犬はにんじんを食べてもいい?犬ににんじんの栄養素や与える際の注意点

にんじn

犬はにんじんを食べても大丈夫か?

結論から言うと食べても大丈夫です。

にんじんは、犬にとって有害な成分が含まれておらず、犬の健康にも役立つ食材だと言えるでしょう。

ただし、犬は本来、肉食寄りの雑食動物のため、食物繊維の豊富な野菜は消化しにくい体のつくりをしています。

そのため、にんじんを与えるときには、量や与え方に注意しなければなりません。

にんじんの栄養成分・効用

にんじんに含まれている主な栄養成分は以下の通りです。

  • βカロテン
  • カリウム
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • 食物繊維
  • 水分
  • ビタミンB1、B2
  • 鉄分         など

犬の健康を増進してくれる野菜

にんじんは、人にとっては目の健康やアンチエイジングに効果が高いと言われています。

そんなにんじんは犬にとっても同様、にんじんに豊富に含まれているβカロテンによって抗酸化作用が期待でき老化防止や、βカロテンがビタミンに変換されることによって目や皮膚の健康にも期待ができます。

同じく豊富に含まれているビタミン類によって、体の抵抗力を高めてくれ、貧血や血行促進にもなると言われています。

水分も多く含まれているため水分補給としても役立ち、カリウムによる利尿作用もあり体内の有害物質の排出を促してくれるでしょう。

このように、にんじんは優れた栄養成分が豊富に含まれていて、犬の健康に役立つ食材だと言えます。

ただしその分、摂りすぎることによって過剰摂取にもなりやすくなるので、与え方には注意が必要です。

犬ににんじんを与えても良い量

にんじんを犬に与える適量とは?

どんな食材でも健康に良いからと言って与え過ぎてしまうと、健康に逆効果になってしまいます。

犬ににんじんを与える適量は、体の大きさや個体差によっても変わりがあるため一概には言えませんが、一般的には20g程度と言われています。

いずれにしてもトッピング程度の量で充分です。

初めてにんじんを与える時には、少量ずつ与えるようにして徐々に量を増やしていくようにしましょう。

犬へのにんじんの与え方

にんじんに含まれている嬉しい栄養成分は、加熱しても壊れるようなことはありません。

むしろ、加熱調理などをしてから与えた方が良いでしょう。

犬の飼い主さんの中には、生のにんじんをすりおろして与えているという人も案外多いようですが、消化力の弱い小型犬の場合は消化不良の原因にもなりやすいため、すりおろしたとしても生で与えることはあまりおすすめはできません。

また、生のにんじんはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれています。

にんじんを犬に与えるときは、薄くスライス、カット、すりおろしなどをしたものを、煮る・焼く・レンジでチンなどして加熱したものを与えるようにした方が良いでしょう。

にんじんクッキーやボーロなどに調理してあげたり、普段のドッグフードに細かくカットして茹でたにんじんをトッピングとして与えてあげると良いでしょう。

にんじんを使った犬用レシピ

◆にんじんクッキー

〇材料

  • にんじん 20g・オリーブオイル 大さじ1・薄力粉 45g

〇作り方

  • オーブンを予熱180度にしておく
  • すりおろしたにんじんとオリーブオイルを混ぜ合わせる
  • 薄力粉を加えて生地をまとめ、好きな型をぬく
  • オーブンで20分程度焼く ⇒ できあがり!!

◆にんじんヨーグルト

〇材料

  • にんじん 少量・ヨーグルト 適量

〇作り方

  • にんじんを生のまま皮ごとすりおろす
  • すりおろしたにんじんをレンジで加熱しておき、熱を冷ましておく
  • ヨーグルトと混ぜ合わせる ⇒ できあがり!!

※にんじんの皮には栄養分が多く含まれています。

農薬に注意してよく洗ってから与えましょう。

犬ににんじんをあげるときの注意点

犬ににんじんをあげるときの注意点① 量

にんじんに含まれている豊富な栄養成分は、量を多く与えすぎることによって犬の体に悪影響を与えてしまうこともあります。

にんじんに含まれているカリウムによって、高カリウム血症などの病気の原因にもなってしまうでしょう。

下痢や嘔吐の原因になることも考えられます。
これは、にんじんに含まれている水分や食物繊維によるものです。

また、甘いにんじんほど犬も好みますが、その分肥満の原因にも繋がります。

与え過ぎないよう注意しましょう。

犬ににんじんをあげるときの注意点②

人用に調理されたものは与えないこと

にんじんは料理にも多く使われる食材ですが、人用に味付けされたものを取り分けて与えることはしないようにしましょう。

人にとってはちょうど良い味付けでも、犬にとっては濃すぎるため塩分の過剰摂取となってしまいます。

また、にんじんは玉ねぎとの相性が良く一緒に調理されることが多いため、玉ねぎエキスが料理に溶け込んでしまっている可能性も考えられます。

にんじんを与えるときは、必ず犬用に調理されたものを与えるようにしましょう。

アレルギーの注意

にんじんを食べることで、アレルギー症状が現れる個体もいます。

犬に初めてにんじんを食べさせる時には、ごく少量だけ与えてみて、アレルギー反応がないかを確認しながら少量ずつ徐々に増やしていくようにしてください。

にんじんを食べたあとに、下痢や嘔吐、元気消失、皮膚のかゆみ、発疹などの症状が見られた場合には、すぐに動物病院を受診しましょう。

さいごに

にんじんは、人間の子どもの場合だと好き嫌いが分かれますが、にんじんが好きな犬は多いのではないでしょうか。

それでも量や与え方には注意して、上手に犬の健康に役立てていきたいですね。