愛犬の供養。犬の火葬について準備・料金・施設など

Contents


愛犬が亡くなったらまずすること

トイプードル,白黒

愛犬が亡くなったら、とにかく悲しみに暮れ、頭が真っ白になってしまうかもしれません。

でも、最後に見送ってあげるのが飼い主の役目です。

犬の体は約2時間ほどで、死後硬直が始まります。

そうなる前に、手足を優しく折り曲げてあげ、目を優しく閉じさせ、プラスチックやダンボールなどの中にタオルを敷き、寝かせてあげましょう。

遺体の腐敗を防ぐために、保冷剤、ドライアイスなどが必要になります。

そして、亡くなった愛犬の亡骸をどうするかを決めます。

  • 自分が所有する家の庭に埋葬…穴を深く掘って、そこに埋葬することになりますが、衛生上の問題で、住んでいる地域によっては禁止されていることもあるので、確認が必要です。
  • 火葬…一般的に火葬をすることがほとんどです。
    方法も様々あるので、次に詳しくご紹介していきます。

愛犬が亡くなったら忘れずにすること

犬を飼ったときに、お住いの市区町村に登録をしましたよね?

今度は同じように、死亡届を出さなければなりません。

大体は30日以内ということが多いですが、自治体によって違いますので、確認が必要です。

犬の火葬とは

犬の火葬は人と同じで、亡骸を焼いて骨にすることをいいます。

方法は、

民間のペット霊園で立会い個別火葬

直接飼い主さんが愛犬の棺を持って出向くか、ペット霊園のスタッフが送迎してくれる場合もあります。

立会いのもと個別で火葬してもらえ、愛犬の遺骨は持ち帰るかそのままペット霊園に納骨するか選べます。

セレモニー会社に任せる一任個別火葬

民間のペット霊園での火葬になりますが、こちらはスタッフに一任して火葬をやってもらう方法になります。

ただこの場合、立会いはできません。

火葬後、遺骨を納骨するか、自宅に届けてもらうか選べます。

合同火葬

愛犬の亡骸を持ち込み、スタッフに預ける時点でお別れになります。

何体かの遺体を一緒に火葬になり、遺骨は受け取ることができません

訪問ペット火葬

火葬の設備がある専用の移動火葬車が自宅、もしくは指定場所まできてくれ、そこで火葬してもらえます。

匂いや煙は一切漏れない作りになっているので、ご近所へ迷惑がかかる心配もありません。

遺骨もきちんと受け取ることができます。

自治体

自治体によっては、愛犬の遺体を引き取ってもらえるところがありますが、民間のペット霊園などと違い、有料ごみという扱いです。

また、専用の火葬ではなく、焼却炉での処理になります。

犬の火葬までの時間

愛犬が亡くなったことにショックで、どのタイミングで火葬を依頼すればいいか悩むところです。

季節にもよりますが、遺体の腐敗を防ぐためにも、通常は亡くなった翌日には火葬することが一般的です。

霊園によっては、遺体の安置を行ってくれるところもあるので、必要であれば確認をしてみてください。

 犬の火葬にかかる時間について

犬の火葬にかかる時間は、その犬のサイズによって違います。

およその目安が、

  • 小型犬(3kgくらいまで)…50分前後
  • 中型犬(7〜10kgくらいまで)…1時間〜1時間15分
  • 大型犬(15〜25kgくらいまで)…1時間半〜
  • 超大型犬(25kg以上)…2時間〜3時間前後

になります。

夏の暑い時期は、火葬炉の冷却に時間がかかるため、上記の時間以上に時間がかかることも考えられます。

犬の火葬が終わるのまでどこで待てる?

ポメラニアン,白黒

犬の火葬には時間がかかります。

立会い個別火葬を選んだ場合のみ、火葬をしている施設内で待つことができ、お骨を拾うことまでできます。

一任個別火葬を選んだ場合、施設内で待つことはできず、お見送りまでになります。

以降に行う、火葬、お骨拾い、納骨などに関しては一任してスタッフに任せるようになります。

ちなみに合同火葬の場合は、スタッフに預けてお見送りするまでとなり、それ以降は関わることができません。

そして、愛犬の遺骨も受け取ることはできませんので、愛犬が亡くなり、火葬を依頼する際には、飼い主さんの都合や遺骨をどうしたいのかなど、後々後悔しないように選択することが重要になります。

