キースホンドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

キースホンドの基本情報

キースホンドはオランダ原産の犬種です。

かつては船舶の番犬として長い間活躍してきましたが、現在ではオランダを代表する国犬に指定され、世界中でペットとして親しまれています。

オオカミのような毛色を持つことから「ウルフ・スピッツ」とも呼ばれています。

キースホンドの歴史

キースホンドの歴史

~ルーツ~

キースホンドの起源ははっきりしていませんが、18世紀以降から原産国オランダでライン川を航行する船の番犬として使われてきました。

スピッツ系に属する犬種ではないかと考えられており、フィニッシュ・スピッツやチャウチャウ、サモエドなど が掛け合わされて作出されたと考えられています。

18世紀ごろのオランダでは、フランス革命に先行して王室と愛国党との間に争いが起こっており、キースホンドはこの争いに巻き込まれることになります。

当時、愛国党のリーダーだったケース・ド・ギズラーという人物が飼っていた犬「キースホンド」が革命のシンボルとして掲げられていたのです。

しかし、愛国党の敗退によってキースホンドを処分する支持者が増えていき、さらにライン川を航行していた船が大型化していったため次第にキースホンドは活躍の場をも失っていったことで、絶滅寸前まで追いやられることになりました。

幸いにも少数の船乗りや農家の人々によって長い間細々と飼育されていたため、交雑によって大きく姿を変えることもなく絶滅を免れることができました。

さらにキースホンドを救うためにバン・ハルデンブルック男爵夫人によって繁殖活動が行われました。

こうした経緯のもとイギリスやアメリカへ渡り、原産国よりも先に犬種として公認された後、1933年にオランダのケンネルクラブでも公認されることとなりました。

キースホンドの歴史

~ポメラニアンとの関係は?~

キースホンドは、人気犬種のポメラニアンを大きくしたような姿をしています。

ポメラニアンの起源も定かとはなっていませんが、祖先犬はスピッツ系に属するサモエドだと言われており、キースホンドと同じ祖先犬を持つためだと考えられます。

他にも、キースホンドはポメラニアンの祖先にあたる犬だという説、キースホンドが作出される際にポメラニアンが掛け合わされたという説などもあります。

いずれにしても、キースホンドとポメラニアンには誕生ルーツ上に関係があったことが伺えます。

キースホンドの特徴

  • ポメラニアンを中型犬にしたような姿
  • あだ名は「スマイリングダッチマン(笑顔のオランダ人)」
  • 豊富な毛に覆われている
  • 毛色はウルフグレーのみ

キースホンドの特徴

~大きさや身体的特徴~

キースホンドは、体高43~46cm体重20~25kgの中型犬です。

体高と体長がほとんど同じ正方形に近い胴体で、がっちり体型の丈夫な体を持っています。

小さく三角の立ち耳に小さな目、口角が上がって笑ったように見える顔から「スマイリングダッチマン(笑顔のオランダ人)」という異名を持ちます。

キースホンドの特徴

~毛質や毛色~

キースホンドは全身を豊富な毛量に覆われていて、巻き上がった尻尾と首回りの飾り毛が特徴的です。

寒さから体を守れる綿のような下毛と、硬めで長い直毛のダブルコートになっています。

毛色はウルフグレーのみが認められていて、全身は毛先が黒いシルバーグレー、口・耳・目の周りはダークです。

尻尾の先は黒く、腹部や大腿部・しっぽの下部は薄いシルバーグレーとなります。

目の周りにはクリーム色が入っていて、メガネをかけているようにも見える特徴的な模様をしています。

キースホンドの性格・気質

  • 愛情深く優しい犬
  • 飼いやすくしつけやすい
  • 本来の「番犬」よりも「愛玩犬」向き
  • 攻撃性や闘争心が少なく穏やか

キースホンドの性格・気質

~飼いやすさは抜群~

一見するとオオカミに似たキースホンドは怖い印象を受けることもありますが、実際はその逆の性格を持っています。

明るく社交的で、飼い主家族に対して愛情深く、ぴったりくっついて来るような甘えん坊です。

飼い主への忠誠心や感受性も強いのでしつけやすい犬種でもあります。

他の動物や小さな子どもさんとも家族と認めれば仲良くなることができますし、忍耐強いので遊び相手にもなってくれるでしょう。

キースホンドの性格・気質

~番犬よりも愛玩犬向き~

注意深いため見知らぬ相手に対しては距離を置いて接することがありますが、怪しいと感じた場合には警戒心を見せることもあります。

それでも闘争心や攻撃性は少なく、基本的には穏やかに過ごしていたい性格をしています。

個体によっては、見知らぬ人に対しても愛想を振りまくようなことも少なくないようです。

番犬として活躍してきた歴史を持ちますが、飼い主と一緒にのんびりと過ごしたり遊んだり平和に過ごすことを好む性格でもあるため、番犬よりも愛玩犬としての資質が強いようです。

