犬に元気がない時、考えられる原因ごとに対処法を解説


犬

犬に元気がないとき

単純に、犬に元気がないといっても、いろいろな症状があります。

いつもみたいに家中を元気よく走らないけど、食欲はあるという場合や、寝てばかりで食欲さえもないのか、食事もしたがらないなどケースは様々です。

いずれにしろ犬は、本能的に体調が悪かったとしても、とにかくそれを隠そうとします。

なので、飼い主さんの目から見て、元気がないとわかるときには、必ずそこには何か元気がなくなる原因があります。

まず、愛犬の普段の行動をよく観察し、些細な変化にも気づけるようにすることが大切です。

犬に元気がなくなる理由として考えられるのは、

  • 体調不良
  • 体のどこかにケガをしている
  • 精神的に不安定
  • ストレスがある

などが原因として考えられます。

また、シニア犬になってくると若い頃と違い、動きも鈍くなってきますし、睡眠時間も長くはなります。

でもそれと、元気がなく動きたがらないというのは全く違います。

シニア犬になってくると、体調の変化に気づくのが難しくはなりますが、それでも犬が出すサインは何かしらありますので、十分観察をすることです。

よくある症状毎に、原因と対処法をご紹介していきますので、愛犬に元気がないなというとき、ぜひ参考になさってみてください。

犬に元気がないけど、食欲はある

犬に元気はないけど、食欲はあるという場合、考えられる原因がいくつかあります。

多い原因としては、

  • 夏バテ
  • 関節炎
  • 体のどこかにケガをしている

などがあります。

犬の健康チェックポイント!

まず、体全身をくまなく触ってみて、どこか痛がるようなところがないかをチェックします。

そして、関節をゆっくり曲がる方向に曲げてみて、痛がらないかみてみます。

また、季節的に夏バテの時期であれば、犬の人同様、夏バテになりますので、それらの原因も疑う必要があります。

同時に、毎日のおしっことうんちの状態も確認してみて、おしっこの量の増減や下痢がないかもチェックします。

漠然と元気がないだけに見える場合、1週間ほど様子を見て、食欲が落ちてきたり、症状がやはり回復しないときは、病院に連れて行くようにしましょう。

犬に元気が無く、食欲もない

犬によっては結構なグルメ犬で、同じご飯でも、「飽きた〜!違うの食べたい」と、ご飯を食べることをボイコットする犬も存在します。

ただしその場合、ご飯は食べませんが、元気はあります。

問題は、元気がなく、ご飯も食べないことです。

この場合多い原因は、

  • 消化器系の病気(胃や腸、腎臓、膀胱など)
  • 歯周病や虫歯
  • 精神的ストレス
  • パルボウィルス・ジステンパーなどの感染症

などがあります。

犬の健康チェックポイント!

まずは、わがままで食べないのか見定める必要があります。

また、下痢や嘔吐はどうでしょうか。

元気が無く、食欲不振で嘔吐や下痢があるという場合は、多くの場合、何かしらの病気になっています。

ときに、急を要する状況の場合もあるので、そういった場合は迷わず、病院へ急ぎます。

嘔吐と下痢など、食欲がない以外症状がない場合は、ドライフードをお湯でふやかしてあげてみましょう。

粒が大きすぎて食べられなかったりする場合があるのと、犬の口内環境が悪く、歯周病や虫歯に侵されている場合、食べたくても食べられないということがあります。

そのため、まず、柔らかくしたら食べられるのかをチェックしてみます。

同時に、犬の口内の臭いや歯の状態もチェックします。

また犬はとてもデリケートです。

環境が少し変わっただけでも、犬によってはストレスで、ご飯が食べられなくなることがあります。

新しい家族が増えたり減ったり、引っ越したなどという場合、犬のストレスから、食欲不振になっていることも考えられます。

思い当たる場合は、犬がその環境に慣れるまで、いつも以上にスキンシップをとったり、散歩を少し長めにしてあげるなど、犬がリラックスできるようにしてあげましょう。

犬に元気がなく震えている(しっぽが下がっている)

犬に元気がなく震えているには、必ず震える原因があります。

単純に寒かったり、怖がっている場合であれば、その問題が解決すれば自然と震えは止まります。

問題は、震えが止まらず、元気がないときです。

多い原因としては、

  • 椎間板ヘルニア
  • 発熱
  • ケガ
  • ウィルス感染症
  • 熱中症

などがあります。

犬の健康チェックポイント!

基本的に、寒くもないのに震えているというのは、正常ではありません。

元気がなく震えている以外に症状はありますでしょうか。

ここで、嘔吐や下痢、食欲不振などもある場合は、ウィルス性の感染症やその他の内臓疾患を患っている可能性があるので、急を要することが多いです。

震えだけの症状の場合でも、熱中症や発熱があることがあり、獣医さんの診察が必要になります。

また、愛犬が突然元気がなくなり、震え出したなどというときは、椎間板ヘルニアになっていることがあります。

痛みのあまり震え出すことが多く、抱こうとするとキャンと鳴いたり、攻撃的になることもあります。

椎間板ヘルニアの場合、とにかく早急な治療が必要になりますので、体のどこかを痛がる時などは、様子を見ることなく病院へ急ぎます。

犬に元気がなく、寝てばかりで動かない

犬は普段からよく寝ています。

寝ること自体は、何も問題がないように思えますが、明らかに、前よりもダラダラ気怠そうに寝ていたり、寝そべったまま動かなくなったりするときがあります。

起きているときに元気があり、食欲もあるのであれば、様子を見てもいい場合がありますが、心配しないといけない原因があることもあるのです。

心配なのは、

  • 甲状腺機能低下症
  • 体を動かすと痛い(関節炎やケガなど)
  • 心疾患
  • 消化器疾患

などがあります。

犬の健康チェックポイント!

寝てばかりで動かず、元気がないという以外の様子はどうでしょうか。

大好きな散歩も行きたがらないなどありますか?

まず全身を触ってみて、痛がる箇所がないかをチェックします。

次に、毛並みを見ます。

ツヤがなくなったり、抜け毛が増えている場合には、甲状腺機能低下症になっている場合があり得ます。

また、心疾患を患っていると、体を動かすと息苦しくなったりするため、犬は自然と寝て動かないということが多くなります。

目に見えて、寝てばかりという以外の症状が見当たらない場合でも、初期の病気が隠れている場合もあります。

明らかに、気怠そうにしていることが多い場合、一度病院での検査をすることをおすすめします。

まとめ

犬は限界まで、元気なフリをします。

私たちから見て、元気がなさそうというときは、その判断は間違っていないことが多いです。

どこかしら調子が悪いことが多いです。

犬が出す小さなサインを見落とさないように、様子が違うというときは、早期発見のためにも病院へ受診するようにしましょう。