マルチーズには歯磨きが必須?マルチーズの歯のトラブルと歯磨きの大切さについて

マルチーズが歯磨きで予防できる歯のトラブル

マルチーズに限らずどんな犬でも歯の病気になることはあります。

特にマルチーズのように口が小さな犬は、食べカスや細菌が隙間にたまりやすいです。
しかし定期的に歯磨きをすることで、様々な歯のトラブルは未然に防ぐことができるのです。

マルチーズがかかりやすい歯のトラブルをみていきましょう。

マルチーズが歯磨きで予防できる歯のトラブル 1.歯周病

歯周病とは、歯に残った汚れや細菌などが原因で、歯肉が腫れて歯が弱くなる病気です。

マルチーズをはじめとする犬は、歯の汚れが歯石化するのが早いため、歯周病になりやすいといわれています。

歯石は石灰化した汚れで、一旦付くと歯磨きでは取ることができません。

最初は、ものを食べる時に痛がるようになります。

さらに進行すると、歯がグラグラしてきたり歯肉が腫れたりします。

重症の場合は、顔に膿が溜まったり、全身の臓器にまで悪影響を及ぼしたりするようになります。

マルチーズが歯周病になると、病院での治療が必要です。

初期の段階なら麻酔なしで処置を行えますが、重症になると全身麻酔をしての治療になるので、犬の体への負担、そして経済的負担が大きくなります。

マルチーズが歯磨きで予防できる歯のトラブル 2.口臭

マルチーズに歯石や歯垢が溜まると、犬の口から生臭い臭いがします。

これが口臭と呼ばれるものです。
毎日の歯ブラシで歯の汚れを取り除くことが大切です。

腸内環境がよくない時も、口臭がします。
元気がない時や、下痢・便秘が続くような時は病院へ行きましょう。

マルチーズが歯磨きで予防できる歯のトラブル 3.虫歯

犬は虫歯にならないといわれていますが、人間に比べて虫歯にならないというだけで、やはり虫歯にはなります。

犬が虫歯になると、麻酔をかけて処置を行い、ひどい場合は抜歯になります。

犬は我慢強いので、かなり重症にならないと虫歯に気が付かないことがあります。

気付いた時には重症だったということもありますので、毎日歯のチェックをすることが大切になってきます。

マルチーズの歯磨きのやり方、頻度

マルチーズの歯磨きはできるだけ、毎日行うのが理想的です。

2.3日に1回とすると、忘れる日が出てくるからです。

夜ごはんのあとで磨くなど、時間を決めて行うのがやりやすいでしょう。

マルチーズをはじめとする犬は、口まわり(マズル)を触られるのが苦手です。

そのため歯磨きをしようとしても嫌がるかもしれません。
無理やり歯磨きをしたらどんどん歯磨き嫌いな犬になってしまうので、徐々に慣らしていきましょう。

また、マルチーズを歯磨き嫌いにしないためには、子犬の頃から慣らしていくと将来的に楽です。

歯磨きが苦手な犬は、犬が好きなフレーバー付きの歯磨き粉を使うと、やりやすくなります。
また、マルチーズのような口の小さい犬には、歯ブラシよりもガーゼを指に巻き付けて磨くほうがやりやすい場合もあります。
いろいろ試してみて、使いやすいものを選んで下さい。

マルチーズには歯磨きが必須?マルチーズの歯のトラブルと歯磨きの大切さについて まとめ

人間も同じですが、歯がなくなってものを噛めなくなると、マルチーズもたちまち老化してしまいます。
噛むことは健康維持には欠かせません。
また犬の食べる楽しみをも失わせてしまうことになります。
毎日の歯磨きを習慣化させましょう。