犬と一緒に飛行機に乗るときの注意点


飛行機

犬を飛行機に乗せるには

犬を飛行に乗せる前に健康チェック!

犬を飛行に乗せるとなったとき、まず第一に、犬の健康状態のチェックをしましょう。

例えば、国内線の移動で短時間だったとしても、犬にとっては知らない空間で、初めて聞く音や気圧の変化で、相当のストレスがかかります。

そのため、万全な体制で飛行機に乗せられるように、軽くでも検診を受けることをおすすめします。

また、生後4ヶ月までの子犬と、7才以上の犬の場合、体力的な問題も出てくる場合があるので、主治医に必ず確認をしましょう。

犬をクレートやキャリーバッグに慣らす

犬を飛行機に乗せる際には、貨物室に預けるにしても、機内に持ち込みするとしても、いずれの場合でもクレートやキャリーバッグに入った状態で、長時間おとなしくしていてもらうことになります。

犬自身のためにも、事前にクレートやキャリーで過ごすことに慣らしておくことで、少しでも移動のストレスを軽減してあげることになります。

また、乗る航空会社によって、指定しているクレートやキャリーバッグの大きさが違いますので、ホームページなどで確認するようにしましょう。

犬と飛行機に乗るとき

では実際犬と飛行機に乗るとき、どのような手続きをし、どんなことに気をつけたりしたらいいでしょうか。

事前にいろんな情報を集めておくことは、いろんなことに柔軟に対応でき、パニックになることを防ぎます。

飼い主が焦ってパニックになると、犬もその焦りを感じ、緊張し始めてしまいます。

今回は、いろんな犬と飛行機移動に関しての疑問を、質問形式でご紹介していきます。
ぜひ参考になさってください。

Q: 犬は機内持ち込みにできる?犬も一緒に座席に座れる?

国内線では、犬を機内持ち込みできる航空会社はありません。

ただ最近ではANAやJALでは、不定期のチャーター便で行けるツアーなどがあり、それらの利用の場合のみ、愛犬を機内持ち込みすることが可能です。

国際線の場合、日本の航空会社はできませんが、海外の航空会社は、犬のサイズにより、機内持ち込み可能になります。

愛犬が条件に合う場合、規定サイズのソフトキャリーバッグに入れた状態で、座席下に置いて、一緒に移動することができます。

ただし、行く先の国によっては、全犬種が貨物室に預けなければならない場合もありますので、注意が必要です。

(ハワイやオーストラリア、イギリスは、航空会社に関わらず、貨物室預かりになります。

Q: 犬と飛行機に乗るときの手続き方法は?

犬と飛行機に乗る際には、ご自身の飛行機のチケットを購入するときに、犬を連れて行くことを航空会社に伝え、予約をすることが必要になります。

各航空会社で、犬を預ける時のルールが違いますので、よく説明を聞くようにしましょう。

また、同意書に署名を求められることもあります。

Q: 犬を飛行に乗せるときの費用は?

国内線の場合は、距離によって変わりますがだいたい3,000〜6,000円くらいになります。

国際線の場合は、航空会社や移動距離によって金額は変わりますが、最低20,000円〜になります。

Q: 死亡事故があるって聞くけど、犬を飛行機に乗せるリスクは?

飛行機に犬を預けたら死んでしまった、などという事故の話は都市伝説ではありません。

航空会社もいろいろな問題点を改善してはいるのでしょうが、やはり犬の死亡事故は今も時々起こります。

特に夏の事故が多いです。

それは、貨物室に入れるまでの待機時間を外に放置され続け、暑さのために熱中症になってしまうケースや、過度のストレスで体調を崩してしまう場合があります。

特に、短頭犬種は呼吸困難などになりやすいため、事故防止のため、航空会社によっては飛行機に乗せないという場合もあります。

飛行機での移動は、犬にとっては体力に負担がかかることは必須です。

気圧の変化や興奮により、心臓に無理をさせてしまうことも死亡事故に繋がります。

Q犬を飛行機に乗せるとき、精神安定剤を飲ませるといい?

