犬が無駄吠えをする原因と対策。しつけ直し方やおすすめ防止グッズ

Contents


犬の無駄吠えとは

犬,吠える

無駄吠えとは?

犬が無駄吠えをしないようにしつけをする前に、犬にとって「吠える」ということが何なのかを理解しておかなければなりません。

犬にとって「吠える」ということは、人のように話すことができない犬のコミュニケーション手段の1つです。

つまり、食べることや寝ることと同じように当たり前の行動であって、犬にとっては決して「無駄」なことではないのです。

それでも犬の吠えるという行為を放置すると、人へ威圧感を与えたり他人へ迷惑をかけることになってしまうため、人の都合によって「無駄」であると考えられているのです。

ただし、犬が吠えるシチュエーションの中には警戒心などから吠えることがありますが、場合によっては警戒する必要が全くなくて、結果「無駄」に吠えていることもあります。

犬自身にとってもストレスとなっているため、吠えなくても良いようにしつけていくことが必要となります。

つまり、人と犬のお互いが快適に共存していくためには、無駄吠えしないようにしつけていく必要があるのです。

吠えやすい犬種はあるの?

一般的に、犬種によって吠えやすい犬種とそうでない犬種があると言われています。

まず、「コリー」「ボーダーコリー」や「コーギー」など、牧畜犬として活躍していた犬種。
猟犬として活躍していた「テリア種」や「ダックスフンド」「ビーグル」など。
さらに小型犬である「チワワ」や「ポメラニアン」などは無駄吠えが多いと言われている犬種です。

ただし、無駄吠えする子になるかどうかは、環境やしつけ次第という部分があるので、吠えやすい犬種でも中には問題視するほど吠えないという子だっています。
該当の犬種を飼育する場合に、吠えやすい傾向がある犬種だと知っておくとしつけに役立つでしょう。

吠えやすい犬種とは逆に、無駄吠えが少ないと言われる犬種もあります。
一般的に無駄吠えが少ない犬種として言われているのは、「シーズー」や「フレンチブルドッグ」「ボストンテリア」などです。
ちなみに、有名な犬種ではありませんが「吠えない犬」とも言われている「バセンジー」という犬種もあります。

犬が無駄吠えをする原因

犬が無駄吠えをする原因①
~欲求不満や要求によるもの~

「遊んで!!」「おやつちょうだい!!」「ここから出して」など、何かを要求するために吠えていることがあります。

欲求を満たしてあげることで鳴き止みますが、わがままを助長してしまうことにもなるでしょう。

犬の「要求吠え」には基本的に一切応えず無視をすることが大切です。

犬が無駄吠えをする原因②
~縄張り意識や威嚇によるもの~

「侵入者だ!!」「それ以上近寄らないで!!」など警戒心の強い犬ほど吠えることがあります。
この場合、チャイム音や来客時などに吠えることがほとんどです。

番犬としては優秀な素質と言えるかもしれませんが、そうでない場合には、できるだけ社交的な性格に育てていくことで和らげていきましょう。

犬が無駄吠えをする原因③
~不安や恐怖によるもの~

「何これ?」「誰?」など、「不安や恐怖」を感じて吠えることです。
初めて会った人や犬、または雷などの音に反応して吠えることもあります。

子犬期に様々な経験をさせてあげて社会性を育てていくことで和らげることができます。

犬が無駄吠えをする原因④
~ストレスによるもの~

犬もストレスを感じる動物です。
引っ越しなどの環境の変化や、新しい家族が増えた時などには特にストレスを感じやすいものです。
また、運動やコミュニケーションが不足していることから、日々のストレスを発散しきれずに無駄吠えするようになることもあります。
こういった何らかの原因であるストレスを、吠えるという行動で発散しようとしているのです。

運動不足によるストレスであれば、運動量を増やしてあげるなど、ストレスの原因となっているものを探って注意深く接してあげたり、原因そのものを取り除いてあげることが大切です。

犬が無駄吠えをする原因⑤
~興奮によるもの~

遊んだ後や大好きな人に会った後など、それまでの興奮が収まらず吠え続けてしまうことがあります。

「おすわり」や「まて」などの指示を出しても興奮が収まらない場合には、話しかけることで興奮を煽ってしまっているのかもしれません。
そんな時には無視をしてその場を離れ、犬が落ち着くのを待つのも時に効果的です。

犬が無駄吠えをする原因⑥
~精神疾患によるもの~

犬が飼い主に依存しすぎていると、飼い主が少し離れるだけでストレスを感じてしまい、不安や恐怖から精神的パニックを起こすような「分離不安」という心の病気にかかることがあります。

