犬の餌の与え方の注意点。量や回数をまもって健康維持


犬の餌の与え方

犬の餌の量

~適切な量の計算方法~

人間の子どもと大人で食べる量が違うように、犬もライフステージに合わせた適切な量があります。

ドッグフードのパッケージには1日の目安量が記載されていますが、あくまでも目安の量になり犬の健康状態や肥満などによっては、量の調整をしてあげなければなりません。

それでは、それぞれの犬のライフステージに合わせた適切な量の計算方法を紹介します。

◆計算方法

1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

※係数

幼犬(0~4カ月):3.0

幼犬(4-12カ月):2.0

妊娠・授乳中のメス:2.0

避妊・去勢手術を受けていない:1.8

避妊・去勢手術済み:1.6

肥満気味:1.0

さらに、これをドッグフードのカロリーに置き換えて、1回当たりの量を計算していきます。

◆計算例

体重5kgの幼犬(4-12カ月)

100g当たり390kcalのドッグフードを1日2回与えている場合

  • 1日に与えるカロリー:  (5kg×30+70)×2.0=440kcal 
  • 1日に与える量   : 440kcal÷390kcal=1.13→113g
  • 1回当たりの量   : 113g÷2回=1回当たり56g となります。

必ずしも1回当たりの量が同じでないといけないわけではありません。

愛犬の体調によっては、朝は多め、夜は少なめにするなどの微調整をしてあげると良いでしょう。

犬の餌の回数

~適切な回数~

それでは、犬に与える餌の回数はどのように決めればよいのでしょうか。

一般的には、生後6カ月頃までは1日3回、生後6カ月頃から1日2回と言われており、年齢や成長などのライフステージに合わせて回数を変えていく必要があります。

例えば、子犬期には消化器官も未熟なため、1度にたくさんの量を与えてしまうと消化できず下痢などの原因となります。
そのため、上手に消化できるよう数回に分けて与える必要があるのです。

そして、シニア期になると消化器官が衰えてくることや、食欲低下が見られるようになります。

1日に必要なカロリー量を摂取してもらうためには、回数を増やして与えていくことが必要になります。

一般的な回数目安は、以下の通りです。

  • 離乳期:4~5回
  • 生後2カ月頃~:3~4回
  • 生後4カ月頃~:3回
  • 生後6カ月頃~:2回
  • 1歳~:2回
  • シニア:3~4回

これは、あくまでも目安の回数です。

成長は個体によって異なり、シニア犬の老化にも個体差があるものです。

便の状態やその時の愛犬の体調に合わせて回数を増やしたり調整してあげると良いでしょう。

犬の餌を与えるときに注意すること

◆新しいフードに切り替える時

フードを切り替える時には、新しいフードにアレルギー反応を示すことや体質的にフードが合わない可能性を考慮して、いつものフードに少量ずつ加えて便の状態や愛犬の様子を注意深く観察しましょう。

