犬の首輪の選び方とおすすめ商品5選

Contents


 犬の首輪っていつから使われているの?

人と犬が一緒に生活を始めたのは、今から一万年以上も前だといわれています。

犬の首輪は古くから使用されており、古代エジプトの壁画や平安時代の日本の絵にも首輪をした犬が描かれています。

古代エジプトでの犬の首輪

3500年前の古代エジプトの壁画や石像に首輪をした犬が見られます。

そのころの一般的な飼い犬は縄などで繋がれて係留されていましたから、壁画で見られる首輪をした犬は身分の高い王侯貴族などに飼われていた犬なのでしょう。

その頃の犬の首輪はステータスのシンボルとして付けられていたと考えられます。

古代ギリシャでの犬の首輪

古代ギリシャでは犬は家畜をオオカミやクマなどの害獣から守るための番犬として飼われていました。

害獣に首を噛まれないためにスパイクのついた首輪をつけさせていたようです。

古代ローマでの犬の首輪

古代ローマ人はとても犬好きだったようです。

ジュリアス・シーザーがあまりにも犬を溺愛する人々に「子供より犬を可愛がるとは何事だ」と激怒したとかしないとか。

ポンペイの遺跡には赤い首輪をした犬の床絵があります。

中世での犬の首輪

この頃になってはじめて犬はペットとして飼われ始めます。

ヨーロッパの上流階級の貴婦人達に可愛がられ、宝石や貴金属で装飾された首輪をつけていました。

一方でさまざまな猟に犬が使われるようになり、他犬と選別するのための首輪や、野獣から身を守るための画鋲付きやスパイク付きの首輪も使われています。

日本での犬の首輪

日本では縄文時代から犬と共生していました。

弥生時代には猟犬にも使われていたようです。

平安時代にはペットとして飼われるようになりましたが、どのような首輪をしていたのかは不明です。

1732年に狂犬病が大流行し、狂犬病に罹った多くの犬が殺されました。

野犬と飼い犬を区別するために飼い犬に首輪を付け、鎖などで係留することを義務付けたのは明治時代に入ってからです。

昭和25年には、飼い犬の登録と狂犬病ワクチン接種届出の義務、獣医師の狂犬病届出義務を科す狂犬病予防法が施行されました。

狂犬病ワクチンの接種義務により現在の日本では狂犬病の発生はなく、飼い犬の係留は義務付けられてはいませんが、犬の首輪等に鑑札を付けることは義務付けられています。

獣医師が解説する狂犬病の予防接種

2018.02.08

室内犬なのに首輪が必要なの?

部屋の中で過ごすことの多い室内犬に首輪は必要なのでしょうか。

基本的には、散歩のとき以外に必ず室内で首輪をしなければならない必要性はありません。

では、非常時の場合はどうでしょうか。

犬はちょっとした隙に室外に飛び出してしまうことがよくあります。

犬の走る速度は小さな犬でも考えられないほど速く、追いつくことはなかなかできません。

そのまま迷い犬になってしまうことも多いのです。

その時に名前・電話入りの首輪やネームプレートをつけた首輪をしていると見つかる可能性が高くなります。

地震や火災などの緊急時にも慌てて首輪やハーネスを探す必要がないように、普段から首輪を付ける習慣をつけておくと、パニックにならずに避難することができます。

犬が首輪を嫌がるときは?

犬に初めて首輪をするのはいつがいいと思いますか?