子犬期の社会化不足や、過保護に育ててきた時に見られる病気です。

その症状として、飼い主が少し離れただけで「鳴き続ける」ということがあります。

症状を和らげるため、少しずつ愛犬との適度な距離を保って接するようにしましょう。

犬が無駄吠えをする原因⑦
~認知症によるもの~

犬の認知症とは、人と同様、老化が原因となって認知機能が低下することです。
その認知症の症状として感情のコントロールができなくなって鳴き続けることがあります。
「無駄吠え」とは言えないかもしれませんが、近隣住人だけでなく、飼い主家族の生活にまで大きく影響を与えることになるでしょう。
病気の症状でもあるため、獣医師に相談してみましょう。

犬が無駄吠えをする原因⑧
~他の犬につられる~

犬は元々群れで生活してきた動物なので、他の犬が吠えていると、つられて吠えることもあります。

多頭飼いをしている場合には、リーダーとなる1匹が吠えることで他の犬も吠え始めるようです。

そのため、リーダーとなる1匹に着目してしつけを行っていくと良いでしょう。

犬の無駄吠えをしつけ直そう

犬の無駄吠えのしつけ直そう
~やってはいけないこと~

無駄吠えをしつけ直す前に、まず犬への接し方を見直してみましょう。

無意識にとっている行動が犬の無駄吠えを煽っているかもしれません。

  • オーバーにリアクションをすること
    「うるさい」「静かにして」など感情的に叱らないようにしましょう。
    場合によっては、飼い主も同調していると勘違いさせてしまうことがあります。
  • 叱るタイミングを間違えている
    犬のしつけにタイミングはとても重要なことです。
    例えば、鳴き止んだ後に叱っても犬は何で叱られているのか理解できないでしょう。
  • 吠える原因を読み違えている
    例えば、吠える犬に「叱る」という行動を取った場合、吠えている原因がストレスからだったらどうでしょうか。可哀そうですよね。
    吠える原因を正しく見極めなければなりません。
  • 叩くなどの体罰
    親犬は子犬を噛んでしつけることもありますが、人から犬への体罰で犬は学習しません。
    それどころか、信頼関係が崩れてしまったり、防衛のため攻撃に出ることもあるかもしれません。

犬の無駄吠えのしつけ直そう
~原因に合わせたしつけ方を~

犬の無駄吠えをしつけ直すときには、必ず吠える原因に合わせたしつけを行いましょう。

例えば、ストレスが原因で吠えている犬に対して、ただ叱るだけでは何も解決しないどころかかわいそうですよね。
また、警戒心から吠えている犬に対して無視をしても全くの意味をなさないようでしょう。

そういった意味からも犬が吠える原因をしっかり見極めてしつけていかなければなりません。

それではしつけ方法をいくつか紹介します。
以下のしつけ方法を、吠える原因によって使い分けてしつけていきましょう。

◆基本コマンドの指示を出す

縄張り意識や威嚇によるもの、また興奮から吠える時に効果的な方法です。

犬が吠え始める時に、「おすわり」「マテ」など基本コマンドの指示を出すことで吠えることを中断させます。
これは、犬の注意を他の事に向けることが狙いで、犬が吠える対象を忘れ飼い主に気を向けることが目的となります。

◆無視をしてしつける

要求吠えをしているときに効果的な方法です。

犬が何かを要求して吠えてきたとしても、徹底的に無視をしましょう。
部屋を移動しても良いです。
犬が吠えるのを止めて大人しくなったご褒美を与えましょう。

こうすることで、「吠える=無視される」→「大人しくする=良いことがある」と認識していくようになります。

ある程度吠えることをすぐにやめられるようになれば、ご褒美なしでもできるよう繰り返ししつけていきましょう。

◆サプライズを与える

要求吠えや警戒吠えに効果的な方法です。

サプライズとは犬がびっくりして行動を一時的に中断させることを目的とした、天罰を下すことです。

犬が吠えたら、用意しておいたサプライズを与えます。

このサプライズとは、例えば小銭の入った貯金箱や鍵の束などを床などに投げることで大きな音を出すことです。

この音に驚いて吠えるのを止めたら、ご褒美を与えましょう。

こうすることで、「吠える=悪いことが起きる」→「大人しくする=良いことがある」と認識するようになります。

ある程度吠えることを止められるようになれば、ご褒美なしでもできるよう繰り返ししつけていきましょう。

サプライズは飼い主が行っていると思われないようにすると効果的です。

エアデールテリア

犬の無駄吠えのしつけ直そう
~吠える前にしつける~

ここまでは、犬が吠えた後で行うしつけ方法をご紹介してきましたが、犬が無駄吠えしないようにするために最も効果的なしつけ方法は、「犬が吠える前にしつける」ことです。

これは、「縄張り意識や威嚇」、または「不安や恐怖」「興奮」といった警戒吠えや要求吠えなどに言えることですが、犬は何の前兆なしで吠えることはありません。
耳を立てるあるいは寝かせる尻尾を巻き込むじっと同じ方向を見つめる飼い主のことを見つめてくるなど何らかのサインを示しているはずです。