例えば1日目は1割、2日目は2割など、日ごとに新しいフードの割合を増やして徐々に切り替えていくようにしましょう。

◆与え過ぎに注意

ご飯の時間やおやつの時間を覚えてくると、おねだりをしてくる子もいるでしょう。

それでも、可愛いからと言って与え過ぎないよう注意しましょう。

また、ドッグフードに記載されている量は1日のトータル量が記載されています。

これを1回分だと思っている飼い主さんが少なくないようです。

与え過ぎることによって、肥満や病気の原因に繋がってしまいます。

◆ライフステージに合わせたフード選びを

ドッグフードには、パピー犬用・成犬用・シニア犬用とライフステージによって分けられているものがあります。

できる限り、愛犬のライフステージに合わせたものを選んであげるようにしましょう。

子犬期には、短期間で体が大きく成長する大切な時期のため、成犬と比べても2倍近くの栄養を摂る必要があります。
量よりも質から栄養を摂ることが大切です。

また、シニア犬になると食欲低下などが見られるようになるため、食べやすく嗜好性の高いものを与えるようにすると良いでしょう。

犬が餌を食べない理由と対処法

「愛犬が餌を食べない、」、どこか体調が悪いのか、病気なのかと心配になりますが、ほとんどの飼い主さんが経験したことがあることではないでしょうか。

犬が餌を食べない時の理由とそれぞれの対処法を見ていきましょう。

犬が餌を食べない理由①

~気分によるもの~

犬が餌を食べない理由に最も多いと言われているのが「犬の気分」によるものです。

具体的には、フードに飽きている、いつでも食べられると思っている、食べないと構ってもらえる、好き嫌いなどがあります。

◆対処法

  • トッピングなどによって香り・舌ざわり・食感・見た目の工夫をして食欲を誘う
  • 時間内に自分で食べなければ片付ける
  • フード自体を変えてみる

犬が餌を食べない理由②

~体調が悪い、病気など~

何日も食べないというような時には体調を崩している可能性があります。

犬の食欲低下は多くの病気にある症状のひとつです。

◆対処法

便の状態や愛犬の様子をよく観察して、動物病院で診察してもらいましょう。

犬が餌を食べない理由③

~そもそもお腹がすいていない~

犬もお腹がすいていなければ食べないことがあります。

運動不足によるものや、おやつの時間との間隔が狭すぎる、前の食事量が多すぎることなどがあります。

◆対処法

  • 適度な運動をさせる
  • 食事の時間を見直しする
  • おやつを与えすぎないようにする
  • 食事量の分配を考慮する

犬が餌を食べない理由④

~老化による食欲低下~

シニア犬になると寝て過ごすことが多くなるため、必要なエネルギー量が減ることに伴い、食欲も低下します。

◆対処法

  • ドライフードの場合、ふやかして食べやすくしてあげる
  • 1回当たりの量を減らして回数を増やす
  • トッピングなどによって香り・舌ざわり・食感・見た目の工夫をして食欲を誘う
  • フード自体を変えてみる
  • フードボールを高い場所にして食べやすいようにしてあげる

犬が餌を食べすぎる理由と対処法

適量の餌をきちんと与えているにも関わらず、食べたりないとでも言わんばかりに催促してくるようなことがあります。

犬には本能的に食い溜める習性があるため、基本的には与えたら与えた分だけ食べてしまうのです。

生まれながらの性質上から食欲の強い犬種なども存在します。

しかし、食べすぎることによって「肥満」のリスクが高くなってしまうでしょう。

「肥満は万病の元」とも言われる通り、様々な病気を引き起こす原因に繋がりますので、食べすぎには十分注意しなければなりません。

また、食べすぎによって消化が間に合わず、嘔吐や下痢になることもあります。

犬が餌を食べすぎる理由①

~おねだりすると食べられると思っている~

愛らしい愛犬のおねだりに、ついつい食べ物を与えてしまってはいませんか?

欲しがる度に与えていると肥満の原因だけでなく、飼い主との主従関係にまで影響を及ぼしてしまいます。

◆対処法

基本的にはおねだりに屈することなく、1日に必要なカロリー分だけを与えるようにすることです。

それでも急激に与える量を減らすことはストレスになってしまうので、おやつの量を調整したり、おやつをドッグフードの数粒に置き換えるなどして工夫してみましょう。

これは、肥満予防やダイエット中の犬にも有効的と言えるでしょう。

犬が餌を食べすぎる理由②

~病気が隠れている、治療薬の副作用など~

犬が食べすぎる理由には、重大な病気が隠れていることや、治療中の薬の副作用によって食欲が増加してしまうことも挙げられます。

食欲が増加する症状のある病気には、「糖尿病」や「クッシング症候群」、「痴呆」などがあります。

◆対処法

かかりつけの獣医師に相談し、フードの種類や食事の回数・量などの見直しを行ってあげましょう。