言えるのではないでしょうか。

飼い主にとって愛犬に舐められる行為は、嬉しくもちょっと困った行動かもしれません。

感染症への危険性や病気が隠れている可能性もあるので、好きなだけ舐めさせるのではなく対処していった方が良いと言えるでしょう。