訪問ペット火葬のメリットとデメリット

犬の火葬の方法で訪問ペット火葬についてご紹介しました。

移動火葬車が来てくれるのは、火葬場まで行けない事情があるけど、ちゃんと自分が立会い、最期を見届けたいという人には利用したいサービスではないでしょうか。

それでは具体的に訪問ペット火葬のメリットとデメリットを見ていきましょう。

訪問ペット火葬のメリット

  • 火葬場まで遠く行くことができない
  • 火葬場に行く時間がない
  • 最期まで見届けたい
  • 愛犬が慣れ親しんだ場所でお別れができる
  • 家族以外、友人や親戚も参列可能

訪問ペット火葬のデメリット

  • 大型犬の場合、対応外の場合がある
  • 住まいによっては、近所の手前難しく場所を選ぶ
  • 天候により火葬ができないことがある
  • 火葬の加減ミスでお骨が真っ黒になるトラブルが稀にある

それぞれどの火葬方法を選んでも、メリット・デメリットはあるでしょう。

どれが自分に合っているか、よく考えて選んでください。

火葬の際棺に入れて良いもの・悪いもの

どういう火葬を選ぶかは、飼い主さんの思い1つですね。

立会いをするかしないかが、ポイントになります。

そして、火葬前に愛犬に最後のお別れをしましょう。

虹の橋を渡る前、綺麗に棺を飾り立ててあげたいですよね。

棺に入れて良いもの、悪いものには何があるでしょうか。

ボーダーコリー,犬,芝生

棺に入れて良いもの

  • 写真
  • 手紙やメッセージカード
  • 少量であれば、好きだったご飯やオヤツ
  • 淡い色の花

棺に入れて悪いもの

  • おもちゃ(燃やした時、黒煙や臭いが出る原因になるため)
  • 使っていたご飯のお皿など(おもちゃと同じ理由)
  • 洋服やリード、お気に入りのクッション(金具は燃やすのにNG、繊維質は遺骨を取り上げるときに悪影響があります)
  • 濃い色の花(遺骨に色が移ることがあります)

犬の火葬の料金

犬の火葬には種類があることをご紹介いたしました。

そして、それぞれの火葬方法によって、料金も変わって来ます。

また、愛犬の大きさによっても料金が違います。

ご利用になるペット霊園の会社によっても料金は変わって来ますが、だいたいの金額をご紹介いたします。

民間のペット霊園で立会い個別火葬

  • 小型犬…17,000〜25,000円
  • 中型犬…30,000〜35,000円
  • 大型〜超大型犬…39,000〜62,000円

セレモニー会社に任せる一任個別火葬

  • 小型犬…15,000〜23,000円
  • 中型犬…28,000〜33,000円
  • 大型〜超大型犬…37,000〜60,000円

合同火葬

  • 小型犬…12,000〜20,000円
  • 中型犬…25,000〜30,000円
  • 大型〜超大型犬…34,000〜57,000円

訪問ペット火葬

  • 小型犬…15,000〜18,000円
  • 中型犬…22,000〜32,000円
  • 大型〜超大型犬…42,000〜52,000円

自治体

金額設定は自治体によってさまざま。
だいたい数千〜3万円くらいの幅があります。

犬の火葬後、遺骨はどうする?

ボーダーコリー,犬,夕焼け

いずれの方法を選ぶにしても、大抵の場合愛犬の遺骨は、飼い主が受け取る場合がほとんどです。

その後受け取った遺骨の供養方法には、3通りあります。

  • 一時自宅へ引き取り、忌日に改めて霊園に納骨または、埋葬する
  • ずっと自宅へ置いて、自宅供養する。
    (ペンダントなどに加工。
    自宅の庭に埋葬含む)
  • 散骨(樹木葬や海洋葬など)

それ以外にも、分骨をして霊園に納骨して供養してもらいながら、一部を自宅で供養するか、遺骨をダイヤに加工し、ペンダントとして常に身につけるなど、飼い主さんにより様々です。

犬の火葬で起こるトラブルと回避方法

人間のお葬式でも様々なトラブルがあると聞きますが、犬の火葬でも同じことが起こることがあります。

愛犬が亡くなり、動揺と悲しみで冷静な判断が難しい時に、トラブルはやってきます。

まず、起こるトラブルをご紹介いたします。

◆ありえない高額請求

各犬のサイズによって火葬の価格は変わってきます。

広告に載っていた小型犬○○円を信じて依頼したところ、火葬最中に提示された価格は倍以上の金額

聞けば、あれもこれもオプションが勝手についており、様々な言い訳で価格はつり上がっていった様子。

交渉しようにも、支払いができない場合は火葬中断も辞さないという勢い。

お骨はちゃんと拾ってあげたいという思いが強く、結局泣く泣く高額のお金を払ってしまうケースがあります。

◆帰ってきたお骨は愛犬の骨!?

