犬の車椅子はレンタル?手作り?犬用車いすの選び方と注意点

犬の車椅子が必要な時とは?

犬の車椅子は歩行困難になった犬の足のかわりになってくれたり、歩行が不安定になって上手く歩けない犬の体を支えて補助をしてくれたりする器具です。

犬が車椅子を必要とするのはどんなときなのでしょうか。

高齢になって足腰が弱くなったとき

老犬になると足腰が弱くなってきます。

体力の衰えから歩く距離も少なくなり、行動範囲も狭くなりがちです。

そのままにしておくと筋力が弱まり徐々に歩行が難しくなっていきます。

多くの老犬は後ろ足から筋力が低下します。

後ろ足で体を支えることができなくなるために歩行困難になります。

歩けなくなると前足の筋肉も衰え始め、やがて立ち上がることもできなくなり、最後には寝たきりになってしまいます。

犬には自分が高齢だから歩けなくなったということは理解できません。

歩きたいのに歩けないことは犬にとって大きなストレスになります。

犬の車椅子で脳を活性化! 寝たきりや痴呆を防ごう!

寝たきりになるのを避けるためには、残された前足の筋力低下を防ぐための運動が欠かせません。

介助用ハーネスなどもありますが、中・大型犬などは飼い主の身体的負担も大きくなります。

犬の車椅子は、下半身を支えて不自由になった後ろ足をカバーしてくれるため、負担なく歩行ができるので前足の筋力を保つことができます。

犬が車椅子を使うことによって、いつものように外出や散歩ができるようになります。

外界の空気に触れられることで犬もリフレッシュされ、飼い主の心身の負担も軽くなります。

外界の刺激は犬の脳を活性化しストレスの解消や痴呆防止にもなります。

病気や怪我で歩行困難になったとき

若年齢であってもヘルニアなどの足の麻痺や不慮の事故などで歩行が困難になることがあります。

話題のカートセラピー(車椅子療法)とは?

最近では術後のリハビリとして車椅子を使うカートセラピー(車椅子療法)も話題になっています。

リハビリとして犬が車椅子を使うと、足を正しい位置に保つことができるため足の神経の感覚を取り戻しやすいのだそうです。

また、車椅子を使うと正しい姿勢をキープしながら歩くことができるため、神経の伝達が良くなると考えられています。

いつものように歩行ができることで麻痺した部分が刺激を受けリハビリになるといわれています。

犬の車椅子で愛犬と飼い主の元気を取り戻そう!

愛犬の歩行が不安定になってくると無理に歩かせることが辛くなりますね。

可哀想になって動かさないようにすると、他の正常な筋肉も落ちてしまいますます歩けなくなる可能性があります。

また不自由な体での排泄や食事などの介護は、飼い主にとっても心身共に大きな負担になってきます。

車椅子を使うことで愛犬はまた元気に歩く喜びを取り戻すことができます。

また、愛犬に車椅子を使わせることによって飼い主の心身の負担も軽減します。

犬の車椅子は、散歩だけではなく室内での食事や排泄の時などもサポートしてくれます。

愛犬の状態や症状が合えば犬の車椅子も検討してみてはいかかでしょうか。

犬の車椅子の選び方と注意点

歩けない犬の救世主のような車椅子ですが、犬は車椅子が何をするものなのかを理解していません。

犬がうまく車椅子を使いこなすために、車椅子の選び方や使い方の注意点などをお話していきましょう。

犬の車椅子の注意点その① どんな犬でもすぐには使えない!

犬の車椅子はどんな犬でもすぐに使えるわけではありません。

個々の性格によるのはもちろんですが、今まで見たこともない大きな器具に体を乗せられるのですから怖がって当然なのです。

驚いて固まってしまったり、嫌がったりするのは当たり前だと思ってください。

車椅子に乗れてもすぐ歩き始めるとは限りません。

好奇心の強い犬はすぐに走り出したりすることもありますが、一歩も歩けない犬も多くいます。

犬の車椅子の注意点その② 強制的に使わせるのは絶対NG!

飼い主は愛犬の元気に歩く姿を早く見たいために、つい無理強いをしていまいます。

リードを強く引いたり、嫌がるのも構わず長い時間練習させてしまったり、強く叱ったりしてしまいます。

車椅子を強制的に使わせていると乗るのも嫌がるようになりますが、ますます歩くことを拒むようになります。

犬の車椅子の注意点その③ 褒めてご褒美!が成功のコツ

車椅子を使う時間は短時間にしましょう。

まず車椅子に乗れたら思いっきり褒めてご褒美を与えます。

乗るのが楽しくなったらゆっくりリードを引いて誘導してやります。

一歩歩けるたびに“褒めてご褒美”を繰り返します。

車椅子で歩くのが楽しいことだと覚えられたら成功です!

