飼い主さんだけが知ってる!?犬の寝言について原因と注意点


犬の寝言とは

犬の睡眠は人間同様、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているといわれます。

また、その中で人は夢を見たりするのですが、犬の場合人と違い、言葉を話さないので、昨夜どんな夢を見たなどと教えてくれません。

それでも色々な研究の中で、犬は夢を見ているのではないかという説が多く、その夢の中での出来事から、犬の寝言が生まれているという風にもいわれます。

また、夢をいうのはノンレム睡眠の時にみるのですが、犬は1日12〜18時間睡眠をとっていて、約20分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。

人よりも浅い眠りの犬は、多くの夢を見ているのかもしれません。

犬の寝言と人の寝言

人の場合、特に赤ちゃんなどは、睡眠中にその日あった出来事や、新しく覚えたことなどを頭の中で整理するといいます。

そして最近では、犬も人と同様に、その日あったことなどを、頭の中で整理しているのではと考えられています。

そのため、思い切り体を動かして遊んだ日には、よく寝ながら足をバタつかせたり、寝言でワウワウ吠えるような鳴き声を出すことがあります。

犬の寝言の意味

犬の寝言と一言にいっても、いろんな寝言があります。

吠えている?という場合や、遠吠え、唸ったり、どうも人の言葉を話そうとしている?というくらい、ムニャムニャ言ったり。

それぞれの寝言にはどんな意味があるのでしょうか。

今回は5つの寝言の意味をご紹介したいと思います。

ご自身の愛犬に当てはめてみてください。

犬の寝言の意味①キュンキュンやクーンと鳴く時

寂しい夢を見ているか、飼い主さんに夢の中でも甘えたくてつい、寝言でも鳴いてしまうことがあるようです。

または怖い夢を見て、怖いよ〜という、人が悪夢を見たときにいう寝言と一緒ではないでしょうか。

犬の寝言の意味②唸り声

夢の中で、他の犬、もしくは知らない人に出会い、威嚇していることが考えられます。

これ以上来るな〜!と夢の中で威嚇しているのでしょう。

または、夢の中では少しだけいつもより強い自分になり、狩をしている最中なのかもしれません。

犬の寝言の意味③遠吠え

犬の遠吠えには意味があります。

長いワォ〜ンという遠吠えは、他の犬との意思疎通のためにする場合。

同じワォ〜ンという遠吠えでも、時により、嬉しくてテンションが上がりまくってどうしていいかわからない時もあります。

クンクンに近い、甲高い声の遠吠えは、孤独で寂しいようと訴えている場合。

夢の中での遠吠えがどのタイプのものか聞いてみて、どんな夢を見ているのか想像してみましょう。

犬の寝言の意味④吠える

完全にワンワンと吠えて、足をバタバタさせることがあります。

隣にいた場合、こっちがビックリすることがありますが、完全にこれも寝言です。

足をバタバタさせているのは、苦しくてとかいう病的なことではなく、おそらく夢で、思い切り走り回り、楽しくワンワン吠えているのではないでしょうか。

ドッグランや、思い切り体を動かした日の睡眠によく起こります。

犬の寝言の意味⑤クチャクチャ。
舌をぺろぺろ

気持ち良さそうに寝ている犬が、たまにクチャクチャ、ムニャムニャ音をさせることがありませんか?

そして、最後は舌をぺろぺろ。

まさに、おいしいご飯を食べた後に見せる仕草ですよね。

ただし、犬が舌をペロペロさせるのには、リラックスしている状態の場合と、自分を落ち着かせようとしている場合もあるのです。

もしかしたら、夢の中でいたずらをしちゃって、飼い主さんに叱られ、反省中のペロペロの場合もあるかもしれません。

犬が寝言を言ってる!起こしてもいい?

犬が寝言で唸っていたり、クンクン鳴いていたりすると、悪夢から救ってあげたくて、つい起こしてあげたくなりますよね。

でもそっとしておいてください。

ご紹介したとおり、犬は夢を見ることで、その日あったことを振り返り、学習しているのです。

そんな時にいきなり起こされては、睡眠の妨げになり、犬にとってストレスになってしまいます。

夢の中からいきなり現実世界に戻され、完全に寝ぼけた状態で目を覚ますでしょう。

夢の中にまだいると思っている犬なら、間違ってガブッと飼い主さんを噛んでしまうこともあり得ますので、注意が必要です。

犬の寝言で心配なものはないの?注意する病気はある?

基本的に犬の寝言は心配ないものがほとんどです。

ただ中には、心配しなければならない寝言があるので、ご紹介していきます。

犬の寝言が毎日続き、ひどくなっているようだ

犬は睡眠中、寝言を言ったり、ピクピク体を動かしたりすることがあります。

それ自体は、自然現象ともいえる行動なので、全く問題はありません。

ただほとんどの場合、犬の寝言は毎日ではありません。

それが、毎日寝言を言い、しかも、寝言が多くなっているような傾向がある時には、隠れた病気があり、どこか痛かったりすることから起きることもあります。

基本的に寝言は浅い眠りの時に起こるといわれているので、体調が悪く、深い眠りにつけないということも考えられます。

いつもと寝言の様子が違うようなときは、一度獣医さんに診てもらうことをおすすめします。

犬が睡眠時、寝言を言いながら、いびきをするのは大丈夫?

犬の寝言は問題ありませんが、いびきは問題ありの場合が多いです。

特に、短頭種といわれるマズルの短い犬は注意しなければいけません。

(短頭種の犬には、フレンチブルドッグ、シーズー、ボストンテリア、ボクサー、キャバリアなどがいます)

もともと短頭種の犬は、呼吸がしにくい体型をしています。

いっぱい頑張って酸素を取り込もうと息をするので、常に呼吸筋をフルに使っています。

そのため、筋肉が疲労してしまい、やがて、機能しなくなるという状態になってしまうことがあります。

これには肥満の問題なども関係してきますが、睡眠時にいびきがあったり、呼吸音が苦しそうにガーガーしているようであれば、早期のうちに、獣医さんの診断を仰ぎましょう。

また、短頭種に限らず、気管虚脱(何かしらの原因で器官が潰れてしまうこと)や鼻の病気にかかっている犬も、いびきが目立つ場合があります。

いずれにしろ、今までしていなかったのに、突然いびきをするようになった場合は、念のため、病院へ行くことをおすすめします。

犬が睡眠時、寝言を言いながら痙攣するのは大丈夫?

犬が突然、寝言を言いながら痙攣したらビックリしますよね。

病気かどうか心配になりますが、多くの場合、夢を見ていての動作ですので問題ありません

子犬の場合の痙攣は?

子犬の場合、夢を見ていて起こる痙攣に加え、子犬は毎日すごいスピードで成長しています。

睡眠中でも常に脳から全身にシグナルが送られていて、それが刺激となり痙攣することがあります。

心配になって起こしてしまうと、成長の妨げになりますので、そっと見守ってあげましょう。

犬の病的な痙攣

睡眠中の夢を見ていることから起きるけいれんは、ピクピクという、優しい痙攣になります。

これがもっと、明らかに激しく痙攣をしたり、体が硬直したように、ピンと伸ばしたりした引き付けを起こすような場合は、てんかんや脳の病気の場合が考えられます。

そういう症状があった場合は、早急に病院へ急ぎましょう。