愛犬にバリカンを使うときの注意点とおすすめの商品3選!

Contents


犬用のバリカンとは

犬用のバリカンは、クリッパーとも呼ばれることがあり、用途としては、犬のヘアカットに使います。

犬の全身をハサミでカットする方法もありますが、時間がかかるのと、キレイに全身をカットするにはかなりの技術を必要とします。

一方、犬用のバリカンを使う場合、プロのトリマーさんほどキレイにできないまでも、簡単にある程度のスタイルを作れることと、肉球の間に伸びてくる被毛や、顔まわりの被毛のカットを飼い主でもささっと手軽にできてしまいます

犬用のバリカンの使い方

自宅で愛犬のトリミングをしたいけど、ハサミだけでカットする技量はないし、暴れられたら怖い。

犬用のバリカンなら安全ね!と思い、試してみようと思う方は多いはずです。

でも、ちゃんと正しい使い方をしないと、カットした面はガタガタな虎刈りになってしまい、下手をすると、愛犬の皮膚に傷をつけてしまいます。

安全にキレイにカットする使い方をご紹介していきますので、ぜひ、参考になさってください。

ポメラニアンの可愛いカット種類・トリミングについて。セルフカットの仕方もご紹介。

2018.02.08

可愛さ爆発!チワワのセルフカットについて

2018.02.08

犬用バリカンの正しい持ち方

まず犬用のバリカンの持ち方についてです。

がっちりと握りしめて持ってしまうと、バリカンを動かす時にも力が入ってしまい、皮膚を傷つけてしまいかねないので、片手で軽く持つように心がけます。

また、スイッチの位置を確認し、いつでもスイッチを指で押せるように親指を添えて握ることをおすすめします。

犬用バリカンのアタッチメントってなに?

犬用のバリカンには、アタッチメントというバリカンの刃の部分にセットして使う道具があります。

これは、犬の全身カットをするときに、刈る長さを調整するために必要になるものです。

一般的には3mm〜12mmの種類があり、プロ仕様であれば、もっと細かなアタッチメントがあるかもしれません。

肉球の間の被毛を刈る場合などは、アタッチメントは必要ありませんが、全身をカットする際には、必ず必要になるのがアタッチメントです。

選ぶアタッチメントのmmで、カットした後のスタイルは全く変わってきますので、アタッチメントは1つではなく、何種類かは揃えた方がいいでしょう。

犬用バリカンの使い方「犬の部位別」

犬の全身カットは、すべて同じアタッチメントで同じようにカットはできません。

それぞれの部位によって変わってきますのでご紹介いたします。

自宅でのバリカンカットは、犬にケガをさせないということが最低条件になります。

もし1人でやろうとして、犬が暴れるというときは、決して1人で続けないようにしましょう。

誰かと一緒に、犬を支えながらやるようにしてください。

足裏の被毛

犬の足裏を見ると、肉球の間から被毛が伸びているのがわかりますね。

これを放置しておくと、フローロングで滑ったり、濡れた足がなかなか乾かず、蒸れて雑菌の繁殖にも繋がりますので、定期的に伸びてしまった被毛をカットする必要があります。

まず、犬の足は一定の方向にしか曲がりませんので、無理な方向に足を曲げて、足裏にバリカンをかけることがないように注意します。

自然な形で足を曲げさせるか、寝せた方が動かなければ、寝せた状態で、足裏を自分に向けます

基本は肉球からはみ出している被毛を軽くカットすることを目指します。

もう少しできそうであれば、左手の親指で、犬の肉球の中心をムニュッ通すと、自然と犬の手が開きます。

そこで、肉球の奥までキレイに被毛を刈ることができます。

お尻まわり

肛門まわりは、定期的にカットしないと汚れやすくなりますよね。

コツは、しっぽを軽く持ち上げ、肛門まわりを外側から肛門に向かって少しずつ刈ります。

あまりに広範囲に刈ってしまうと、見た目が悪くなってしまうので、少しずつ刈ってバランスを見るようにしてください。

首、背中、胸

全身のカットは、バリカン前に、犬のブラッシングをすることを忘れないようにします。

そして、アタッチメントを付けて刈っていきます。

バリカンの使い方として、毛の流れに沿って、バリカンの刃は立てず、水平に動かしていきます。

また、一気に素早くやろうとするとキレイに刈れませんので、少しずつゆっくり動かしていきましょう。

お腹まわり

お腹は犬が1番怖がり、嫌がる場所なので、細心の注意を払う必要があります。

一瞬犬が動いただけで、皮膚を傷つける可能性があるので、バリカンに慣れてなくて、どうしても暴れるような犬であれば、本来、短く刈ってしまいたいお腹まわりでも、ケガをさせないために、長めのアタッチメントを付けて刈るようにしましょう。