仔犬を初めて散歩に連れて行く時に首輪をするという方が多いのではないでしょうか。

仔犬にとっては、見知らぬ場所で首に何かわからないものを巻かれて引っ張られるのはとても怖いことです。

首輪は仔犬が家の中にいるときからつける練習をしておきましょう。

散歩のときだけ?首輪の必要性

2018.02.08

①首にバンダナやハンカチ巻く

まずは首にものが触れることに慣らすことから始めましょう。

バンダナやハンカチでそっと首筋を撫ぜたり、くるりと首に回してみたりして慣らしていきます。

バンダナやハンカチを首に巻くのを嫌がらないようなら、ずっとつけていられるように時間を少しずつ伸ばしていきましょう。

嫌がらずにつけることができたら必ず褒めてやります。

②首輪を巻いてみる

布を首に巻くことができるようになったら、柔らかい素材の首輪を巻いてみましょう。

首輪の感触を嫌がることもあるので無理強いはしないで嫌がったらすぐに外します。

首輪をはめるときに時間がかかってしまうことも嫌がる原因になりますので、最初はワンタッチで装着できるものを使い素早くつけるようにしましょう。

首輪そのものを嫌がらなくなったら、いろいろな素材の首輪に変えて慣らしていきます。

首輪はその時々の用途に合ったものを数種類用意しておくと便利に使うことができます。

犬の首輪を選ぶときのポイント

犬の首輪を選ぶときにはどんなことに注意すればいいのでしょうか。

失敗しない首輪選びのポイントをいくつかご紹介しましょう。

犬の首輪選びのポイント① 正しいサイズを測る

犬の首輪はその犬にあったサイズの首輪を選びましょう。

首輪が小さすぎると首が締まって呼吸が苦しいだけではなく、大きなストレスになり体調を崩してしまうこともあります。

反対に首輪が大きすぎると散歩中に抜けてしまい、逃走したり、他犬とのトラブルの原因になることもあります。

サイズの測り方

メジャーか布の紐を用意します。

犬の首の付け根を測るのではなく、必ず耳の付け根から指2本分下を測って下さい。

測るときは毛をかき分けてメジャーを地肌にぴったりとつけて測ります。

首輪は測ったサイズより1cm~1.5cmをプラスしたものを選びましょう。

犬の首輪選びのポイント② 適した素材を選ぶ

犬の首輪の素材にはいろいろなものがあります。

ナイロンの首輪

丈夫で軽く、安価でさまざまな色やデザインのものがあるため普段使いの首輪には最適です。

濡れても蒸れたりしないので犬に不快感を与えません。

革でできた首輪

丈夫な上に、ベルト式が多く成長に合わせてサイズ調整ができるので長く使うことができます。

自然素材のため犬の肌あたりもよく、使うほどに味のある風合いになってきます。

水に弱いので雨に濡れたまま放置するとカビが出たりヒビが入ったりします。

犬の首輪の種類

犬の首輪にはさまざまな種類があります。

用途や好みによっても違ってきますが、一番大切なのは犬の体型にあったものを選ぶことです。

小型犬に適した首輪と価格相場

バックルタイプ

布やナイロン製など全般的に安価なものが多く、成長が早い子犬などには気軽に買い替えができるので便利な首輪です。

留め具はプラスチックで小型犬にも負担なく着けることができますが、壊れやすいのが欠点です。

種類も多くおしゃれ感覚で楽しむことができます。

バックルタイプの価格:布・ナイロン製300円~1,000円位 

中・大型犬に適した首輪と価格相場

ハーフチョーク

布や革の部分と鎖の部分が半分に分かれている首輪です。

力の強い中型犬以上の犬種に適しています。

引っ張りがあると首が締まるようになっており、犬の強い引きを制御することができます。

犬への負担が少なくなるように、喉に当たる部分が布や革になっています。

ハーフタイプの価格:布・ナイロン製500円~9,000円位・革製9,000円~20,000円位

チェーンチョーク

力の強い中型犬や大型犬に適した首輪です。

金属製の鎖で出来ており犬が引っ張ると首が締まる仕組みになっています。

引っ張り癖のある犬のしつけ用に使用されていますが、トレーナーに指導を受けてから使うほうがいいでしょう。

金属の鎖は重くて冷たいので、着けるのを嫌がる犬も多くいます。

購入前に必ず試着してから買うようにしましょう。

チェーンチョークの価格:1,800円~8,000円位

全犬種に使える首輪と価格相場

ベルトタイプ

犬の首輪の中でも一番ポピュラーな首輪です。

体型にこだわらずどの犬種にも使えます。

布・ナイロン製のものもありますが、革製のものが一番耐久性に優れています。

革製のものは成長によってベルトの穴でサイズ調節ができ、頻繁に買い換える必要がありません。

但し、革でできているため水に弱く、雨の散歩の後にはよく乾かすなどのお手入れが必要です。

ベルトタイプの価格:布・ナイロン製300円~1,2000円位・革製1,000円~8,000円位

マーティンゲール

金属製のチェーンチョークと同じ仕様ですが、素材がナイロンや布でできています。

素材が軽いので全犬種に使えます。

欧米で人気のある首輪です。

マーティンゲールの価格:3,000円~12,000円位

しつけ専用の首輪と価格相場

スパイクチェーン

引っ張り癖のある犬のしつけ用に使われる首輪です。

首輪の内側に金属の突起がついています。

犬への負担が大きい首輪なので、しつけ用以外に普段使いされることはありません。

使用するときはプロのトレーナーの指導を受けてからにしましょう。

スパイクチェーンの価格:1,800円~8,000円位

ジェントルリーダー

ナイロン製の首輪で口に巻いて使います。

引っ張り癖の矯正や、興奮しやすい犬を落ち着かせるために使われます。

噛みぐせのある犬に使う口輪と間違われることも多いのですが仕様は全く違います。

ジェントルリーダーをしていても口を開けたり、吠えたり、食べたりすることができます。

慣れないと嫌がる犬も多いので無理強いするのはやめましょう。

ジェントルリーダーの価格:2,000円~12,000円位

首輪とハーネスはどう違うの?

最近では室内で飼われる小型犬が多いため、散歩にはハーネスを利用することも増えてきました。

どちらを使うかは犬の状態や性格、その目的によって違ってきます。

犬のハーネスについて 作り方や種類についておすすめハーネスもご紹介!

2018.07.31

 

ハーネスが適している場合

ハーネスは胴体部分に付けるので首への負担がありません。

小型犬や呼吸器や気管支の弱い犬などにおすすめです。

また、高齢で足腰が弱くなった老犬の歩行を補助するハーネスもあります。

引きの強い犬などには指示が伝わりにくく、装着に時間がかかるという欠点もあります。

首輪が適している場合

首輪は吠え癖がある犬や引っ張り癖のある犬など、しつけが十分できていない犬に適しています。

首輪は飼い主の指示が伝わりやすく、飼い主が容易にコントロールすることができます。

また首輪に名前や電話番号を書くことで脱走や迷子、災害時のパニック時の逃走などで愛犬が早期に見つかることがあります。

犬の首輪のおすすめ人気商品5選

Amazonの欲しいものランキングで見つけた犬の首輪おすすめ5選!

実用的な首輪からお洒落で可愛い首輪まで。

あなたのお気に入りを見つけてくださいね ♡♡

おなまえ首輪 真鍮彫刻プレート付

¥4,860

本ヌメ革/本革手仕上げ

真鍮金具首輪(小型犬・中型犬) SS~L

名前や電話番号などが入るので、もしも・・の時に役に立ちます。

商品はこちらから

犬用首輪 PETBABA(ペットババ)

¥1,500

反射素材 大型犬・中型犬用 調整可能

お散歩トレーニングに便利 ソフトコットン裏地 金属バックル

【サイズ】長さ 43-56cm;幅 2.5cm。 ボーダーコリー、ハスキー、サモエド、ラブラドールレトリーバーのような中型犬や大型犬にお勧め

商品はこちらから

「YUANSHOP1」光る首輪( LED)

¥999~

点灯・点滅 早い点滅・3パターンの点灯で楽しく安全にお散歩!USB充電ケーブル付属

サイズ S~XL各サイズ長さは調節可能

カラー:レッド/ブルー/グリーン/ピンク/オレンジ

夜のお散歩に最適!これで暗い夜道も安心です。

商品はこちらから

犬猫用首輪 唐草模様

¥1680

小型犬用・襟つきカラー・緑・鈴付・ハンドメイド

【サイズ】首周り S:17~21cm M:22~28cm L:27~34cm

【素材】 コットン100%

【色】緑 唐草模様

【着脱方式】マジックテープで首回り調整可能

【注意事項】リードはつなげません

定番の柴犬にもいいけど、可愛い洋犬にもきっとお似合いです。

商品はこちらから

【Realpet】ペット首輪

¥399

小・中型犬用・多色花飾り PUレザー・ バックル5穴

高級PU革(合成皮革)カラー・レッド・ブルー・ピンク・ブラック

サイズXS~L

お花飾りが可愛い首輪です。

実用的な首輪もいいけど、たまにはこんなお洒落な首輪でお出かけするのも楽しいですね。

商品はこちらから

犬の首輪の有名ブランド商品3選

ブランドを愛する飼い主なら愛犬に一度はつけさせてみたい有名ブランドの首輪。

現在では製造されていないものが多く、新品はなかなか手に入らなくなっています。

ほとんどの商品が希少品なので、中古品であっても良品は即決のようです。

グッチの首輪

グッチ  グッチシマ 首輪 リボン ラブリー オレンジ系 Sサイズ(中古ほぼ新品)

¥32,800

今ではグッチの首輪の新品を見つけるのは不可能に近いといってもいいかもしれません。

ほとんどの店舗で商品がSold outになっており、入荷の予定なしの状態です。

唯一中古良品というのがありました。

おそらく新品での再入荷はないものと思われますので貴重な一品といえるかもしれません。

首輪と同じピンクの革のリボンとグッチのマークのチャームが可愛い首輪です。

商品はこちらから

エルメスの首輪

小型犬・首輪・SILVER金具・M刻印・2cm(ポティロン・ブラウン)
60070M 5F/SWIFT/POTIRON【I】
 

¥79,000

シンプルでオーソドックスなライトブラウンの革の首輪です。

エルメスらしい刻印の入った金具がワンポイントになって高級感を出しています。

華美な装飾がないところにセレブブランドの上品さがあります。

商品はこちらから

コーチの首輪

【超レア】 COACH/コーチ シグネチャー DOG首輪 XSサイズ F61354SKHPK

¥34,500

コーチのシグネチャー柄のジャガードとピンクの革のコンビネーションがお洒落な首輪です。

ワンポイントの星型のチャームも可愛くて愛犬の女子力アップ間違いなしです。

商品はこちらから

この記事のまとめ

犬の首輪の選び方
・犬の首輪の起源 3500年前の古代エジプト・日本では縄文時代から

・首輪の必要性とは 逃走防止・飛び出しによる事故の回避・震災等の緊急時の身体確保が簡単

・首輪のつけ方 首輪を嫌がるときはバンダナ等で慣らす・時間をかけずにすばやく付ける等

・首輪の種類 バックルタイプ・ベルトタイプ・ハーフチョーク・チェーンチョーク・スパイクチェーン・ジェントルリーダー等

・犬の首輪おすすめ商品 人気商品5選・有名ブランド商品3選

最後に

犬を飼ってはじめて自分が飼い主だと自覚するのが犬に首輪をつけてやった時ではないでしょうか。

飼い始めの頃の散歩は犬も飼い主も慣れていないので何が起こるかわかりません。

不意な出来事でリードを手放し犬が遁走してしまった・・ということも有り得ます。

そんな時に鑑札と迷子札のついた首輪をしていると早期に犬を見つけることができます。

最近では首輪のかわりにハーネスを利用する人も多いようですが、鑑札をつけたり迷子札をつけたりするには首輪が必要です。

鑑札と迷子札のついた首輪は飼い主と愛犬を繋ぐ大切な用具です。

毎日つけるものですから、愛犬にお似合いなお気に入りの首輪を見つけてあげたいですね。