立会いができず、信頼できそうな一任個別火葬をお願いしました。

早く愛犬が我が家に戻ってきて、ゆっくりさせてあげたいと犬用の仏壇を準備して待っていると…

帰ってきたお骨を見て唖然。

うちの愛犬の骨が明らかに小さすぎる…

だからといって、お骨になってしまった今、これはうちの犬の骨じゃないなんて証明もできず、泣き寝入りになることがあります。

◆依頼したプランを間違えられて…

一任する火葬のタイプの中には、お骨を返してもらうプランと、納骨まで全てお任せでしてもらうプランがあります。

しっかりお願いしたつもりでも、スタッフの連絡漏れなどで、お骨を待っても待っても帰って来ず

連絡すると、プランを間違えられ、もう納骨作業に入っているとのこと。

お骨をしばらく家においてあげたかったのにできなかったという、後々まで心に傷が残りそうなミスをされるケースが中にはあります。

犬の火葬でのトラブル回避策

犬の火葬というのは、家族にとって本当にデリケートな時間で、余計なトラブルは絶対に避けたいことですよね。

ほんの少し気をつけるだけで、面倒なトラブルを回避することができます。

確認事項をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

◆犬の火葬業者のサービス内容をしっかり確認

1番困るのは、聞いていた価格と違うということがないか、お骨の受け取りはどうなるのか、オプションで追加料金はどれくらいで、どう基本のプランと変わってくるのか等、事前に確認することが重要になります。

いろいろ質問をしていくうちに、辻褄が合わない説明をしてきたり、面倒くさそうな対応をしてきたりするようであれば、その時点で次の業者を探す方が賢明です。

◆犬の火葬業者の対応はどうか

できれば契約前に、業者さんと直接話ができることが望ましいです。

インターネットやパンフレットには、いいことばかり書かれていたけど、実際業者さんと話をしてみると、明らかにやる気がなさそうだったり、対応がまるで事務的で冷たかったりすることがあります。

また、忙しいのに人手が足りず、丁寧に扱って欲しい火葬が雑に扱われるなどということがゼロではありません。

最初に会話を交わす時の印象が悪いと、後の対応もあてにならないということは多々あります。

まずは信用できるかどうか、話をしてみることは大切です。

◆犬の火葬業者の所在地、連絡先、代表者が明確かどうか

犬の火葬は人間のものと違い、火葬に対しての法律が整っていません。

監督官庁もないのが現実になります。

自治体によっては、それなりの決まり事がある場合もありますが、誰でも火葬業を始めることができるのが現状なようです。

数ある火葬業者の中で、責任持ってきちんと対応してくれる業者を選びたいですよね。

まず、きちんとしている会社は、自分の会社や仕事に誇りを持っていますので、ちゃんと会社の住所・電話番号、代表者の名前を開示しています。

大きな会社であれば、カスタマーサービス専門の電話番号も持っているでしょう。

まずは、連絡先がはっきりしている業者を選ぶことは、トラブルを回避することにつながります。

◆犬の火葬業者の口コミがあるか

最近ではインターネットを利用する人が増え、人の口コミというのが大変役に立ちます。

全ての情報を鵜呑みにするのも危険ですが、あまりにも悪い口コミしかない業者だと、何か問題がある業者と見てもいいのではないでしょうか。

また、新しくできた火葬業者の場合、稀に火葬場ということ自体や、火葬の時の煙や匂いが原因で、近所と揉めていることがあります。

愛犬を平和に見送りたいという思いが強い方は、こういったことにも注目してみてください。

犬の火葬施設のご紹介「大阪・東京・札幌」

それでは最後に、大阪・東京・札幌と3都市にある、犬の火葬施設(斎場)をいくつかご紹介いたします。

参考にしていただければ幸いです。

犬の火葬施設「大阪」その①ペットマザー

火葬から埋葬・納骨まで全てを行ってくれる民間のペット霊園になります。

火葬は、合同から個別火葬まで選べ、一任するか立会いするか、また、家族は3人までお迎えの車に同乗できるなど、さまざまなオプションがあります。
ご希望であれば、総桐の棺もお選びいただけます。