また、犬にもちゃんとおへそや乳首がありますので、間違って切ってしまうことがないように気をつけてください。

 犬用のバリカンを使えない部位

犬用のバリカンはアタッチメントを切り替えることで、全身をカットすることができますが、バリカンで刈れない部位もあるので注意が必要です。

  • 脇の下…触るとわかるとおり、皮膚が柔らかく引っ張ると伸びます。
    バリカンをつかい、間違って皮膚を傷つけやすいので、バリカンは向きません。
  • 後ろ足の付け根…ここも皮膚が柔らかく弛みがあります。
    同じく傷つけやすいので、バリカンは使えません。
  • 顔…目指すスタイルにもよりますが、犬の被毛全体の形を作るには、バリカンは不向きです。
    丸みを出したりするような顔まわりの曲線などは、ハサミでしかできないので注意です。

犬用バリカンはプロ用と一般用、どっちを選ぶ?

犬用のバリカンには、プロ仕様のものから家電メーカーから販売されている一般向けのものまであります。

どちらを選ぶかは飼い主さん次第にはなりますが、どちらにも長所と短所があります。

それらを見た上で、どちらを購入するか決めましょう。

プロ仕様の犬用バリカン・長所

  • 切れ味がいい
  • 軽く、長時間使っていても疲れない
  • 替え刃の種類が豊富
  • 音が静か

プロ仕様の犬用バリカン・短所

  • 切れ味が良すぎて、ケガをさせやすい
  • お手入れが面倒
  • バリカンの本体も替え刃も高額

一般向けの犬用バリカン・長所

  • 本体・替え刃共にリーズナブル
  • お手入れが簡単
  • プロ用より切れ味はなく安全

一般向けの犬用バリカン・短所

  • 替え刃の種類が少ない
  • プロ用に比べ、切れ味は劣る

チワワのサマーカットはやり方を間違えると危険?!

2018.02.08

犬用バリカンを選ぶときのポイント5つ

1.音が静かなもの

犬は音に大変敏感です。

耳元でウィーンっという聞きなれない機会音がするだけで、心臓がバクバクなってしまいます。

少しでも静音の犬用バリカンを選び、犬を怖がらせないようにしましょう。

2.コードレスで使える

コードの有無で、使い勝手はまるで違います。

コードがあると、犬用バリカンの向きを変えながら刈っていくとき、コードが犬の体に絡むこともあり、犬にも人間にもストレスになります。

コードレスというだけで、身軽に犬用バリカンを動かして使うことができます。

3.軽量で持ちやすい

最初から、部分カットでしか使用するつもりはないというのであれば、重さにこだわる必要はないかもしれません。

ただ、全身カットも考えているのであれば、ぜひ軽量の犬用バリカンをおすすめします。

数分であれば大したことがなくても、全身カットとなると30分以上は犬用バリカンを握り続けます。

手が疲れないように軽いものを選び、持ちやすいものを選ぶようにしましょう。

あまりにも手の大きさに対して、大きすぎたり、滑りやすいといった場合、使いにくさが目立ち、大変疲れてしまいます。

4.必要なアタッチメント(替刃)が揃っている

プロのトリマーさんのように、多数の長さの違うアタッチメント(替刃)が必要かどうかは別として、最低限、愛犬のカットに必要な長さのアタッチメント(替刃)が揃っているか、チェックしましょう。

