犬の逆くしゃみの原因から対処法をご紹介

犬の逆くしゃみはご存知でしょうか? くしゃみなら知っている人も多いと思いますが、犬には逆くしゃみというものが存在するのです。初めて犬の逆くしゃみを見たときには、ビックリしてしまうほど、鼻をフガフガさせ異様な光景が広がります。今回はそんな犬の逆くしゃみについてお話ししていきます。慌てず対処できるように参考になさってください。

犬の逆くしゃみとは?

犬のくしゃみはおなじみの「クシャンッ」となる、中から外に空気が飛び出る人と同じくしゃみです。

逆くしゃみというのは、その逆で、空気が外から中(鼻と口)に入る現象をいいます。

苦しそうに、「フガフガ」「ブーブー」など、奇妙で苦しそうな、豚の鳴き声のような音が鳴るのが特徴です。

小型犬や短頭種に多くみられます。

また、逆くしゃみをする犬は、若い頃からし始めることが多く、中高年になって初めて逆くしゃみをするようになることは、ほとんどありません。

逆に、高齢になるとともに逆くしゃみをしなくなることはあります。

逆くしゃみの多くは数秒で止まりますが、長い犬だと数分逆くしゃみが続く場合もあります。

いずれにしろ、逆くしゃみ後は、犬は何事もなかったかのようにケロッとしています。

犬の逆くしゃみの原因

犬の逆くしゃみの原因は謎が多く、現在でも決定的な原因はわかっていません。

ただ、何かしら鼻咽喉が刺激され痙攣が起きて、結果、逆くしゃみになるのではないかと考えられています。

鼻咽喉が刺激されるものとしては、

  • 人工的な芳香剤・香水
  • アレルギー物質や花粉
  • タバコの匂い
  • 急激な温度変化
  • 興奮
  • 早食い
  • リードを引っ張り、首輪が喉に締め付けられた

などがあります。

また、逆くしゃみの原因は定かではありませんが、治療を要する病気ではありませんので、数秒で止む逆くしゃみや、頻繁ではない逆くしゃみの場合は慌てずに様子を見ても大丈夫です。

犬の逆くしゃみの原因別対処法

犬の逆くしゃみは、起こっても多くの場合、数秒で収まることが多いので、逆くしゃみをしだしても、止まるまで様子をみるだけでも問題はありません。

ただ、あまりに頻繁に起こる場合や、止まるまでに時間がかかる場合、以下のような方法で試してみてください。

また、考えられる原因別でそれぞれの対処法をご紹介します。

犬の逆くしゃみを止める方法その1.軽く鼻をつまむ

逆くしゃみは、口と鼻から空気を思い切り吸い込むことで起きますので、その量を減らすため、鼻の穴を軽く抑えてあげます。

ポイントはあくまで軽くです。

きつく押さえ込んだり、長時間つまんでしまうと、逆に犬がパニックを起こしますので気をつけましょう。

犬の逆くしゃみを止める方法その2. 好きなおやつをあげる

大好きなおやつを目の前に差し出しましょう。

途端にクンクンと匂いを嗅ぎ始め、同時に逆くしゃみが止まることも多いです。

犬の逆くしゃみを止める方法その3. 優しく撫でて落ち着かせる

興奮しすぎて逆くしゃみがでてしまった場合、優しく胸や喉元を撫でてみましょう。

愛犬の興奮が落ち着きリラックスできるように、優しく声をかけながら行います。

犬の逆くしゃみを止める方法その4. ツボ(膈兪かくゆ)マッサージ

犬の逆くしゃみに効くというツボがあります。

場所は肩甲骨の下あたり。肋骨の第六肋間(1番肋骨が出っ張って見えるところ)に、逆くしゃみに効くという(膈兪かくゆ)というツボがあります。

そこを刺激してあげることで、逆くしゃみが止まりやすくなります。

犬の逆くしゃみが起こる原因別対処法は?

原因がはっきりしていない犬の逆くしゃみですが、犬が逆くしゃみをするタイミングを観察する中で、もしかしたらと考えられる原因があるかもしれません。

そんな原因別の対処法をいくつかご紹介いたします。

室内で過ごす犬の環境を見直す

室内の環境は、犬にとって快適な空間でしょうか。

例えば、人にとってはいい匂いと感じるルームフレグランスも、犬にとっては異臭でしかなく、それが鼻を刺激して、逆くしゃみの原因になっているかもしれません。

また、犬がアレルギー体質で、ハウスダストなどのアレルギーがある場合も、アレルギー反応の1つとして、逆くしゃみが出る可能性があります。

犬にとって刺激になるものがないかどうかを見直し、室内の掃除もするように改善してみましょう。

ご飯を早食いさせない工夫をする

どんな時に逆くしゃみが起こるか観察する中で、どうも食後に多いなどという場合、早食いが原因の場合があります。

そんな時は、少しでもゆっくり食べさせるために、早食い防止の食器などがあるので、それらを試してみる価値はあります。

また、ドライフードをあげている場合、ゆっくり時間をかけて食べられるように、わざと知育玩具などにドライフードを入れ、探しながら食べるようにさせるという方法もあります。

犬の逆くしゃみで考えられる病気

犬の逆くしゃみは病気ではないとご説明しましたが、似たような症状で、逆くしゃみとばかり思っていて、実は病気だったということがあるので注意が必要です。

逆くしゃみに似た症状の病気には、以下の病気があります。

気管虚脱…気管が押し潰され多状態になります。

逆くしゃみとの区別は難しいですが、気管虚脱の場合、咳を伴うことが多いです。

ひどくなると、チアノーゼを起こしたり深刻な状況になります。

それ以外でも、循環器系などに疾患があったり、感染症にかかった場合なども、逆くしゃみに似た咳をすることがあります。

特に、短頭種であるブルドッグ系の犬種やパグ、シーズーなどは、鼻孔や鼻腔が狭いため、鼻腔狭窄症になりやすい傾向があります。

逆くしゃみとの違いを正確にわからないと、区別が難しくなるので注意が必要です。

犬の逆くしゃみの判断は難しい

逆くしゃみと思い込んでいても、実は気管虚脱だったり、心疾患を患っていたりすることもあります。

素人ではなかなか逆くしゃみなのか、咳を伴った発作なのか、区別は難しいところです。

もし、愛犬がある日突然、フガフガ、ガーガーと逆くしゃみをしだしたら、ぜひスマホなどでその動画を録画して、獣医さんに判断を仰ぎましょう。

もし、逆くしゃみ以外に鼻水や嘔吐など別の症状がある場合や、逆くしゃみが出ると止まるまでに相当時間がかかる場合など、通常ではあまりないことなので、そういう時はぜひ、様子を見ることなく病院へ連れて行くことをおすすめします。

また、年をとってから、いきなり逆くしゃみが出るようになるということは、ほとんどありません。

中高齢になってからの逆くしゃみに似た症状は、逆くしゃみではない場合が多いので、注意するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的にただの逆くしゃみの場合、放置しても問題はありませんが、それが本当に逆くしゃみなのかどうかは、きちんと見極めが必要になります。

逆くしゃみが出ても数秒で止まる場合や、頻繁にではなく、たまにだけという場合を除き、安心のためにも1度、逆くしゃみの動画を獣医さんに見せて、正確に判断してもらうことをおすすめします。