犬のお留守番は長時間でも大丈夫?ストレスの少ないお留守番の方法やしつけ方をご紹介!


お留守番のしつけ方 (単日・短時間の場合)

最初から上手に長時間のお留守番ができる犬はいません。

特に終日人がそばにいる家で飼われている犬に、いきなり長時間のお留守番をさせるのはNGです。

急に一人にさせられた不安から留守中にずっと吠え続けたり、ストレスからイタズラやマーキングなどの問題行動をおこしたりします。

まずは短時間のお留守番から始めましょう。

お留守番のしつけは犬を家に迎えてすぐに始めるのがベストですが、途中からでも根気よく少しずつ慣らしていけばお留守番も上手にできるようになります。

1:出かけるフリをする

外出の支度をして犬の前から姿を隠します。

または家を出るフリをします。

飼い主の姿が見えない不安から、吠えたりウロウロしたりすることがありますが、声をかけたりなだめたりしないで黙って姿を隠しましょう。

2:最初はすぐに戻る

最初は隠れてから10秒くらいですぐに戻ります。

戻るときも黙ってもどりましょう。

戻るときに犬が吠えていたら戻ってはいけません。

吠えているときに戻ると、犬は吠えることで飼い主が戻ってくると思い込み、飼い主がいなくなると吠えるという悪い習慣がついてしまいます。

3:戻るまでの時間を少しずつ延ばす

姿を隠す時間を10秒から1分、5分、10分、20分と徐々に長くしていきます。

日にちをかけてゆっくりと練習することで、犬は飼い主が出かけていなくなっても、必ず帰ってくることを理解するようになります。

この理解ができていれば、出かける時の「行ってくるよ」や出迎えの時の「ただいま」などの声かけも留守番をさせることへの弊害にはなりません。

犬との楽しいコミュニケーションを我慢して止める必要はありません。

最終的には4~5時間程度のお留守番ができるようになれば成功です。

これで急なお出かけや家族との外食、お買い物などにも安心して犬にお留守番をさせておくことができます。

お留守番のしつけ方 (連日・長時間の場合)

夫婦共働きや家族が全員仕事や学校などで、毎日長時間犬にお留守番をさせなければならない家庭も増えてきました。

飼い始めてすぐの子犬に長時間のお留守番はできません。

子犬にとって慣れない家での長時間のお留守番、しかも毎日となると大きなストレスになります。

トイレの認識、食事や散歩のリズムが整うまでは、家族の誰かが仕事をセーブするなどして子犬のそばで世話をしてあげるのがベストです。

その間に短時間のお留守番ができるようにしておくと、長時間のお留守番への移行がスムーズに進みます。

それが不可能であれば、ある程度のイタズラや無駄吠え、排泄の失敗などは覚悟して慣らすしかありません。

犬が不安を感じることなくリラックスして長時間のお留守番ができるために、事前に出来るようにしておくことや、お留守番のための準備や注意点などについてお話していきましょう。

日常にケージやクレートを使う

長時間のお留守番が出来るようになるには、まず犬に安心して過ごせる居場所を与える必要があります。

部屋でフリーにしてやると自由で喜びそうですが、野生の頃は穴蔵を寝床にしていた犬にとって、広い部屋に一人だけにされるのは不安で落ち着きません。

ケージやクレートを用意して日頃から寝床として利用し、そこが一番安全で落ち着く場所になるようにしておきましょう。

留守番の時だけゲージやクレートに入れると、ゲージ・クレート=閉じ込め=留守番=恐怖となり逆効果です。

お留守番が長時間になりますから、家の中を荒らしたりせず、トイレトレーニングも出来ているときは扉を開けておいてあげましょう。

心配なときは広いサークルで囲って中にクレートとトイレトレーを置いてやるといいでしょう。

一人遊びが出来るようにする

犬はかつて群れで暮らしていたため一人でいることがとても苦手です。

長い時間一人でいても寂しがらないようにするには、一人でいることに慣れさせる必要があります。

四六時中犬を構うのではなく、好きなおもちゃなどを与えて一人遊びをさせましょう。

特に子供は可愛さから1日中犬にべったりになりがちです。

毎日意識的に一人遊びさせる時間を作るようにしましょう。

家族と犬は依存ではなく共存の関係であることが大切です。

室内環境を整える

長時間のお留守番ではサークル内にベッドかクレート、水、トイレトレーなどを置きます。

飼い主の匂いのするタオルや、お気に入りの毛布などがあれば一緒に入れてやると安心して過ごすことができます。

部屋の空調には特に気をつけましょう。

夏の高温時や冬の厳寒期にはエアコンを使い温度調整をする必要があります。

サークルの扉をオープンにしている場合は、電気コードや薬品など口に入れると危険なものや、部屋中の壊されそうなものはすべて片付けておきましょう。

出掛ける前に散歩をする

朝、お留守番させる前に一緒に散歩に出かけましょう。

犬にとって大好きなお散歩はストレスの解消になります。

飼い主との楽しい時間を持てる満足感から、長時間のお留守番も嫌がらずに出来ることが多いようです。

もう一頭犬を飼う

住環境や経済的に余裕があれば、もう一頭犬を飼うことも長時間のお留守番には効果的なことがあります。

日頃から2匹で寝たり遊んだりするのでお留守番が長くなっても寂しさを感じません。

仲間がいることで不安もなく精神的にも安定します。

これで安心!?お留守番に便利なお助けグッズ!

愛犬見守りカメラ

長時間のお留守番では、今頃どうしているだろうと心配になったりしますね。

そんな時に便利なのが、スマホから遠隔操作でリアルタイムに愛犬の様子を確認したり、声をかけたりすることができるカメラです。

リモートカメラ付き自動給餌器

仕事などで帰りが遅く夜のご飯時に帰宅出来ないときに、あらかじめ決めておいた時間に餌が自動で出てくる便利グッズです。

同時に給水器も取り付けると、いつでも新鮮な水を飲むことができるので安心です。

リモートカメラ付きなので愛犬の様子を見たり、声をかけたりすることができます。

✳どちらも声をかけることができる機能がついていますが、飼い主の姿がないのに突然マイクから声が聞こえてくると、犬は喜ぶよりむしろ怖がるかもしれませんね。
マイクは犬の反応を見ながら臨機応変に使いましょう。

最後に・・・

犬のお留守番のさせ方や、お留守番のできる時間などは各家庭の環境や犬の種類や性格によっても違ってきます。

長時間のお留守番でも、すぐに慣れて平気な犬もいれば、なかなか慣れずに苦労する犬もいます。

お留守番のしつけや準備の基本はどの犬でも同じですが、必ずしも同じように出来るとは限りません。

今は留守番に慣れない犬の行動に、驚かされたり、あきれたり、慌てたりしていても、どんな犬も年を経るごとに落ち着いて静かにお留守番ができるようになります。

焦らず優しく見守りながら我が家にぴったりなお留守番のカタチを見つけて下さい。