ペットマザー

犬の火葬施設「大阪」その②大阪ペット斎場

火葬から葬儀、供養まで全て行ってくれます。

火葬方法や納骨、葬儀全て細かくオプションで選べ、ホームページにはお見積もりシミュレーションがあるので大変わかりやすいです。

大阪ペット斎場

犬の火葬施設「東京」その①城東動物霊園

こちらの霊園では、基本的に家族が立会いしての火葬になります。

希望であれば、1年ごとの更新になりますが、個別納骨も選べます。

また、webカメラで愛犬のお墓をいつでも見ることができる、とても優しいサービスがあります。

城東動物霊園

犬の火葬施設「東京」その②せたがやペット斎場

こちらの斎場も、火葬から葬儀、納骨まで全て細かくリクエストすることができます。

希望すれば、人の場合と全く同じ葬儀、初七日法要等もしてあげることができます。

遺骨は墓地に埋葬し、一部を分骨する場合、カプセルやクルスたる骨壷なども利用いただけます。

また、24時間体制で電話による相談窓口があり安心です。

せたがやペット斎場

犬の火葬施設「札幌」その①ペット霊園やすらぎの丘

火葬、葬儀、埋葬をそれぞれ、プランを選ぶことができます。

人が亡くなると、棺の中に守り刀を忍ばせますが、犬の場合、安全に虹の橋が渡れるように、お守りを棺に入れてあげることができます

お花も準備できないくらい悲しみにくれていても、こちらではオプションで愛犬に生花を棺に入れてあげられます。

ペット霊園やすらぎの丘

犬の火葬施設「札幌」その②ペットメモリアルZOO

愛犬が亡くなって悲しみで呆然となってしまっている中、こちらのホームページはとてもわかりやすく、火葬から納骨までの流れを確認することができ、電話1つで送迎もしてもらえます。

火葬に関しては、指先やシッポなどの小さな遺骨まで残せる火葬炉を使っています。

ペットメモリアルZOO

犬の火葬施設「大阪・東京・札幌」の自治体

それぞれお住いの自治体のホームページを確認しますと、どこも犬が亡くなった場合、格安で引き取りをしてくれることがわかります。

ただしどの自治体も、民間の霊園と違い、火葬ではなく合同焼却となり、遺骨の返却はありません。

市のホームページによっては、高温での焼却の為、骨は残らず灰になりますと説明があります。

飼い主さんの気持ち1つですが、供養してあげるということを考えるのであれば、ぜひ民間のペット霊園をご利用することをおすすめします。

この記事のまとめ

愛犬の供養。犬の火葬について準備・料金・施設など
  • 愛犬が亡くなったら、死後硬直が始まる前にプラスチックや段ボールにタオルを敷き、寝かせてあげる。(保冷剤・ドライアイスが必要)
  • 愛犬が亡くなったら30日以内に死亡届を提出
  • 犬の火葬方法:立会い個別火葬、一任個別火葬、合同火葬、訪問ペット火葬、自治体
  • 棺に入れて良いもの:写真、手紙やメッセージカード、好きだったご飯やおやつ、淡い色の花
  • 棺に入れて悪いもの:おもちゃ、ご飯のお皿、洋服やリード、お気に入りのクッション、濃い色の花
  • 犬の火葬までの時間:通常は亡くなった翌日には火葬
  • 犬の火葬料金:犬の大きさや選ぶ業者、プランにより変動。自治体が1番安く、数千〜3万円
  • 犬の火葬後、遺骨はどうする?:霊園に納骨か埋葬、自宅供養、散骨
  • 犬の火葬トラブル回避策:火葬業者のサービス内容を確認、火葬業者の対応をチェック、火葬業者の連絡先・代表者などがはっきりしているか、火葬業者の口コミの有無

愛犬の供養。犬の火葬について準備・料金・施設など さいごに

いつかはやって来てしまう、愛犬とのお別れの時。

あなたはどんな風に見送ってあげますか?

またいつか出会う日まで、愛犬が安心して休めるように、バタバタの見送りではなく、出来れば静かにそっと見送ってあげたいですよね。

準備しておくということは、飼い主の優しさでもあります。

どうか、みなさんが望む形のお別れを見つけられますように。