【動物看護士が解説】犬の避妊手術後にはここに注意!


柴犬

犬の避妊手術とは?

避妊手術とは、不妊手術の一つでメス犬が行う手術です。
避妊手術は、子宮や卵巣を取ってしまい、妊娠出来ないようにする手術となります。
ちなみにオス犬が行う手術は、去勢手術といい精巣を取る手術となります。

今回は、メス犬に行う避妊手術について、詳しく説明します。

避妊手術は、手術といっても病気で行う手術ではなく、一般的によく行われている手術で、望まない妊娠の予防や病気の予防のために行うことが多いです。
しかし、麻酔をかけてお腹を開けたり、腹腔鏡を使ったりする手術ですのでリスクは全く無い訳ではありません。

また、子供を望んでいる飼い主さんもいますし絶対にしなければいけない手術ではありませんので、家族で相談して手術を行うか行わないかを考える必要があります。

避妊手術のメリットとデメリットを挙げていきます。

避妊手術のメリット

望まない妊娠を防ぐことができる

同居犬が未去勢であったり、散歩中に望まない妊娠をしたりする可能性があります。
最初から子供を産ます予定がなければ、避妊手術をしておくと安心です。

メス特有の病気を予防することができる

卵巣腫瘍や子宮蓄膿症、乳腺腫瘍などの子宮や卵巣のメス特有の病気を予防することができます。
卵巣腫瘍や子宮蓄膿症になってしまった場合はいずれ手術によって取らなければいけません。
これらの病気は、高齢になれば発症する確率も上がります。
その頃に高い麻酔のリスクを負ってやるのか若い頃の麻酔のリスクが低い頃にやっておくのかの違いになります。
乳腺腫瘍に関しては、最初の発情がくる前に避妊手術を行うとより発症の確率が減ります。
大人になって何度か発情がきてから避妊手術をした場合は、乳腺腫瘍の予防にならない場合がありますので注意が必要です。

このような病気になってしまう犬の飼い主さんのほとんどは、若い頃に避妊手術をやってあげておけばよかったと後悔しているというのも動物病院の現状です。

発情のストレスが無くなる

発情期には、ヒートが来ます。
発情期はメス犬も様々なストレスを感じます。
避妊手術を行うと、発情期やヒートが来ないので、このストレスは無くなります。

 

避妊手術のデメリット

子供を望んでも作ることは出来ない

避妊手術を行った後にやっぱり子供が欲しいと望んでも、子供を作らせてあげることはできません。
よく考えて避妊手術を行いましょう。

麻酔のリスクがある

麻酔をかけることに関して、少なくともリスクが伴ってきます。
稀に健康な犬でも麻酔と相性が合わなければ危険な場合もあります。
そのリスクも考慮しなければなりません。

太りやすくなる

ホルモンバランスの関係で、避妊手術をした後は太りやすくなります。
避妊手術をする前と同じ食餌で同じ量でも太る犬は太りますので、避妊手術後用のドッグフードに変えたり、量を調節したりする必要があります。

 

犬の避妊手術の流れ

動物病院で行う避妊手術の一般的な流れを説明します。

避妊手術前

避妊手術をする日の1週間以内に、麻酔をかけても大丈夫なのかという検査を行う病院があります。
この検査には一般的に血液検査やレントゲン検査です。
この検査で、内臓に問題がないか、また心臓や骨の異常はないかなどが大まかにわかります。

避妊手術を行う日の前日は、夜ご飯を抜いて下さいという指示をされる病院もありますし、夜ご飯は食べてもいいですが、夜中は与えないで下さいという指示がある病院があります。
この辺は、動物病院によって様々なやり方があり、正解はないので行きつけの動物病院の指示に従いましょう。

 

手術日

手術当日は、朝ご飯やお水は与えないで下さいという指示をされる動物病院が多いです。
これは、麻酔の影響で気持ち悪くなってしまい、嘔吐することがあります。
その場合に、食べたご飯によって誤飲してしまうことを防ぐためです。

また、手術当日に事前検査を行うという病院は、手術前に検査を行う病院よりも多いです。
手術当日だと、より検査結果が明確になります。
その日のコンディションや検査結果により、延期や中止にした方がいい場合もあります。

避妊手術自体は、お腹を切る場合は1時間もかかりません。
腹腔鏡の場合ならもっと短い時間ですみますし、傷も小さいです。
ただし、麻酔の効き具合によっては、よく効いている場合は1時間~2時間醒めない犬もいます。
早く醒める場合は、手術時間と同じくらいで醒める犬もいて、犬によっても、動物病院で行う麻酔管理のやり方によっても様々です。

手術後

手術後は、動物病院によっても様々ですが、日帰りできる場合と1泊や

2泊程入院してから帰ることができる場合があります。
お腹を切って避妊手術をする場合の多くは、入院が必要となる場合が多いです。

その後は抜糸までの間は家で様子を見ます。
避妊手術後から抜糸までの期間は、1週間~2週間程でこれも動物病院によって若干違います。

手術後はもう一度抜糸のための来院指示があるので、獣医師の指示に従いましょう。

 

犬の避妊手術後はここに注意

術後の対応

避妊手術後は、お腹を切って糸で傷口を縫ってあります。
傷跡の処置も動物病院によって違いますが、傷跡をテープで貼って保護したり、腹帯のようなものを巻いたり、エリザベスカラーを付けたりします。
これは、抜糸までの間に舐めたりとってしまったりして傷口が開かないように動物病院によって工夫がされています。
そのため勝手に取ったりせずに、術後の対応は基本的に獣医師の指示に従いましょう。

エリザベスカラー

エリザベスカラーを付ける場合も多いです。
エリザベスカラーを付けての生活は、とてもストレスになります。
しかし、傷口を舐めて開いてしまうとまた麻酔をかけて縫い直さなければいけません。
そうならないようにするために、目を離している時は頑張って付けていてもらいましょう。
しかし、エリザベスカラーをしていながらご飯を食べる時はとても食べにくいのです。
目を離さなければ食餌中は外しても大丈夫です。
エリザベスカラーをしたまま与える場合は、食器に高さをつけてあげましょう。
台の上に乗せたりするだけでもずいぶん食べやすくなります。

散歩

散歩も行っていい場合と抜糸まではやめておいた場合があります。
基本的に愛犬に元気食欲があり、元気な状態であれば気分転換にもなりますので、激しい運動は避け、軽い散歩に出かけても大丈夫です。
しかし、避妊手術中に予期せぬ出来事があった場合や、術後元気や食欲がない場合などは手術後も安静にしてあげた方がいいこともあります。
これは獣医師の指示に従いましょう。

入浴

トリミングサロンに行くことや、家でシャンプーをすることは抜糸までの期間はやめておきましょう。
できる限り、避妊手術前にシャンプーなどは行うようにしておきましょう。
抜糸後、特に問題がなければトリミングサロン、シャンプーはしても大丈夫です。

 

まとめ

避妊手術は、今動物病院で行われている手術の中でも一般的でとても多い手術です。
最近では、飼い主さんの知識も増えてきているため、発情期前の生後半年~1年以内に避妊手術を行うことが増えてきています。

避妊手術には、メリットとデメリットがあります。
子供を望んでいなければ、メリットの方が圧倒的に大きいと考えています。
だからといって100%大丈夫とは言い切れません。
避妊手術を考える場合は、正しい知識をもって、家族と相談して後悔のないようにしましょう。