犬がため息をつくときの心理や意味と対応方法は?


犬がため息をつくとき

犬を室内飼いしていると、愛犬がよく、ため息をついている場面を目にしませんか?

時に、完全にリラックスしているような「フゥ〜」だったり、哀愁を帯びて、切なげな「ハァ〜」だったり。

時に、疲れているような、暇を持て余している時にも出るため息。

そして、絶妙なタイミングでため息をして、まるで中に人間が入っているみたいに感じることがあります。

この犬のため息、その都度、それぞれ別の意味が込められていることをご存知でしょうか。

意思表示の1つでもある「犬のため息」に込められた犬の心理をご紹介していきます。

犬がため息をつく意味

あなたの愛犬は、どんな時にどんなため息をつきますか?

よくある犬がため息をつくシーン別に、犬の心理をご紹介していきます。

 

1. 大好きなベッドやブランケットに包まれてため息

全く人と同じですよね。

人がベッドやカウチに横になったとき「フゥ〜」っと気持ちよく座るのと一緒で、犬も「ハァ〜、気持ちいい」とついついため息をついてリラックスします。

 

2. おいしいご飯を食べたあと余韻に浸ってため息

大好きなご飯をいっぱい食べて、「満足満足」とばかりにため息をつきます。

そんな時の愛犬の顔をぜひみて見てください。
すごく幸せそうな顔をして舌をペロペロさせていたりします。

 

3. いい匂いを思い切り嗅いでため息

犬の嗅覚はかなり優れています。

人には気づかない匂いでも、犬は大好きな匂いがすると、しきりに空をクンクンしだすことがありませんか?そして、散々クンクン匂いを嗅いだあと、「ハァ〜」とため息をします。

これは、深呼吸にも近い行動で、鼻の中の空気を循環させて落ち着かせているのです。

そしてさらに、嗅ぎ続ける仕草を続けるかもしれません。

 

4. 飼い主さんと遊びたいけど、相手してもらえず暇でため息

飼い主の私たちも、年中、犬の相手だけをしているわけにはいきません。

時に、犬を放置してバタバタ忙しく動くこともありますよね。

そんな時、わざとかと思うくらい、大きなため息をつくことがあります。

びっくりして犬を見ると、目が合ったり。

そういう時のため息は、明らかに暇を持て余し、「あ〜あ、つまんないなぁ」のため息なのです。

 

5. 当てが外れてガッカリしてため息

常に大好きな飼い主の動向を観察している犬たちは、飼い主さんの動きから「あれ?散歩かな!」「あ。
持ったそのボールで遊ぶか?」などといろいろ思いついて、ワクワクすることがあります。

でも、当然当てが外れることも…。

そんな時「ちぇっ」とばかりにため息をつきます。

また、雨の日でどうやら散歩に行けないらしいと察知したときも、落胆のため息をつくことがあります。

 

6. 騒音やしつこく触られて疲れてしまってため息

近所で道路工事があって長時間騒音でうるさかったり、長い時間、嫌なのに抱っこされ続けたり、自由にしていたいのに、ずっと触られ続けたりといった、犬が不快と感じることが起こったときも、犬はため息をつきます。

抱っこに限っていうと、犬が居心地よく、全体重をかけてリラックスしている時にため息が出る場合もあります。

この場合は、いい意味でのため息になります。

そうではなく、ムズムズ体を動かしたり、短くフッフッという感じでため息をついている場合、不快な合図ですので、一度犬を自由にさせてみてください。

7. 疲れた合図でため息

楽しく遊んだり散歩する犬ですが、自分が疲れてくると、ため息をつくことがあります。

散歩中であれば、同時に足が止まってしまうかもしれません。

それは多くの場合、疲れたという合図なので、その場で少し休憩して、早めに家に帰るようにしましょう。

ため息で喜怒哀楽の感情表現

こうしてみていくと、犬のため息にも、それぞれ意味があることが分かりますね。

まずは、そのため息の心理を知るには、どんな場面でのため息かを観察しましょう。

状況から、それがいい意味か不満からくるものなのか推測できるでしょう。

犬のため息は心配ゼロ?病気の可能性は?

では果たして、犬のため息は感情表現の1つであり、病気のせいということはないのでしょうか。

「いいえ」

中には心配しなければいけないため息もあるのです。

それでは、同じため息でも心配した方がいいため息をご紹介していきます。

1日に何回もため息をつく(咳など別の症状もある場合あり)

ご紹介したように、犬はリラックスしている時でも不満がある時でもため息をつくことがあります。

でも、そこに何の意味があるのかわからないくらい、頻繁に毎日ため息をつくような場合、病気が隠れていることがあります。

それはため息というより、呼吸がしずらいため、いっぱい空気を吸い込もうとしての深呼吸であることがあります。

また、ため息と一緒に咳が出ることもあり、その場合、循環器に問題があることがあります。

考えられる病気として、

  • 気管虚脱
  • フィラリア
  • 僧帽弁閉鎖不全症など

短頭種のため息は鼻に問題があることも

短頭種の犬は、鼻の通りが良くないことがあります。

また、鼻が短いという構造上、鼻水が出やすく、ため息というより、その鼻水を出すために「フンッ!」とすることがよくあります。

そして、それが当たり前の光景になってしまうと、短頭種に多い「鼻腔狭窄症」という病気になってしまった時に、気づくのが遅くなってしまいます。

この病気になった場合、ため息以外にも、いびきをかくようになったり、普段から運動したわけじゃないのに「ハァハァ」しているような場合、「鼻腔狭窄症」が考えられるので、念のため、検査を受けることをおすすめします。

犬も精神的に参ってうつ病になります

犬はデリケートな心の持ち主です。

いつでも元気が取り柄な犬ですが、何かの拍子で、うつ病などの精神的な病気になることもゼロではありません。

以前のようにはしゃがなくなったり、目に力がなく、寂しそうに横たわりため息をつくなんて時に、体に何の異変もなく、病気やケガはないという場合、精神的なものからきている場合があります。

まとめ

随分長い歴史を人と生きてきた犬たちは、ため息1つとっても、人と近いことがわかりましたね。

どういう意味でため息ついているかが予測できると、今まで以上に、犬とのコミュニケーションも取れるような気がします。

また、意思表示だけじゃなく、病気を知らせるサインであることもあるので、普段から何気無いため息ですが、注意してその変化を観察したいものです。