犬の性格はいつ決まる?犬種ごとの違いや男女別の特徴を紹介


犬の性格はいつ決まるの?

犬の散歩や、ドッグラン、ドッグカフェなどで、いろんな犬に出会うことってありますよね。

時には愛犬と同じ犬種なんだけど、すごくおとなしかったり、やんちゃだったり、それぞれ個性があり、見ているだけで和むのですが、この性格っていつ決まるのでしょうか?

犬の性格を決める3つの要因

犬種が持つ固有の性格

よくいわれるのが「テリア系の犬」ではないでしょうか。

テリア系の犬はもともと狩猟をしていた犬なので、どんなに小さい体をしていても、負けん気が強く、やんちゃな場合が多いです。

また、日本犬は洋犬と違い、誰にでも媚びないなどといいますよね

それらは全て、個々の犬種が持つ固有の性格になります。
もちろん、犬の性格はそれが全てではありません。

同じテリア系の犬でもビビリもいますし、誰にでもシッポを振って、遊ぼ〜と寄っていく日本犬もいます。

ただ、性格の何割かは影響しているといわれます。

親犬から譲り受ける性格

両親を比べると、母犬に似る場合が多い傾向にありますが、影響はさほど大きくないようです。

どれくらいの期間、母犬と一緒に暮らしたかによっても変わってきます。

それは、子犬は成長する過程で、母犬の後を追い、母親を見ていろいろなことを学習しますので、例えば、ペットショップから迎えた子犬なら、さほど母犬と生活することなく離される場合が多いので、親犬からの影響は少ないと思われます。

育った環境(特に社会化期)

犬の性格が決まるのに、1番大きく影響するといわれるのが、この育った環境になります。

特に社会化期といわれる生後2〜4ヶ月がとても重要といわれます。

この時期に、いろんなものを見たり、聞いたり、匂いを嗅いだりという経験を持たずに育つと、臆病になったり、恐怖のせいで自己防衛のために、荒い性格になってしまったりします。

そして、飼い主さんにどう育てられたかも大きく左右します。

元々の性格プラス、飼い主さんがいつもスキンシップを大事にし、とにかく犬を褒め、いつも笑っているような人の下で育つと、犬もポジティブで楽観的になることが多いです。

そして、とにかく甘やかされて育つ犬は、人と同じですね。
わがままな自分1番犬になってしまいます。

また、1人暮らしの人に飼われ、留守番が多い犬は、ストレスを抱えていることが多く、それが影響して問題犬になってしまう場合がります。

犬の性格は男女で違うの?

犬の性格は、性別だけでは決まりませんが、性別により、ある程度性格の差があるのは事実のようです。

男女別の性格の差は、

オス犬の性格

  • 甘えん坊が多い
  • 飼い主を守ろうという意識が強く、やきもち焼き
  • メス犬に比べ、やんちゃ
  • いつまでも子供っぽい

メスの性格

  • 落ち着いている
  • 気が強い場合がある
  • のんびりしている

というような傾向があります。

必ずそうだということではありませんが、オス・メスどっちを飼おうかという時、参考にしてみてはいかがでしょうか。

犬の性格は年齢とともに変わります

人は年をとると丸くなるといいます。

犬の場合も、年をとると性格が変わってくるようです。

それは一概に、全ての犬が穏やかな性格になるわけではなく、様々な変化があります。

例えば、

  • 言うことを素直に聞いてくれる犬だったはずが、頑固になってきた
  • 割とクールだった愛犬なのに、着々と甘えん坊になってきた
  • 何でも興味津々で落ち着きがなかったのに、どっしりと構えるようになった
  • 怒ることがない愛犬だったはずが、明らかに不機嫌になることが多くなった

など、その犬によって様々です。

犬の性格を犬種別でご紹介! やんちゃやおっとりしてるのは何犬?

それぞれの犬によって、性格は千差万別ですが、犬種によって似る傾向もあります。

そのため犬を飼う時には、その犬種が持つ固有の性格を参考に選ぶことが多いです。

それでは犬の性格を犬種別でご紹介していきます。

あなたはどんな犬種と相性が良さそうですか?