犬の車椅子の注意点その④ 安全管理は飼い主の責任

犬の車椅子は犬が歩行するのを助けるための補助具です。

車椅子に乗ったまま伏せたり横になったりすることはできません。

愛犬が歩かないときは必ず外して体を休めてあげましょう

車椅子を使うときは飼い主が必ず付き添う必要があります。

犬の車椅子の安全管理は飼い主の責任です。

車椅子の選び方

犬の車椅子はレンタル以外すべてオーダーメイドになります。

犬の車椅子には2輪車のものと4輪車のものがあります。

どちらを選ぶのかは歩行困難の状態によって違ってきます。

2輪車 前足の筋力がある犬

前足の筋力が残っているので、後ろ足を支えることで元気なときと同じように歩けます。

椎間板ヘルニア・変性性脊髄症の初期・事故などで腰を持ち上げれば歩ける犬向けです。

後足の状態は軽く引きずるレベルから麻痺して全く動かないレベルまで使えます。

練習して慣れることで自由に動け、前足の筋力が強ければ段差や坂道も上れます。

リードで補助してやるとより上手く歩けます。

4輪車 前後の足が弱くふらつく犬から寝たきりの犬まで

脚腰にある程度力がある場合は、ベルトの調節で筋肉を使うこともできるので全身の筋力アップにつながります。

自ら歩く力を持っていない場合も、地面に肉球を付けて体を起こしてやることができ、車椅子をゆっくり動かしてやることで歩いている感覚を楽しめます。

顔が上がらない場合でも顔を乗せるバーやクッションなどを使って顔を支えてやることができます。

体を起こしている時間を作ってやることで気分転換にもなり、残された機能の維持にもつながります。

寝たきりの犬の場合でも、4輪車なので転倒することがないため、安心して立たせることができます。

歩くというよりは、立たせることで排泄、シャンンプー、爪切り、簡単なトリミングなどが楽に行うことができ、飼い主の負担が大きく軽減されます。

床ずれ防止や気分転換によるストレス解消にも役に立ちます。

※安静を指示されている場合は使えません

車椅子をレンタルするとき

悲しいことですが高齢犬や病気で余命が短い犬の場合、車椅子を依頼しても届くまでに亡くなってしまったり、使用期間が短かったりすることがあります。

そのため犬の車椅子の中古品レンタルができるようになってきました。

使いこなせるか不安なときの試し乗りにもレンタルを利用することができます。

レンタル商品であっても個々によって体型が違うためセミオーダーになります。

また、レンタルの数は少数のため在庫の確認と相談が必要です。

詳しくはそれぞれの工房にお問い合わせください。

歩行器専門店はな工房(レンタル)

クルマイヌ(レンタル)

犬の車椅子を手作りするとき

最近では犬の車椅子を手作りする方も増えてきています。

材料は100均の網板や塩ビの水道管を利用したものなど、身近にあるさまざまなものを利用して作られています。

材料費も安価ですむので器用な方なら挑戦してみるのもいいかもしれません。

但し、愛犬の命を乗せるものですから安全には十分な配慮が必要です。

くれぐれも作り方を過信せず自己責任のもとに作成してください。

手作り犬の車椅子の作り方のサイトや動画をいくつか御紹介します。

犬の手作り車椅子のHPの紹介

犬の手作り車椅子のHPはこちら 

犬の手作り車椅子の動画(YouTubu)の紹介

自作犬用車椅子 原田洋一

老犬介護 歩行器の作り方 hiromi wakita

室内用歩行器の作り方 hiromi wakita

犬の車椅子のおすすめ商品4選

小型犬用

対象サイズ:背丈23~35cm 8kg以下

59,000円(税抜き)

チワワ、ヨークシャテリア、トイ・プードルなど小型犬用の車椅子です。

商品はこちらから

ダックスフンド用

対象サイズ:背丈27~50cm 15kg以下

59,000円(税抜き)

胴が長く、ヘルニアになりやすいミニチュアダックスフンド用車椅子です。

商品はこちらから

中型犬用

対象サイズ:33~65cm 22kg以下

63,000円(税抜き)

コーギー、柴犬、ビーグル、ボーダーコーリーなど中型犬用車椅子です。

商品はこちらから

大型犬用

対象サイズ:背丈50~75cm 30kg以下

79,000円(税抜き)

ゴールデンレトリバー、ダルメシアンなど大型犬用車椅子です。

商品はこちらから

※さらに大きいワンちゃんは特注となりますのでお問い合わせください。

歩行器専門店はな工房はこちらから

※犬の4輪車椅子については”犬の車椅子わんうぉーく”まで

犬の車椅子わんうぉーくはこちらから