犬のボランティアに参加したい!主な活動内容や地域別のボランティア団体をご紹介

犬のボランティアとは?

近年日本では、昔のように外をうろつく野良犬を見なくなりました。

見かけるのは、元からの野良犬というより、迷子犬や捨て犬がほとんどです。

そして、そういった犬たちは、無事飼い主の元に戻るか、新しく誰かに拾われることがない限り、いずれ、殺処分となっていくのです。

近年日本では、殺処分をゼロにしようという、愛護の動きが強まりつつありますが、現実はまだまだ甘くありません。

それでも、殺処分をゼロにして、少しでも不幸になる犬を救おうと、懸命に犬を保護し続けているのが、犬のボランティになります。

犬のボランティアの主な活動内容

では具体的に、犬のボランティの主な活動内容はどういったものでしょうか。

犬のレスキュー(様々な理由で助けが必要な犬の保護)

動物愛護センターに収容されている犬、迷い犬、飼育放棄や虐待されていた犬、悪徳ブリーダー崩壊による犬、被災地犬など、いかなる理由の犬でもレスキューして保護します。

保護犬の世話(健康管理、心のケア、しつけなど)

病気やケガのチェックだけでなく、精神的に負ったしまった傷を癒すお手伝いをします。

ケガや病気がある場合、可能な限り治療をし、快適に過ごせる環境を整える努力をします。

1度深く傷ついてしまった犬の心を開くには、相当の時間を要します。

それでも、ボランティアの人たちは決して諦めず、愛情を注ぎ続けます。

そして、飼育放棄やパピーミルからレスキューした犬は、しつけが全くされていないことがほとんどです。

しつけがされている・いないは、里親を見つける時にも重要になってきますので、ボランティアのみなさんは、できる限りのしつけトレーニングもしています。

保護犬のご飯、ケージの掃除、散歩

犬が今までできなかった、当たり前の生活を少しでもできる、お手伝いをします。

ご飯をあげて、飲み水を交換し、ケージの寝床やトイレの掃除をして、犬の散歩をしてあげます。

保護犬の里親募集

保護した犬には今度こそ、幸せで暖かな家族に出会ってもらいたいものです。

そのためボランティアのみなさんは、本当に真剣に新しい里親さんを募集し、審査します。

譲渡会・里親会などのイベント

里親を募集するために、ボランティア団体は、定期的に譲渡会や里親会などを開催します。

そして、その会場のセッティング、犬たちの移動など、全てボランティアのスタッフで行います。

保護犬の預かりボランティア

ボランティ団体によっては、団体でシェルターを持っているところもありますが、ないところもあります。

その場合、正式な里親が見つかるまで、ボランティアのお宅で、保護犬を預かり世話をすることになります。

あなたができる犬のボランティ活動とは

犬のボランティア活動は、ご紹介したとおりになります。

犬のボランティアをしたいと思った時、実際に興味を持ち、思いを共感できるボランティ団体の一員として、ボランティをすることも1つですが、仮に、何か手助けはしたいけど、仕事があるため、どうしてもボランティアに時間を割く事ができないなどという場合、

金銭の寄付

物品(ドッグフード、トイレシート、犬のおもちゃ、犬のキャリーバッグ、散歩用のリード、消臭剤、衛生用品)などの寄付

などすることでも、ボランティ団体の助けになります。

個人1人1人の寄付は小さかったとしても、それがたくさんの人の寄付になれば、大きな力になります。

小さな1つの行動で、尊い犬の命が救えます。

まずは、各ボランティア団体で寄付の方法が違いますので、ホームページなどを通じて詳細を確認してみてください。

週に何回も通ってのボランティアはできなくても、月に何回かは可能など、それぞれの都合に合わせて、ボランティア活動をできる場合も多々ありますので、まずは問い合わせをしてみてください。

地域別犬のボランティア団体

全国には大小含め、たくさんの犬のボランティア団体が活動をしてます。

今回は、大きな都市である東京・名古屋・大阪にある、犬のボランティア団体をご紹介します。

興味をお持ちの方はぜひ、直接コンタクトをとってみてはいかがでしょうか。

犬のボランティア団体「東京編」Tier Heim KOKUA

NPO法人Tier Heim KOKUAは、動物愛護センター始め、捨て犬、悪徳ブリーダーからのレスキュー、被災犬など、あらゆる不幸な犬を保護しています。
保護シェルターを持ち、有資格者とボランティアと共に、犬のお世話を日々しています。

随時里親募集をし、定期的に譲渡会もしています。
年中無休で犬を保護している団体です。

ボランティア募集、資金・物資の寄付も受け付けています。

ホームページ:NPO法人Tier Heim KOKUA

犬のボランティア団体「名古屋編」ファミーユ

こちらのボランティア団体は、犬を保護し、新しい家族を見つけるという、大きな目的以外に、子供達に命の大切さを教える活動や、ドッグトレーナーの講習会など行ったり、ペットの社会的地位向上のために、政府や行政に対しての働きかけ繁殖やペットショップのあり方について問う活動もしています。

様々なボランティアスタッフの募集をしているのと、里親が見つかるまでの、一時預かりボランティアなども募集しています。
寄付も随時受け付けています。

ホームページ:ファミーユ

犬のボランティア団体「大阪編」ARK アニマルレフュージ関西

アークは非営利、非政治の私設団体になります。
大阪で設立され、現在では東京にも事務所があります。

様々な犬猫を保護し、それぞれに合った心身のケアをし、社会化トレーニングをしながら、里親を見つける活動をメインにしています。

随時、犬の世話をできるボランティアスタッフを募集しているのと、募金や物資の寄付も受け付けています。

必要な物資や送付方法など、ホームページをご確認ください。

ホームページ:ARK アニマルレフュージ関西

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボランティアに参加するというと、すごく大掛かりなことのように思え、重い腰が上がらなかったりなんてありませんか?

でも実際、ボランティアは、自分ができることから始められるのです。

月に1回のお手伝いからでもOKですし、どうしても時間が取れないから、その代わりに、ドッグフードや犬の衛生管理に必要なアイテム、資金などを寄付しても、立派なボランティアの1つです。

そんな暖かい思いがもっと広がり、いつの日か、不幸になる犬がいなくなる日を心から願います。