体の部分によって長さを変えたり、季節によって長さを変えたり、いくつか長さの違うアタッチメント(替刃)があると、スタイルに変化をつけることができ重宝します。

5.お手入れが簡単

水洗いができ、乾燥後はオイルをさして終了!という気軽なものが使いやすいでしょう。

お手入れがさほど苦ではないのであれば、プロ仕様のものでもOKかもしれませんが、物によっては、ネジを丁寧に外し、全てのパーツを洗い、完全に乾かしてからまた組み立てをしてオイルをさすという行程のものもあります。

毎回、そのようなお手入れを愛犬のカット後にしてられない!という場合、やはり、お手入れの簡単なものをおすすめします。

犬用バリカンの価格相場

ご紹介したように、犬用バリカンにはプロ用のものから、素人でも使える一般的なものまで出回っています。

価格はプロ用のものの方が当然高額になり、1万5000円〜2万円くらいになり、一般的な素人用のものだと、3000円〜5000円くらいで販売されています。

また替え刃の価格相場は、こちらもプロ用の方が高額で4000〜5000円くらいが相場で、一般用の替え刃で2000〜3000円くらいになります。

犬のバリカン負けや傷の対処法

犬の被毛をバリカンで刈ると、刈った後、犬の皮膚が赤く痛々しくなることがあり、それをバリカン負けといいます。

要は、人でも起こる剃刀負けと同じです。

もともと犬の皮膚は薄く弱いので、短く刈るとそうなることがたまにあります。

また、皮膚の状態があまり良くないときに、バリカンをかけてもなりやすいので、そういう時には短く刈ることは避けた方が無難です。

もし自宅でバリカンを使い、バリカン負けを起こしてしまった場合、基本的には放置してもすぐ治りますが、あまりにもひどいバリカン負けや、犬が気にして舐め続けるなどあれば、炎症を起こす可能性があるので、獣医さんへ受診するようにします。

そして、万が一バリカンで犬の皮膚を切ってしまったという場合も同じです。

傷が深くなく、出血も一瞬で止まったような場合であれば放置しても、問題はありません。

傷が広範囲だったり深い、犬が気にする場合は、獣医さんへ見せるようにしましょう。

犬用バリカンのおすすめ商品3選!

犬用のバリカンには、手軽に購入できるものからプロ用のものまで様々あります。

今回はその中でもおすすめ3つをご紹介します。

犬用バリカンのおすすめ①パナソニック ペットクラブ 犬用バリカン

犬のトリミングが初めての方におすすめします。
使い方もお手入れ方法も簡単ですので、扱いやすいです。

また、充電してコードレスで使えるので、トリミングの場所を選びません。

バリカン自体も140gと軽量で手が疲れ図、音も比較的静かです!

パナソニック ペットクラブ 犬用バリカン

犬用バリカンのおすすめ②ペットバリカン プロ トリマー 業務用

プロのトリマーさんのバリカンを、研磨している会社で作ったバリカンになります。

嬉しい特典として、3年間はバリカン刃研ぎが無料になります。
何回でも研いでもらえるのです。

また、商品は全台刃の切れ味を検査して発送しているので、切れ味にハズレがありません。

もちろんこちらのバリカンもコードレスで使えます。

ペットバリカン プロ トリマー 業務用

犬用バリカンのおすすめ③スピーディクSP-3 TAPIO

プロのトリマーさんが使っているバリカンになります。

替え刃が14種類と豊富で、切れ味も申し分ありません。

この商品は、コードレスではありませんが、コードの長さが2.5mもあるので、カットをする場所の心配はいりません。

このスピーディクというバリカンにはTAPIO以外にも種類があり、お好みに合わせて選ぶことができます。

ある程度愛犬のトリミングに慣れてきたら、ぜひプロと同じものを使ってみてはいかがでしょうか。

スピーディクSP-3 TAPIO

犬がバリカンを嫌がるときの対策

犬のトリミングを自宅でしようとし、バリカンを構えた途端、犬が全力疾走していなくなってしまったり、すごい力で拒否られてしまったり、中にはバリカンを心から嫌がって暴れてしまう犬もいるようです。

犬がバリカンを嫌がる理由から、対策法をご紹介していきます。

犬がバリカンを嫌がる理由

  • 音が怖い(バリカンやハサミの音)
  • バリカンにそもそも慣れていない
  • 高いところに上げられて怖い
  • 被毛が引っ張られて痛い
  • 長時間同じ体勢でいることに疲れる

