犬の鼻のあれこれ。犬の鼻にまつわる疑問を解決!

犬の鼻がいつも濡れている理由

犬の鼻はいつも濡れていますよね。

実はそれには2つ理由があるのです。

犬の鼻が濡れている理由1. 犬の嗅覚をキープするため

犬の嗅覚はとても鋭いですよね。

の100万倍も嗅覚が優れているなんていわれるのが、犬ご自慢の「鼻」です。

犬の鼻が濡れているのは、その方が、空気中の匂いを取り込みやすいので、鼻の嗅覚を鋭敏にしておくために、必要不可欠なことになります。

また、鼻が湿っていることで、風向きを正確にキャッチし、様々な匂いがどこから来ているか、簡単にわかるといわれます。

犬の鼻が濡れている理由その2. 体温調整

犬の鼻が濡れているのは、外側鼻腺という分泌腺があり、そこから出る分泌液と涙腺から出る涙が合わさったものが、鼻を湿らせています。

そしてその分泌液は、運動後など体温が上がった場合、およそ40倍も増えることから、犬の熱放散の役割もしていると考えられています。

要は、人でいう汗のような働きもしているわけです。

犬の鼻が乾燥しているときは何に注意する?

常に濡れているイメージの犬の鼻ですが、注意してみると、たまに乾燥していることがあって、あれ?と思うことがあります。

犬の鼻が乾いているのには4つ理由があります。

犬の鼻が乾燥している理由1. 寝起きか眠いとき

犬の睡眠中や寝起きの時は、犬は嗅覚を敏感に働かせる必要がないため、自然と鼻は乾燥しています。

それでも問題はありません。

また、眠いときも敏感にクンクンする必要がないので、乾いていることがありますが、こういった場合は特に心配する必要はありません。

犬の鼻が乾燥している理由2. 水分不足による乾燥

家の中が乾燥していたり、犬自身があまり水を飲まないでいると、全身が水分不足になり、鼻が乾燥してくることがあります。

特に夏などは、意識して犬にも水分を取らせないと、熱中症になってしまうことがありますので、水分不足による鼻の乾燥には気をつけましょう。

犬の鼻が乾燥している理由3. 病気

犬が何かしらの病気で発熱がある場合、鼻が乾燥します。

また、アレルギー症状からも鼻が乾燥することがあります。

病気やアレルギーを起こしている場合は、鼻の乾燥以外に、食欲不振、下痢や嘔吐、とにかくグッタリ横になっていたり、体を痒がるなどの症状があることが多いです。

鼻が乾燥していると気づいたときは、それ以外の症状がないか観察をして、病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の鼻が乾燥している理由4. 老化現象

人も年をとると、肌が乾燥してカサカサしがちになります。

犬も同じなのです。

特に健康上、問題はなくても、加齢とともに分泌腺からの分泌の量が減ってきます

犬自身、食欲も元気もあるという場合は、特に心配ないことが多いです。

犬が鼻を鳴らす理由

犬は時々切なそうに「クゥ〜ン」と鳴いたり、あぁ〜あとばかりに「フンッ」と鼻を鳴らすことがありますよね。

短頭種なら、ブヒブヒとか、ブーブーといったような豚!?を思わせる鳴き方をする時があります。

それらにはどんな理由があるのでしょうか。

犬が「キュンキュン」「クゥ〜ン」と高い声で鳴く理由

ズバリ、甘えて何かをかわいく要求している時に鳴く声がこれです。

「あ〜、遊んで欲しいな」「構って〜!!」「なんか食べたいなぁ」など、何かして欲しい時に、アピールするために、高いトーンで鳴きます。

それがあまりに切なく聞こえ、ついつい飼い主さんが、その要求を聞いてしまうと、犬は賢いので、こうしたら要求が通る!と簡単に学習し、欲しいものがあると、常にクンクン鳴く困り犬になってしまいます。