キースホンドの飼い方・しつけ

キースホンドの飼い方①

~飼育環境は?~

キースホンドは、分厚い被毛を持っているため暑さに弱い体質をしています。

涼しい気候の地域であれば屋外で過ごすこともできますが、基本的には温度管理ができ、人と一緒に過ごすことのできる室内での飼育をおすすめします。

かつては船の上など広くない場所で暮らしていたこともあり、都会やマンションなど飼育スペースが限られる場所での飼育もできるでしょう。

室内飼育する場合には、関節を傷めないよう滑りやすいフローリングには、絨毯や滑り止めマットを敷いて快適な環境を整えてあげましょう。

キースホンドの飼い方②

~運動量は?~

室内で飼育することが好ましい犬種ではありますが、太りやすい体質を持っています。

室内飼いの場合運動不足になりやすいため、体重管理に気を付けてしっかりと運動させてあげましょう。

散歩は1回30分以上、1日2回連れて行ってあげましょう。

室内でもボールやロープを使った遊びや精力的に動くゲームなどを取り入れてあげると良いでしょう。

キースホンドのしつけ

キースホンドはしつけの飲み込みが早く、飼い主への忠誠心もあるため非常にしつけやすい犬種です。

それでもやや神経質な面があり、知らないことに遭遇すると吠えかかるようなことがあります。

そんなキースホンドには、

・飼い主がリーダーとなってキースホンドを導いてあげること

・子犬のころから様々な経験をさせて社会性を身に付ける

この2つを特に意識してしつけを行っていきましょう。

キースホンドのお手入れ

キースホンドのお手入れ①

~抜け毛は多い?体臭は?~

キースホンドはダブルコートのため、抜け毛が多く換毛期にはかなりの抜け毛があります。

毛玉になることもあるため、少なくても週3~4回、換毛期にはできるだけ毎日ブラッシングしてあげましょう。

豊富な被毛が密生しているため、ラバーブラシやピンブラシ、コームなどを使い分けて根元から丁寧にブラシをかけて皮膚の清潔を保ってあげましょう。

また、キースホンドは体臭がほとんどない清潔な犬種です。

室内でも飼いやすいと言われるポイントです。

シャンプーは、長毛の犬種ではありますが体臭がないため月1回程度で良いでしょう。

お手入れを怠ると皮膚疾患にかかりやすい傾向があります。

こまめなお手入れで予防してあげましょう。

キースホンドの注意する病気

キースホンドの平均寿命は、12~14歳と言われています。

年齢を重ねるにつれて様々な疾患になることが考えられますので、健康管理をしっかりと行っていきましょう。

キースホンドの注意する病気①

~股関節形成不全~

股関節形成不全は先天的な病気で、股の関節が異常に変形している状態のことです。

成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

キースホンドの注意する病気②

~てんかん~

遺伝的に神経系に異常があると「てんかん発作」を引き起こすことがあります。

倒れ込み、泡をふく、痙攣するなどの激しい発作を起こしますが、収まった後には何事もなかったかのように元通りになることが多いです。

治療では、抗てんかん薬を投与する内科治療が必要となります。

発作が起こった時の動画を撮影しておくと、動物病院での診察でてんかんの原因や症状を明確にすることができます。

キースホンドの注意する病気③

~アトピー性皮膚炎~

アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因を持つ犬に見られるアレルギー性皮膚炎のことです。

遺伝的にアレルギー反応が現れやすい傾向を持っている犬が、環境中のアレルゲンや食物アレルゲンを吸入・摂取することによって発症します。

激しい痒みを伴い、発疹などで皮膚が荒れ、慢性化すると膿皮症や脂漏性皮膚炎などの二次的皮膚疾患を引き起こします。

治療は、炎症やかゆみを抑えるための薬物療法が基本となりますが、アレルゲンの特定と回避することも必要となってきます。

予防はできない病気ですが、飼育環境・室内を清潔に保つ、体の手入れをこまめに行うなどしてアレルゲンを少しでも減らすようにしてあげましょう。

キースホンドの子犬の販売価格と入手方法

キースホンドの子犬の販売価格は、だいたい25万円前後です。

しかし、キースホンドは日本では馴染みが薄く飼育頭数も少ないのが現状です。

ペットショップで見かけることもなく、子犬を見つけるには苦労するかもしれません。

国内のブリーダーさんも少ないので、飼育を考えているのであれば予めリサーチしておき、コンタクトを取っておくことをおすすめします。

他にも、輸入によって入手する方法があります。

大手ペットショップなどでは代行輸入をしている店舗もありますので、一度相談されてみると良いでしょう。

また、個人で輸入する場合には、検疫検査など輸入に関する手続きがとても煩雑です。

詳しい内容は農林水産省のホームページに掲載されているので、輸入による購入を考えている場合には確認しておきましょう。

キースホンドについて さいごに

キースホンドは飼いやすくてしつけやすいペットとして完璧な犬種だと言えるでしょう。

それにも関わらず日本での飼育頭数が少ないのが残念ではありますが、今後の知名度と人気に期待していきたいですね。

一般的な犬種ではないため、飼う際には事前に、キースホンド飼育経験者や動物病院などで飼育やしつけのアドバイスがもらえるようにリサーチしておくことをおすすめします。