この吠える前兆とも言えるサインを見逃さず注意することで、吠えることを防いでいきましょう。

例えば、散歩中に他の犬に会うと恐怖心から吠えるという犬には、中腰になったり、尻尾を巻き込むなどのサインが見られるはずです。

他の犬の姿とそのサインが見られた時に、立ち止まって「おすわり」などの指示を出すことで飼い主の方に気を向けるようにするなどしてみましょう。
もちろん、すぐにその犬の方に気が戻ってしまうこともありますが、そのたびに注意して落ち着きを取り戻すまで根気強く待ってみましょう。
そして、その犬が立ち去るまで落ち着くことができれば褒めてあげましょう。

そのように吠える前のサインを察知して対処していくことができれば、犬自身も「吠える意味がない」「必要がない」と学習していくようになるでしょう。

犬の無駄吠えに効果あり最新グッズ

ポメラニアン,柴犬

無駄吠えに効果のあるグッズ①
~無駄吠え防止首輪~

無駄吠え防止首輪とは、吠えると微弱な電流が流れる、超音波が出る、匂いが出るなどの仕組みになっている首輪です。

電流といっても痛みを与えるのでなく刺激を与えるもので、いずれもサプライズによって行動を制止させることができます。

金額はサイズや機能によって幅があり、2千円~2万円を超えるものまで様々です。
★参考商品: ワンブル

無駄吠えに効果のあるグッズ②
~スプレータイプ~

犬が吠えたときにスプレーをシューとするだけの無駄吠え防止アイテムです。

スプレーをすると犬にとって不快な匂いが噴射され、いわゆる嗅覚を刺激するサプライズによって無駄吠えを防止するというものです。

金額は500円~と比較的気軽に使えるというメリットがありますが、匂いが残ってしまうというデメリットもあるようです。
★参考商品:ビターアップル

無駄吠えに効果のあるグッズ③
~超音波グッズ~

犬が吠えると超音波を出すグッズです。

前述で紹介した首輪タイプもありますが、飼い主がボタンで操作して鳴らすようなものから、鳴き声を感知して超音波を発する置き型のものまで様々です。

超音波によって、犬の健康を損なうようなことはありません。

ただし、人間の大人であれば聞こえない超音波ですが、小さな子どもさんには耳に不快感を覚えることもあるようなので使用を控えた方が良いでしょう。

金額は、5千円~1万円程度です。
★参考商品: AZUCK超音波式トレーニング

無駄吠えに効果のあるグッズ③
~無駄吠え防止アプリ~

スマートフォンやタブレットにアプリをインストールして使える無駄吠え防止アプリもあります。

犬が吠えたら自動で超音波を出すものから、飼い主が操作して超音波を出すものがあります。

「グッズは高いし、買って意味がなかったら・・・」という方はアプリを試されてみてはどうでしょうか?
★参考アプリ: 吠えないワン(App Store)

無駄吠えに効果のあるグッズ④
~クリッカー~

吠えた後ではなく、吠える前に使えるしつけグッズです。
クリッカーとは、人の手の中に納まるサイズで、ボタンを押すと「カチッ」と独特の音が鳴る犬のしつけアイテムです。
犬が良い行いを行ったご褒美の合図として使います。

普段からクリッカーを使ってご褒美を与えている場合、吠えそうな犬に対してクリッカーを鳴らすことで、「ご褒美」の方へ犬の気持ちを切り替えてあげることができます。
★参考商品: 『ペットセーフ クリッカー』

この記事のまとめ

犬の無駄吠えについて
  • 犬にとって「吠える」ことはコミュニケーション手段の1つ
  • 犬の無駄吠えは、人と犬両方にストレスとなっていることも。
  • 吠えやすい犬種:牧畜犬・猟犬・小型犬
  • 無駄吠えが少ない犬種:「シーズー」や「フレンチブルドッグ」「ボストンテリア」など
  • 犬の無駄吠えの原因には、
    「欲求不満や要求」「縄張り意識や威嚇」「不安や恐怖」「ストレス」「興奮」「精神疾患」「認知症」「他の犬につられる」などがある
  • 無駄吠えのしつけは、原因に合わせたしつけ方をすること
  • 基本的なしつけ方は、「基本コマンドの指示を出す」「無視をしてしつける」「サプライズを与える」などの方法を、吠える原因に合わせて上手に使い分けること。
  • 吠えてからしつけるよりも、吠える前のサインを読み取って対処していく方が効果的!!

犬の無駄吠え さいごに

飼っている愛犬の無駄吠えに悩まされている飼い主さんは多いのではないでしょうか。
しかし、人間でも付いてしまった癖を直すことは、それが自身の癖であっても難しいものですよね。
それは犬も一緒で、付いてしまった吠え癖を直すにはかなりの時間と根気が必要となってくるでしょう。

1番良いのは吠えることが癖付かないようにしてあげることです。

無駄吠えしてしまう犬に対しても、例えどんなにイライラしていたとしても、平然とした態度で愛情を持って、根気強くしつけていくことが大切です。