元気いっぱいで、やんちゃな犬種は?

その①パピヨン

陽気で活発といったらパピヨンです。

遊び大好きで、子犬の頃は特に、常に動いていたがります。

そして、ただやんちゃなだけでなく賢いので、メリハリのある遊びをしてくれます。

その②ラブラドールレトリバー

盲導犬や介護犬で知られるラブラドールレトリバーですが、そういう仕事をする姿からのイメージで、おとなしい犬と思っていませんか?

実は、いつまでもやんちゃな子供のように、元気なのです。

人が大好きで体力もあるやんちゃ犬なので、一緒に遊んであげる人の方が、バテてしまうほどです。

その③ジャックラッセルテリア

テリア系の犬種の中でもやんちゃといわれるのが、このジャックラッセルテリアになります。

小さな体には似合わず、とても体力があり、好奇心旺盛に何でも向かっていく度胸があります。

おっとり穏やかな犬種は?

その①マルチーズ

年配の方でも飼えるといわれるのがマルチーズです。

特技は「抱っこ」というほど人に甘えるのが得意で、小型犬の中でも、運動量を必要とする犬種でもないので、室内で静かに過ごせる犬種になります。

比較的、のんびりしていてキャンキャン吠えることもありません。

その②シーズー

中には活発で困るというくらい元気なシーズーもいるようですが、基本的にシーズーは穏やかな性格が多いです。

無駄吠えや噛み癖もありません。

人にべったりというより、好き勝手に室内を動き回ることを好みます。

その③バセットハウンド

見た目どおり、マイペースでのんびりしている犬種がこの、バセットハウンドです。
犬の中では1番温厚なのでは?といわれるくらいのんびりしています。

相手が他の人や犬、動物でも一切動じません。

犬の性格は飼い主に似るって本当?

長年愛犬と一緒に生活していると、「あれ。
私に何か似てる」と思うことや、誰かに「飼い主そっくり〜」なんて指摘されたことはありませんか?

犬と飼い主の性格は、一緒に生活していく中で似てくるということがわかっています。

犬は飼い主の背中を見て育ちます

犬は、一緒に暮らす飼い主を常に見て生活をします。

そして飼い主さんの真似をすることで、コミュニケーションを取ろうとします。

そのため、似たような動作をすることで、自然と飼い主に似てくるのです。

そして、運動好きなアクティブな飼い主さんの犬は、毎日一緒に運動することが日課になっているので、犬も同様にアクティブになるでしょう。

逆に、インドアな飼い主さんの犬は、マイペースにカウチに寝そべるのが好きといった具合に、飼い主さんの生活スタイルはそのまま犬の生活に反映されます。

犬は飼い主の性格を映す鏡

犬は人の気持ちを読み取ることが得意です。

まして、大好きな飼い主さんの気持ちの変化にはとても敏感です。

そのため、飼い主さんが物怖じしない大らかな性格の人の場合、犬も小さなことを気にしないのんびりした性格になることが多く、逆に、愛犬をかわいがるあまり、散歩中、他の犬に出くわすたび、「噛み付いてこないでよ〜」とドキドキしているような飼い主さんの犬は、そんな飼い主さんの気持ちを察し、犬も同じように不安になり、時にその犬に向かって吠えてしまうことなどあるようです。

そういう風に、犬が繰り返し飼い主さんの気持ちに触れ続けることで、そのたび犬はその感情に反応し、結果的に、犬の言動が飼い主さんに似てくるのです。

犬と飼い主が似るのは単純接触効果のせい

世界的にも研究されている題材ですが、日本では2009年、心理学者の中島貞彦氏の実験で、人と犬は一緒にいる過程で似てくるのではなく、人は無意識のうちに、自分に似ている物や動物を選んでいるということがわかりました。

それを、単純接触効果といい、もともと似ている犬を飼い主が選び、さらに一緒に暮らすことで、犬は飼い主の仕草を見て、同じようにしようとするので、お互いが似てくるのは必然的なのかもしれません。