犬がバリカンを嫌がるときの対策

◆慣れるまでトリマーさんにやってもらう

犬と飼い主さんが同時に初バリカンデビューという場合、お互い緊張してしまい、うまくいかないことがたくさんあります。

犬は敏感なので、飼い主さんのドキドキが伝わるでしょうし、得体の知れないものが、ウィンウィン体周りを動いていたら恐怖でしかありません。

バリカン=恐怖と植えつけないためにも、犬がバリカンに慣れるまで、頼れるプロのトリマーさんにやってもらうのも方法です。

犬がバリカンをどういうものか理解し、慣れてくれることで、緊張した飼い主さんのバリカンでも、犬は緊張することなく割とスムーズにやらせてくれるようになります。

◆バリカンを使う前に飽きるほど犬に遊ばせる

犬がバリカンを嫌がるのは、バリカンを怖いと感じているからです。

何かわからないものがすごい音を立てていると思うと、逃げたくなるのが犬の心情なのかも知れません。

犬にバリカンを使う前に、犬の目の前で電源を入れたり切ったり、無造作に床に置き、気が済むまで犬に匂いを嗅がせたり、触ったりさせましょう。

◆一気にやろうとせず、休み休み

少しでも短時間で早く終わらせてあげようと、私たちが良かれと思ってしていることが、逆効果になっていることもあり得ます。

あまりにも騒がしく身体中をバリカンが駆け巡るのは、慣れていない犬にとってはパニックな状況です。

少しずつ何回かバリカンを走らせ毎に、1度バリカンを止め、犬を優しく撫でて落ち着かせてあげることも方法の1つになります。

また、1回に全身を仕上げようとせず、パーツ毎に時間をかけ、何日かで完成というようなバリカンのかけ方も、セルフバリカンの良さになります。

犬に負担をかけないように、一気にではなく日数をかけることも大切です。

◆バリカン前に徹底的にブラッシング

どうせバリカンをかけるから〜と、ブラッシングなしでバリカンをかけてしまうと、もつれた被毛を刈る時に、皮膚も引っ張られ痛むことがあります。

そんなことが続けば当然、犬はバリカンを嫌いになります。

バリカンは痛いものじゃないことを教えるためにも、バリカン前はきちんとブラッシングをし、毛玉やもつれがない状態で始めるようにしましょう。

この記事のまとめ

愛犬にバリカンを使う時の注意点
  • 犬用バリカンはクリッパーとも言われ、犬の被毛をカットする道具
  • 犬用バリカンは片手で持つこと。スイッチの位置を確認し、いつでも押せるように親指を添えておく
  • 犬用バリカンのアタッチメントとは、刈る長さを調整するためのもの
  • 犬用バリカンの使い方:足裏の被毛…肉球からはみ出している被毛を軽くカット
  • 犬用バリカンの使い方:お尻周り…肛門周りを外側から肛門に向かって少しずつ刈る
  • 犬用バリカンの使い方:背中・胸…アタッチメントを付けて刈る
  • 犬用バリカンの使い方:お腹周り…ケガ防止のため、必ずアタッチメントを付けて刈る
  • 犬用バリカンを使えない部位:「脇の下」「後ろ足の付け根」「顔」
  • 犬用バリカンを選ぶ時のポイント5つ:①音が静か②コードレス③軽量④必要なアタッチメント(替刃)が揃っている⑤お手入れが簡単
  • 犬がバリカンを嫌がるときの対策:①慣れるまでトリマーさんにやってもらう②バリカンを使う前に遊ばせる③一気にやろうとせず休み休み④バリカン前に徹底的にブラッシング

愛犬にバリカンを使うときの注意点 さいごに

最初はドキドキしながらの犬用バリカンも、慣れてくるとともに、意外とスムーズにできてくるものです。

シャキッと完璧なスタイルは、やはりプロには勝てないかもしれませんが、デイリーなお手入れカットなら、私たちでも犬用バリカンを使い、十分かわいいスタイルを作ることができます。

愛犬とのスキンシップの一環として、ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか。