犬用のサークルの選び方とおすすめ商品5選

Contents


犬用サークルとは?

犬用のサークルとは、柵状になっている囲いで、犬を全側面囲むものを言います。

ケージと違い底と天井がないのが特徴で、使われる素材はステンレス製、プラスチック製、木製と様々あり、ほとんどのものが組み立て式で、部屋の広さや犬の大きさに合わせて、サークルの広さを変えられることが多いです。

犬用サークルの使い方

犬用サークルは基本的には、犬の落ち着く場所(テリトリー)として使います。

室内で放し飼いしている場合でも、犬は自分だけの落ち着ける場所が必要になります。

もともと犬は、狭く暗いところが好きな習性がありますので、広い部屋に、犬用のベッドなどを置くよりも、サークルで囲んだ中にベッドを置いてあげる方が、犬にとっては快適に感じるのです。

また、サークルはトイレトレーニングするときにも大変役に立つのと、犬に留守番をしてもらう時や、家に来客がある時など、しばらくサークルに入っていてもらうことができます。

サークルに入ることに慣れておくと、犬自身はサークルの中は安全と理解していますので、広い室内にいるより落ち着いて飼い主を待つことができます。

犬だけでお留守番中のいたずらや、誤飲やケガから犬を守ることにもなります。

犬用サークルを選ぶときのポイント

犬用のサークルを購入するときには、愛犬に合わせたサークルを選ぶことがとても大切なのです。

いくつか選び方のポイントがあるのでご紹介します。

サークルの大きさと高さ

子犬の時から使うサークルでも、犬はすぐに成犬になります。

大きくなってからも使えるサイズかどうか、サイズを変えらえるのかチェックが必要になります。

ただ広すぎても犬は落ち着きませんので、犬のベッドや水、必要であれば、少し離れたところにトイレトレーを置ける広さのものを選びます。

また、サークルには天井がないので、犬がジャンプをして飛び越えることも考えなければなりません。

ジャンプしたときに、うまくジャンプしきれずケガをする場合もありますので、脱走できない高さの物を選びましょう。

丈夫なサークルを選ぶ

犬はとても元気です。

おとなしく留守番をしていても、飼い主さんが帰宅すれば大喜びで、興奮を始めます。

サークルの柵を思い切り犬が両手でパンチした瞬間、あまり丈夫でないサークルはそのまま倒れてしまう可能性もあります。

または、結合部分が外れてしまうこともあります。

愛犬の力強さを考え、それに見合うサークルが必要です。

サークルの素材選び

ご紹介したように、サークルはいろいろな素材のものがあります。

いかにもサークル!という感じにしたくなければ、インテリア感覚で、木製のサークルにすることもできますし、かわいい色のプラスチック製のサークルを選ぶこともできます。

ただ、特に子犬のうちは、何でも噛んでしまうことがありますので、噛みぐせがある犬の場合、木製やプラスチック製のサークルでは、柵を噛んでボロボロにしてしまう可能性があります。

サークルの素材も、家の雰囲気や愛犬の性格に合わせて選ぶようにしましょう。

犬用サークルの価格相場

犬用サークルは、

  • 大きさ
  • 素材
  • デザイン

で価格がそれぞれ変わってきます。

シンプルなスチール製のものであれば、3000円〜が相場になります。

木製の犬用サークルであれば、デザインが凝ったものが多く、大きさにもよりますが、小型犬用のサークルで2万円〜になることが多いようです。

また、スチール製であっても機能的でデザインがおしゃれなものになると、2万円を超える価格になることがほとんどになります。

犬用のサークルでトイレトレーニング

犬を飼い始めて、最初に教えるのがトイレですよね。

トイレを教えるのにサークルはとても役に立ちます。

  1. 今回は、サークルを使ったトイレトレーニング法をご紹介します。
  2. 愛犬に合わせたサークルを準備します。
  3. サークルの中には、寝床、水、トイレトレーを設置します。
  4. トイレトレーニング中は、基本的に犬はサークルの中で生活します。
  5. 犬のトイレのタイミングは、・食後・起床後・遊んだ後になりますので、そのタイミングでトイレを促します。
  6. トイレトレーに連れて行き、「ピープー」や「ワンツー」など掛け声をかけてあげます。
  7. トイレ成功したら、思い切り褒めまくります。

サークルから出して遊んであげるのも効果があります。

サークルから出て遊びたい!の思いで、トイレトレーニングのモチベーションが上がってくれます。

トイレトレーニングのポイント

トイレトレーとは別に、サークル内ベッドと水以外全面に、トイレシートを敷いてトレーニングすると、どこでトイレをしても成功になりますので、褒める回数が増える分、犬がトイレを覚えるのも早くなります。

トイレが成功するたび、トイレシートを減らし、失敗したら増やすを繰り返します。

最終的にトイレトレーだけが残れば、トイレトレーニング終了です。

そうなれば、トイレトレーはどこに移動しても、犬はそれをトイレと認識していますので、そこまで行ってトイレをするようになります。

犬用のサークルにマットを使うと掃除が楽になります!

犬用のサークルには基本的に床はついていません。

そのため、特にトイレをまだ覚えていない犬は、ついついサークルの中で粗相をしてしまい、その度床の掃除は結構大変になります。

そこで役に立つのがマットです。

防水マット、ジョイントマットで汚れたところだけ取り替えられるものなど、様々あります。

選ぶ基ポイントは、おしっこをしても外に漏れない素材で、仮に犬が引っ掻いても噛んでも、簡単にボロボロにならない丈夫な素材を選ぶようにします。

そして万が一、犬の方が勝って、マットの一部を口に入れても大丈夫なように、自然素材のものを選ぶと安心ですね。

また、マットはサークルの下に敷くだけではなく、オス犬のオシッコの足上げ対策としても使えます。

犬用サークルのおすすめ商品9選

それでは数多くあるサークルですが、今回はその中でもおすすめのサークル9つご紹介いたします。

犬用サークルのおすすめ①おしゃれな木製のサークル

天然木でできたおしゃれな木製のサークルになります。

サークル内には仕切りをつけることもでき、トイレと寝床を完全に分けることができます。

ある程度の大きさがあるので、多頭飼いのサークルとしても利用できます。

作りも日本製でしっかりしているので、倒れたりする心配もありません。

サイズも4種類とあり豊富です。

サークルプラス FS 60XLp メッシュ

犬用サークルのおすすめ②パネルを組み合わせ、使い方さまざま!

組み立て式のサークルになります。

犬のサイズや部屋の大きさに合わせ、パネルを増やしたり減らしたりして、いろいろな形のサークルにすることができます。

扉部分の開閉は二重ロックになっていて、うっかり犬が開けてしまうということもありません。

小型犬から超大型犬まで対応できます。

サークルの素材は鉄ですが、とてもスタイリッシュなデザインです。

スカンジナビアンペットケージ

犬用サークルのおすすめ③折りたためるペットサークル

サークルといえば、ステンレス製や木製、プラスチック製がほとんどですが、こちらはポリエステル製になります。

折りたたんで手提げとして持ち歩けます。

普段、室内で放し飼いにしていて、必要な時だけササッと組み立てても使えますし、アウトドアでも使えます。

外で使うときは、天井部分にネットを貼ることもでき安全です。

サイズも豊富にあるので、ちょうどいいものをお選びください。

折りたたみ ペットサークル

犬用サークルのおすすめ④ジャンプしても大丈夫なサークル

こちらは8面サークルになります。

ポイントはサークルの高さが高いことです。

それぞれサイズがありますが、高さは62〜122cmまであります。

どんなにジャンプ力がある犬でも、お使いになれるのではないでしょうか。

使わないときは簡単に折りたたんでしまっておけます。

8面サークル

犬用サークルのおすすめ⑤お掃除簡単なサークル

通常、サークルには底はついていないのですが、こちらのサークルには底があり、トレーになっているので、掃除がとても簡単なのです。

色もブラウン、グリーン、ピンクとかわいいカラーを選べます。

超小型・小型犬用になります。

リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル 

犬用サークルのおすすめ⑥犬の成長と共に大きさ調整できる

子犬の頃はサークルも大してスペースを必要としませんが、成犬になった時のことを考えて、買い替えしたくないから、最初から大きいものを買うってこと多くないでしょうか。

こちらのサークルは、犬の成長に合わせてサイズ調整ができるんです。

90〜154cmまでスライドさせることで、11段階の幅調節OKな便利なサークルになります。

サークルの素材も木製で、部屋のインテリアと馴染みやすいのもおしゃれですよ。

リッチェル 木製スライドペットサークル

犬用サークルのおすすめ⑦木のぬくもりがあるサークル

安心の日本製になります。

天然木で作ったサークルで、折りたたみ可能なので、必要に応じてサークルの設置場所を変えることも簡単にできます。

フルオープンドアなので、中の掃除やご飯のお世話もストレスなく楽にできます。

また、格子部分の幅は5cm以下になってるので、超小型犬でも抜け出してしまう心配がありません。

木の色はナチュラルとホワイトから選べます。

木製ワンタッチ ペットサークル

犬用サークルのおすすめ⑧仕切りがあるサークル

ありそうでなかなかないのが、サークル内に仕切りがつけられるタイプのサークルではないでしょうか。

仕切りを追加できるので、サークル内で犬の寝室とトイレを完全に分けてあげることもできるので、しつけトレーニングに最適です。

また、大きいサイズを購入した場合、多頭飼いのサークルにもなります。

仕切りがついた犬用サークル

犬用サークルのおすすめ⑨木製3WAYサークル

3通りの使い方ができる木製の犬用サークルになります。

  1. サークルとして利用
  2. 部屋の入り口など入って欲しくない場所にゲートとして利用
  3. 壁を背にしてコーナーに仕切りとして利用(間仕切りにもOK)

という具合に使えます。

そのため、子犬のトイレトレーニング時期にはサークルとして使用し、トイレが完璧にできるようになったら、完璧室内で放し飼いとし、入って欲しくないキッチンなどに、ゲートとして利用することができます。

成長と共に、使い方を変化させられるのは大変便利です。

リッチェル ペット用 木製3WAYサークル

犬用サークルはアウトドアなど屋外でも大活躍!

犬用のサークルは、何も室内だけでの利用ではありません。

屋外でもかなり使い勝手がいいことをご存知でしょうか?

それでは外用の犬用サークルを2つご紹介いたします。

犬用のサークルは使い方次第で、犬も楽しく、飼い主にも安全に使うことができます。

アウトドア用サークル

キャンプや川や山に遊びに行った時、犬は大抵リードを付けて、一緒に歩くようになりますよね。

そして、みんなで集まってご飯などの時は、近くにリードを固定させるようになります。

そのキャンプ場ごとにルールが違うので、そこそこのルールに従わなければいけません。

リード装着が絶対のルールがあれば、それに従うようになりますが、何も決まったルールがないような場合、マナー上、犬を自由に離すのは非常識となり、犬にとっても安全とは言えませんね。

そんな時役に立つのが、アウトドア用のソフトサークルになります。

持ち運び・組み立て簡単のサークルで、ある程度動き回れる大きなサイズを選び、そこに犬を放すことで、犬が自由に歩き回れ、常にリードつけっ放しというストレスから解放されます。

自宅の庭にプライベートドッグランサークル

ご自宅に庭がある場合、そのスペースを使わないのはもったいないと思いませんか?

ロングリードで犬を庭に離すのも方法ですが、それよりいい方法があるのです。

室内用のサークルよりも大きく、犬を歩いてOKなスペースを囲むようにサークルフェンスを設置します。

このとき注意したいのは、中型〜大型犬の犬や、ジャンプ力がある犬の場合、張り切ってサークルフェンスを飛び越さないように、十分な高さを確保しなければいけません。

庭に犬用のサークルを設置できれば、散歩は散歩ですが、たまに外のサークルに離してあげることで、完全プライベートドッグランとして、犬が解放的に楽しめるようになります。

犬用サークルを手作りしよう!

犬用のサークルは、デザインが様々あり、素材もいろんなものがあるので、みなさんの愛犬や家のインテリアに合わせてあれこれ選ぶことができます。

そして、犬用のサークルは既製品を購入するだけではなく、自分でDIYできてしまうのです。

自分で作る分、愛犬に合わせてアレンジができ、思い通りのオリジナル犬用サークルが作れ、何よりもリーズナブルに作れてしまうのは魅力的ですね。

今回は基本的な犬用サークルの作り方をご紹介します。

◆犬用サークル(木製)の材料

  • すのこ(木製のフェンス)
  • 蝶番
  • フック
  • 取っ手
  • ロック
  1. 必要なサークルの長さのすのこを準備します。
  2. 四面を囲み、それぞれを釘で止めていきます。
  3. 入り口になる扉部分には、蝶番を使い開け閉めできるようにし、フックと取っ手をつけ、ロックを設置します。
  4. 最後、部屋の雰囲気に合わせ、サークルを塗装して完成になります。

フェンス部分は、ワイヤーネットでも代用ができ、その場合、釘など使うことなく、結束バンドなどで代用できます。

この記事のまとめ

犬用サークルの選び方
  • 犬用サークルとは柵状になっている囲いで、犬を全側面囲むもの
  • 使い方は、犬の落ち着くテリトリーとして活用。留守番中のいたずらを防ぎ、誤飲やケガから守る
  • 犬用サークル選び方ポイント:「大きさと高さ」「丈夫な作り」「犬や家の雰囲気に合わせた素材」
  • 犬用サークルにマットを使用すると便利
  • 犬用サークルの価格相場:シンプルなスチール製…3000円〜 木製…大きさにより2万円〜  機能的でおしゃれなものは素材に関わらず2万円以上
  • 犬用サークルは屋外でも活躍:アウトドアやドッグランサークルなど
  • 犬用サークルはすのこやワイヤーネットで作れる

犬用サークルの選び方とおすすめ商品9選 さいごに

犬用サークルはこだわり出せば、きりがないくらい凝ったサークルになります。

小型犬でも、わざと大型犬用の犬用サークルを準備し、トイレと寝床を完璧に分け、遊ぶスペースもあれば、犬用のプチハウスにもなりますね。

ご自宅の家具に合わせたサークルにするか、とにかく使いやすさを重視してシンプルなものを選ぶか。

みなさんはどんな犬用サークルを選びますか?

犬用サークル選びは、飼い主さんの個性の見せ所かもしれません。

快適なドッグライフを愛犬と楽しんでくださいね!