犬と猫が仲良く同居するための方法

犬と猫。アニメなどではよく、仲が悪い対象として描かれることが多いですよね。本当のところどうなのでしょうか?どっちも大好きで、一緒に飼いたいけど難しいの?そんな動物好きのあなたに、犬と猫が仲良く同居するための方法をご紹介いたします! 少しの工夫で楽しいペットライフを送れます。

犬と猫の性質の違い

犬と猫はどちらもかわいい動物ですが、性質は全く違います。

一緒に飼うにはまず、その違いを把握する必要があります。

犬の習性チェック

  • 集団行動大好き
  • リーダーを決め、その人に従う
  • 構ってもらうのが大好き
  • お留守番が大嫌い
  • 走るものをつい、追いかける
  • 嫉妬心メラメラ
  • 忠誠心が高い

猫の習性チェック

  • 単独行動大好き
  • 誰かに従うことはせず、マイペース
  • お留守番は平気
  • 飼い主は主人というより同居人
  • きれい好きで臭わない
  • 夜行性
  • 動くものをつい狩猟したくなる

こう見ただけでも、かなり違うということがわかります。

また犬と猫は、性格だけでなく、食べるものも違うのです。

猫は完全に肉を食べないと生きていけないのに対し、犬は、基本的に肉が必要ですが、そうじゃなくても生きていける雑食性を持ち合わせています。

そのため、必要な栄養素が全く違います。

ドッグフードとキャットフードの成分も違うので、同じご飯を一緒にあげることはできません。

犬と猫の同居の前に必要な事

種類は違っても、飼っていればいずれ慣れて仲良くなるはず!と楽観的に犬と猫の同居を始めてしまっては、予想をしていなかった問題が起きることがあります。

犬と猫を一緒に飼いたいと思ったとき、それぞれのために、きちんと準備が必要になるのです。

それでは、実際どんなことが必要なのかご紹介していきます。

犬と猫がそれぞれ落ち着ける場所を確保

犬と猫の習性が違うのはご紹介したとおりです。

猫は夜行性のため、犬が睡眠中でも動き回ることが考えられます。

睡眠のタイミングが違うため、お互いがストレスにならないように、それぞれ別々にリラックスできる、プライベートな寝床を作ってあげることが大切です。

また、猫は単独で行動することが好きですので、猫の寝床は犬に邪魔されないような場所に作ってあげるようにしましょう。

犬と猫では生活に必要なものが違います

犬と猫では生活に必要なものも違ってくるので、お互い共有できるものは少ないかもしれません。

それぞれに必要なものをリストでご紹介します。

犬の生活に必要なもの

  • サークル(ケージ)
  • 犬用トイレトレー
  • 犬用ベッドやクッションなどの寝床
  • 散歩用のハーネスやリード
  • 犬用おもちゃ
  • 犬用ご飯と食器

猫の生活に必要なもの

  • 猫用の寝床(ベッドやドーム型寝床など)
  • 猫用トイレ
  • 爪とぎ
  • 猫用おもちゃ
  • 猫用のご飯と食器

このように、トイレ1つを取っても、同じトイレでも犬用はトイレシートを使ったトイレトレー。

猫用は猫砂を入れたトイレが必要となり、全く異なるものを準備しなければなりません。

犬と猫の同居がうまくいくかは、飼う順番がとても重要

環境を整え、必要なものを揃えることも大切ですが、犬と猫を同居させる場合、1番気を遣って欲しいのが、飼う順番になります。

もちろんその犬や猫の性格によって、すんなり仲良くしてくれることもありますし、その逆もあります。

ただ傾向として、飼う順番を変えるだけで、うまくいくか失敗するかだいぶ変わってきます。

飼う順番を、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。

1位. 子犬・子猫を同時に飼うこと

子犬と子猫お互いに、社会化期になりますので、一緒に成長することができるので、お互いがお互いを認め合い、一緒に生活することが当たり前なことと、すんなりと受け入れることが多いです。