犬が「フンッ」と鼻を鳴らす理由

この「フンッ」には2つ理由があります。

1つは、自分の寝床や、ふかふかの居心地がいいところに寝そべったときなど、「うぅぅ〜、気持ちいい!」と、リラックスいっぱいで、全身の力が抜け「フゥ〜ッ」となる場合と、散々、かわいい素振りをしたり、鼻をキュンキュン鳴らしたりして、要求アプローチをしても聞き入れてもらえなかったときなど、「フンッ!」と拗ねたように、鼻を鳴らすことがあります。

犬も鼻水が出る?鼻づまりの対処法

犬が鼻水?鼻づまり?なんて思いますが、犬も鼻水が出たり、鼻づまりになることがあるのです。

それぞれの原因を見ていきましょう。

犬の鼻水・鼻づまりの原因その1. アレルギー

人と同様、犬もアレルギー反応で鼻水が出ます。

花粉だけではなく、室内のルームフレグランス、ハウスダスト、タバコの匂い、強い香水の匂いなど、アレルギーの原因は様々あります。

愛犬がアレルギーの場合、何に対してアレルギー反応があるかを探し、取り除いてあげる必要があります。

犬の鼻水・鼻づまりの原因2. 感染症

ウィルスや細菌、真菌による感染症でも鼻水が出ます。

鼻水が出ているようなときは、それ以外に症状がないかを観察しましょう。

発熱からだるそうにしていたり、食欲不振、下痢などがある時には、様子を見ることなく、病院へ連れて行くようにします。

犬の鼻水・鼻づまりの原因3. 歯周病

歯磨きなどのデンタルケアをしていない犬に見られます。

ひどい歯周病になってしまい、歯周病菌が口内に留まらず、頰の骨に浸透し、鼻に歯周病菌が入り込むことがあります

すると、鼻が炎症を起こし、膿が鼻水として出てくるようになります。

犬の鼻水・鼻づまりの原因4. 異物が詰まっている

何の原因も思い当たらないけど、鼻水が出ているという場合、稀に、鼻の中に異物が詰まってしまっていることがあります。

見えるところにあるのなら、ピンセットなどで取り出せることもありますが、奥に押しやってしまうと危険ですので、病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の鼻水・鼻づまりの原因5. ポリープや腫瘍

鼻の中にポリープや腫瘍ができると、その腫瘍の成長とともに、鼻の穴を塞いでしまい、鼻づまりを起こします。

この場合、鼻水や鼻づまり以外にも、鼻血など別の症状も見られますので、よく注意して見てください。

犬の鼻水・鼻づまりの対処法

まずは、鼻水・鼻づまりの原因を追求することが第一になります。

病気からくるものであれば、その治療に専念します。

飼い主として、鼻水・鼻づまりの解消を助けることとすれば、室内が乾燥しているとどうしても、鼻づまりはひどくなりますので、一定の湿度はキープするようにします。
(快適湿度60%)

また、アロマを焚いて、鼻通りをスムーズにすることも有効です。

ただし、アロマは人工的な香りのものではなく、100%天然のものを利用します。

犬の鼻にできもの!!どうしたらいい?

犬は全身どこにでも、割とできものができやすい生き物です。

人に比べると、20倍以上もできやすいと言われます。

犬の鼻も例外ではなく、できものができることがあります。

また、加齢とともに、さらにできものやイボなどできやすくなります。

まず、鼻にできものができた時、その時の大きさ、色、出血の有無など正確に記録します。

少しでも変化を見せたら、病院へ急ぐようにする他、もし愛犬が気にして、常にそのできものを触っているのであれば、誤って引っ掻き出血することを防ぐためにも、そういう場合は、病院へ行って切除してもらうなり、対応してもらいましょう。

犬にできたできものは、それが悪性か良性かは判断が難しいといいます。

何事も早期発見が大切ですので、できものに気づいたら、慎重に観察をして、病院で精密検査をしてもらうことをおすすめします。

まとめ

犬の鼻1つでも、飼い主だから気づけることがたくさんあります。

鼻の状態で健康チェックができたり、鼻の鳴らし方で、愛犬の感情が読み取ることができます。

普段から愛犬を観察することで、自分の愛犬だけのクセに気づいたり、いつもと違う変化に気づき、病気の早期発見につながったりします。

大切な愛犬とのコミュニケーションの1つに、どうぞ犬の鼻チェックをお忘れなく!