もし愛犬を座席に持ち込みできるなら、飼い主さんの目が届くところで、愛犬を管理できますので、精神安定剤を飲ませることで、犬の眠気を誘い、少しでもリラックスさせることが可能になるので、獣医さんに相談してみるのもいい案でしょう。

ただ、貨物室に預ける場合であれば、愛犬がどういう体調でいるかが見えませんので、おすすめしません。

薬を飲んだ後、体温が下がる場合があり、仮に貨物室が寒かった場合、命に関わることも起きますので危険です。

Q犬を機内に持ち込める航空会社はどこ?

国内線は全て、犬を機内に持ち込みすることはできません。

国際線の場合、特に欧米の航空会社は犬の大きさによりますが、機内に持ち込める場合がほとんどです。

フライト便(コードシェア便)や季節によって条件が変わる場合もありますが、以下の航空会社はその一部ではありますが、犬の機内持ち込み可能になっています。

  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空
  • アメリカン航空
  • エア・カナダ
  • スカンジナビア航空
  • オーストリア航空
  • スイスインターナショナルエアラインズ
  • アシアナ航空
  • エールフランス航空
  • KLMオランダ航空
  • アリタリア イタリア航空
  • エア・ヨーロッパ
ご紹介以外の会社でも、国際線であれば、機内持ち込み可能な航空会社はたくさんありますので、ぜひホームページで確認してみてください。
 

Q: 犬種によって、貨物室預かりもできない犬がいるの?

国内線の場合、犬種に関わらず犬は貨物室預かりになるのですが、それさえできない犬種が存在します。

JAL

ブルドッグ、フレンチブルドッグは通年引き受けしていません。

それ以外21種類の短頭種が、6月〜9月まで貨物室預かりもできません。

ANA

2018年から5月〜10月までの間、短頭種犬の貨物室預かりが中止になります。

該当犬種

ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストンテリア、ブルテリア、キングチャールズスパニエル、チベタンスパニエル、ブリュッセルグリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ

Q: 犬自体乗れない国内線の飛行機がある?

国内線はJAL、ANA、スカイマーク、エアドゥ、ソラシドエアなどは、犬を貨物室に預けて飛行機に乗ることができますが、現時点では、ピーチ、ジェットスター、バニラエアなどの会社では、貨物室預かりもできませんので、注意が必要です。

Q: 犬を持ち込みして海外に行くときの注意事項は?

国際便は、小型犬であれば、比較的多数の航空会社が、犬の機内持ち込みを可としています。

ただし、気をつけないとならないのは、乗る便がコードシェア便だった場合、例えば犬を機内持ち込みにしたくて、デルタ航空を選んだつもりが、乗る便がコードシェア便だった場合、JALの規定に合わせることになり、犬を機内に持ち込めないなどの問題が起きることがありますので、確実に機内に愛犬を持ち込みしたい場合は、航空券購入時に、コードシェアの有無を確認するようにしましょう。

Q: 愛犬を機内持ち込みした時のマナー

国際線の場合、航空会社と愛犬のサイズによっては、機内持ち込みにすることが可能です。

お互い顔が見えるので、同じ飛行機の移動でも、犬にかかる負担はかなり減ることになります。

嬉しい反面、機内では他のお客さんの迷惑にならないように心がける必要があります。

慣れない場所での恐怖から粗相があるかもしれないので、マナーベルトやオムツを着用する。

愛犬はキャリーバッグに入れ、座席の下に置きます。

どんなに鳴いても、キャリーバッグから出して、膝に抱っこはNGです。

普段から興奮して吠えグセがある場合は、事前に獣医さんに安定剤や睡眠薬を処方してもらいましょう。

まとめ

飛行機の移動は、長時間になればなるほど、私たちでさえもグッタリ疲れてしまいます。

それが犬なら、かなりの体力を消耗することは、容易に想像できますね。
でも実際、飛行機に慣れっこの犬が存在するのも事実です。

ご自身の愛犬に合わせて、予定を組んだり体調管理などをして、少しでも負担がなくスムーズな飛行機移動にしたいですね。