犬の食糞の原因とその意味。予防法・解決法について


“犬の食糞の原因とその意味。
予防法・解決法について

愛犬の食糞に悩まされた経験のある飼い主さんは多いのではないでしょうか。

ペットショップでも子犬が食糞していることがよく見受けられます。

飼い主としては絶叫したくなる「愛犬の食糞」。

本来は嬉しいはずの愛犬のペロペロ攻撃も、食糞をした口で舐められると思うと逃げたくなってしまいます。

なぜ犬は「食糞」をしてしまうのでしょうか。

食糞の意味と原因、予防から止めさせる方法を紹介します。

犬の食糞の意味

~犬の食糞は野生の名残から~

犬の「食糞」とは文字通り、自分や他の犬や動物の糞を食べることです。

犬に限らず動物界での食糞は珍しいことではなく、よく見られる行動です。

犬の祖先であるオオカミは、牛などの糞を摂取して不足している栄養分を補うこともありました。

また母親が子どもの糞を食べることで、巣を清潔に保ち、匂いに誘われて敵が近づいてこないよう片付けるという本能も持っています。

犬の食糞においても、オオカミと同じような意味や目的を持ち、本能に根差したごく自然な行動でもあります。

◆子犬の食糞

子犬が食糞することはよく見かけられることです。

成長期でもある子犬は、好奇心が旺盛なため、ちょっとした興味から足元に落ちている匂いのする物体を口の中に入れてみようと食糞してしまうのです。

◆母犬の食糞

母犬の食糞もオオカミ同様の意味を持ちます。

子どもの糞の匂いに釣られて敵が近付いてこないよう子どもの糞を食べてしまいます。

犬が食糞をする原因

子犬や母犬の食糞であれば放置しておけば自然に治りますが、中には食糞行動の原因を取り除いていく必要のある食糞行動があります。

◆フードに飽きた/フードの種類が変わった

犬も毎日同じ食事だと飽きてしまい、新たな刺激を求めて食糞してしまうことがあります。

また、フードの種類が変わったことで消化不良となってしまうことで、食糞行動に繋がってしまうことがあります。

◆食事量が足りない/多すぎる

食事量が少なすぎることで空腹を紛らわせるために食糞する、逆に多すぎるために消化不良となって糞に残った栄養を補給するつもりで食糞することがあります。

◆栄養素が足りていない

足りていない栄養素を摂取するため食糞行動に出ることもあります。

ミネラルが不足することによって食糞するとも言われています。

犬が食糞をする原因②

~ストレスから~

◆欲求不満や暇つぶしから

運動やコミュニケーション不足によるストレスや、留守番の寂しさを紛らわす暇つぶしから食糞することがあります。

◆飼い主から糞を隠したい・叱られたくない

トイレを失敗してしまった時に飼い主に怒られたことを覚えているのかもしれません。

また怒られないよう証拠を隠すために食糞してしまうようです。

◆子犬・母犬期の習性が残ってしまう

本来なら自然となくなるはずの子犬期や母犬期の食糞が癖になっている可能性があります。

また、子犬がペットショップなどでの飼育環境が原因で食糞するようになり、そのまま癖になっていることもあります。

◆母犬や飼い主の真似をしている

母犬が食糞していたのを覚えていて真似をしていることがあります。

同様に飼い主が糞を片付けているのを見て「片付けるもの」だと認識し、真似をして食べることで処理しているつもりでいる可能性があります。

◆飼い主の気を引きたい

以前食糞した時の飼い主のリアクションを「自分に注意が向いた・喜んでいる」と勘違いしてしまったことから、飼い主の気を引きたくて食糞してしまうことがあります。

◆寄生虫

お腹に寄生虫が寄生してしまうことで寄生虫に栄養を奪われ、不足している栄養を補うために食糞することがあります。

◆多食症

糖尿病やクッシング症候群などの症状にある多食症によって、食糞行動に繋がってしまうことがあります。

◆認知症

認知症になることによって、目の前にある物体が何なのか自分が何をしているのか分からなかったり、ご飯だと勘違いして食糞に繋がってしまう可能性があります。

◆消化器系の疾患

消化器系の疾患や未発達などが原因で、栄養を補うことを目的に食糞してしまうことがあります。

◆薬の副作用

何らかの疾患で服薬している薬の副作用によって、一時的に異常行動を示すことがあります。

その異常行動の一つに食糞があります。

犬に食糞をさせないための予防法

食糞の予防法①

~適正な食事の量と回数を与えましょう~

フードに飽きてしまわないようトッピングを加えてみたり、種類をローテンションするなど工夫してみましょう。

また、フードの種類が変わったことで食糞するようになれば、元のフードに戻します。

消化不良を起こさないためにも、適正な食事の量と回数を守って与えるようにしましょう。

適量であるのにも関わらずお腹を空かせて食糞するようであれば、回数を増やすなどして工夫してあげてください。

食糞の予防法②

~大げさなリアクションはしない~

犬が糞を食べそう、もしくは食べている時でも、「やめて~!!」などリアクションはしないようにしましょう。

そのリアクションによって、飼い主が喜んでいると勘違いしてしまう可能性があります。

また、トイレを失敗しても叱らないようにしましょう。

そのことがトラウマとなり、失敗したときに隠そうと食糞してしまうことがあります。

食糞の予防法③

~速やかに片付ける~

犬が排便した時には、速やかに後片付けをする習慣を付けましょう。

この時に片付けている姿を極力犬に見せないようにして、食べてしまう時間もなく片付けるようにすることで予防していきましょう。

食糞の予防法④

~病気の予防~

病気による食糞をやめさせることは非常に困難です。

病気にならないよう予防して、普段からよく観察して病気の早期発見早期治療に努めましょう。

食糞の予防法⑤

~ストレスを溜めさせない~

普段からストレスを溜め込まないよう、十分な運動とコミュニケーションの時間を作ってあげましょう。

ストレスは食糞だけでなく、あらゆる問題行動を起こす引き金となります。

犬に食糞を止めさせる方法

食糞をしないよう予防するだけで食糞が治ることもありますが、すでに癖になってしまっているような場合は根気強く接していかなければなりません。

以下の方法を組み合わせて取り組んでみましょう。

食糞の止めさせる方法①

~注意を他のことに向ける~

犬が排便して食糞してしまいそうになる前に、注意を他のことに向けてみましょう。

おやつやおもちゃ犬の好みに合わせて、糞のある場所より遠くに投げてみると良いでしょう。

それを取りに行っている間に、糞を速やかに片付けてしまいましょう。

食糞の止めさせる方法①

~サプライズによるしつけ~

犬が食糞しそうになったら、大きな音を立てて犬がびっくりすることで行動を制止させる方法です。

小銭の入った貯金箱や鍵の束などを床などに投げます。

この時、飼い主が投げていることは犬に知られないようしましょう。

食べるのを止めたら注意を他のことに向けて褒めてあげましょう。

食糞の止めさせる方法①

~食糞防止シロップ~

しつけグッズの中に食糞防止シロップというものがあります。

食事に混ぜておくことで、糞の味を変えたり消化吸収を高めてくれ食糞を防止するというものです。

食糞の止めさせる方法①

~パイナップルで食糞防止~

パイナップルは、食糞防止シロップのような役割を果たし、パイナップルを食べることで味の悪い糞になるそうです。

少量のパイナップルの果実であれば犬は食べても大丈夫ですが、量や与え過ぎには注意して試してみましょう。