種を超えた親友になることが多いのも、このケースになります。

2位. 先住犬が成犬で子猫を後から迎える

犬はもともと集団行動をしてきた動物なので、新入りの、特に子猫とあれば、きちんと面倒をみようとする場合が多いです。

犬が雌犬だった場合はさらに、母性本能がありますのでうまくいくことが多い傾向があります。

ただし、子猫から見れば犬は大きいですし、力もあります。

犬にしてみたら遊んでいるつもりでも、猫がケガをしてしまうなどということもあるので、そこは注意が必要です。

3位. 先住猫が成猫で子犬を迎える

犬同士多頭飼いするときなど、先住犬が、新しく来た犬にやきもちを焼くなんて話がありますが、猫は単独行動を好みますので、飼い主さんが新入りの子犬の世話ばかりして〜!とやきもちを焼くという心配はありません。

ただし、猫は自分のテリトリーをとても大切にしますので、好奇心いっぱいの子犬がズカズカ、猫のテリトリーを荒らすことで、猫に相当ストレスがかかる可能性はあります。

お互いが慣れるまでの間は、不用意に子犬が猫の神経を逆撫でしないように、猫から距離を置くような生活をさせることが得策です。

4位. 成犬と成猫になってからの同居

1番難しいケースになります。

どちらも成長しきっているため、自我もありますし、習性の違いがハッキリ現れてしまいます。

あとは犬と猫の性格と相性次第になります。

本当に合わない場合ですと、どんなに時間をかけてもケンカが絶えず、同じ部屋で飼えないという問題が起きてしまいます。

犬と猫の同居の注意点

飼い主さんが、犬と猫の習性の違いをきちんと理解し、また、お互いの性格や相性、同居させるタイミングを合わせることで、犬と猫は、仲良く楽しく同居することは十分可能なことです。

そこで最後に、実際犬と猫が同居するときに、ぜひ飼い主さんに注意してもらいたい項目を5つご紹介いたします。ぜひ参考になさってください。

1. どちらを先に飼うにしても先住者優先で

これは犬同士、猫同士でも同じことですね。

先に住んでいた方を、何をするにも優先させることが大切です。

猫はやきもちを焼くことはないとはいいますが、それ以前に、先に住んでいた主として、敬意を払ってあげることは大切です。

先住者は新入りが来たこと自体がすでに非日常的なことで、精神的にピリピリしています。

そこで、新しい子犬や子猫にばかり構ってそちら優先だと、やはり先住者にストレスがかかります。

2. 仲良くしていると思っても、慣れるまでは目を離さない

見ているところでは、いい距離を保ちながら仲良くしているなと思っていても、同居開始してすぐは、いつ突発的なケンカや小競り合いが起きるかわかりません。

小さな体の猫がケガをしてしまうかもしれませんし、猫パンチで犬が負傷してしまうかもしれません。

完全にお互いが慣れるまで、目を離さないことが大切です。

また、犬と猫に留守番をさせて外出するときは、万が一の事故を防ぐために、別々の部屋や、別々のケージで分けるなど、同じ空間に置かないようにしましょう。

3. 仲良くさせようと焦らないこと

どうも顔をあわせると緊張状態になり、思うように仲良くなってくれないという場合、飼い主さんが焦る気持ちもわかりますが、こればっかりは、無理強いしてうまくいくことはありません。

毎日少しずつ面会の時間を増やしたり、飼い主さんが間に入って遊ばせてみるなど、少しずつ慣らす必要があります。

しかし、それでもダメなことがあるということも念頭においてください。

どうしても性格や相性上、合わないこともあるのです。

4. 猫の爪は要注意!こまめな爪切りをすること

ご存知のとおり、猫の爪は鋭いです。

犬の方は、単純に遊ぼうとして近づいただけなのに、猫パンチの攻撃を受けるということは少なくありません。

ただ、そのパンチが鋭い爪付きで目に当たったりしたら、最悪、犬の目が失明してしまうケガになりかねません。

猫が他の動物と同居する場合は、爪のケアはとても重要になります。

5. ご飯の時間をずらしてあげるなどの工夫が必要

犬と猫が、本当に仲良く問題なく同居している場合は、特に問題にはなりませんが、基本的に動物にとってご飯の時間は至福のときです。

それが、心を許し切れていない相手が隣り合わせでご飯を食べるというのは、お互いに気が気じゃありません。

また、犬と猫では食べる食事内容も違います。

お互いがゆっくり食事を取るためと、どちらかがどちらかのご飯を、横取りして食べないためにも、ご飯の時間はずらしてあげるか、別々の場所であげるなど工夫することをおすすめします。