犬の気持ちが分かる飼い主になろう!行動やしぐさから見る犬のきもち

犬が言葉を話せたらもっと気持ちがわかるのに・・と思うことはありませんか。犬は言葉のかわりにしぐさや行動などで自分の気持ちを伝えようとしています。つい見過ごしていまいそうな小さなしぐさや行動にもそれぞれ意味があり、その時の気持ちを表現しています。 犬がしぐさや行動で伝えようとするさまざまな気持ちについてお話していきます。

犬の気持ちとは?

感情には喜怒哀楽があります。

犬は楽しいとき尻尾を振ったり、ぴょんぴょん跳ねたりして喜びを表し、唸ったり歯を剥いたりして怒りを表現すことはよく知られていますが、犬が悲しいときにどのようなしぐさや行動をするのかはあまり知られていません。

そもそも犬はどんなときに悲しいと感じるのでしょうか。

犬が悲しむのは・・喪失感から

飼い主が出かける用意をしていて、お散歩だと思って喜んでいたら自分だけお留守番だったとか、飼い主が袋を持っていたので、おやつがもらえると喜んでいたらゴミ袋だった、など期待していたのにがっかりすると小さな喪失感を味わいます。

散歩もおやつも人間にとっては些細なことですが、犬にとっては大きな喜びです。

喜びに対する期待はずれが何度も続くとあきらめという喪失感でいっぱいになります。

犬にとっての悲しみとは喪失感という感情だといえるでしょう。

特に群れ社会で生きる性質を持った犬にとって、一人になることや、飼い主がいなくなることにはとても耐えられないほどの不安と大きな喪失感を覚えます。

多くの野生動物は仲間の死を理解しているといわれています。

犬も同じように家族の誰かが亡くなったりした時にはその事実を察知し、周りの家族が悲しんでいるのを見て、傍にきて涙を舐めてくれたり寄り添ってくれたりすることがあります。

これは群れの仲間として喪失感を共に感じていることからくる行動だといえるでしょう。

犬に悲しみの涙はない

人間は悲しいと涙を流しますが、犬には悲しみの涙はありません。

犬の悲しみは喪失感からくるため、食欲がなくなったり、元気がなくしょんぼりしたり、外に出たがらなくなったりする行動として現れます。

可愛がってもらいたいのに無視されたり、邪険にされたりする時に感じる寂しさも喪失感につながります。

寂しい気持ちにさせないように愛情を込めて触れ合い、常に安心できる環境を作ってあげましょう。

行動やしぐさから見る犬の気持ち

犬のさまざまな行動やしぐさから読み取れる気持ちをまとめてみました。

犬の気持ちがわかるようになると、愛犬と今よりずっと密度の濃い繋がりを持つことができるようになります。

犬の気持ちがわかるしぐさその① 目をそらす

犬の目をじっと見ていたら目をそらされてしまった・・嫌われているのかな?と思ったことはありませんか。

いえいえ、その心配はありません。

犬は目の前にいる人や犬に対して敵意がないときに目をそらします。

また、よく躾けられている犬は嬉しいときにも目をそらすことがあります。

困った時や嫌なことを指示されたときも目をそらして知らん顔することもあります。

反対に犬が互いに真正面から目をそらさず見つめ合っているときは、臨戦態勢にあり

威嚇行動のひとつです。

敵意のない方が先に目をそらします。

人間を上位と思っていない野犬が目を合わせてくるのは、警戒や敵意を持っているときなので、襲われる可能性もありますから注意しましょう。

犬の気持ちがわかるしぐさその② お尻をくっつけている

飼い主のそばにお尻をつけてくるのは安心している証拠です。

自分の急所を押し付けることで安心感を得ようとしています。

飼い主をリーダーと認め信頼している証拠です。

犬同士がお尻を付け合って眠るのは警戒本能のひとつで、敵に急所を見せないためと、いつでも逃げたり攻撃したりできるためです。

犬の気持ちがわかるしぐさその③ 仰向けになる

同じように仰向けになってお腹をみせていても、状況によって犬の感情に違いがあります。

・信頼のポーズ

犬が無防備に弱点であるお腹を見せるのは、身を委ねられるほどに信頼して安心できる相手である証拠です。

・恐怖や緊張のポーズ

同じように仰向けになっていても、目をそらしお腹に尻尾を巻き込んでいるときは、恐怖を感じていたりや緊張したりしています。

自分より強い犬や大きい犬に出会ったときに見せるポーズです。

相手の犬と視線を合わせないことで緊張を抑えようとし、尻尾を巻くことで降参していることを示します。

・許しや命令のポーズ

いたずらや粗相をして叱られたときも、仰向けになって服従のポーズをすることもありますが、可愛いからと撫ぜたりすると褒められていると勘違いすることがあります。

自分が上位だと思っている犬の場合は撫ぜろ、触れ、と仰向けになって命令することもあるようです。

犬の気持ちがわかるしぐさその④ 首をかしげる

犬に話しかけるとじっと見つめて首をかしげるしぐさをすることがあります。

とても可愛いしぐさですが、これは気になる音をよく聞くためのしぐさです。

人間の言葉の響きや音源の場所を、首をかしげることで耳の位置を変えて、もう一度正確に聞き取ろうとしているのです。

犬の気持ちがわかるしぐさその⑤ 人の顔や口を舐める

飼い主の口や顔を舐めるのは大好きだという愛情表現のひとつです。

野生のオオカミであった頃に、自分より上位のオオカミに挨拶と敬意の気持ちを示すために口を舐めていた名残でもあります。

また、仔犬の頃に母犬の顔を舐めてご飯をせがんでいたことから、お腹が空いているときに口や顔を舐めてくることもあります。

犬の気持ちがわかるアプリって?

スマートフォンの普及によって、日本語でしゃべると英語やフランス語に翻訳してくれるアプリがたくさん出ていますが、ペットのしぐさや行動から犬のきもちを翻訳してくれるアプリもあるのをご存知でしょうか。

開発途上で完璧なものとはいえませんが、近年の人工知能解析エンジンでの解析でかなり正確なものが出来上がりつつあります。その中の代表的なものをご紹介してみましょう。

しらせるアムペットAnicall

内蔵された加速度センサーと温度センサーからの情報を人工知能解析エンジンが解析し犬の気持ちをスマートフォン上に表示することができるアプリです。

犬が鳴いたり吠えたりしなくても、尻尾を振ったりあくびをしたりするなどの行動だけで、「トイレに行きたい」や「安心している」 「退屈だからかまって!」など20種類以上の犬のきもちや欲求を検知することができるそうです。

Anicallは犬の首につけた動物用ウエアラブル端末とスマートフォンをつなぐことにより、そばにいるときも、また外出先からでもインターネットを介して犬のしぐさや行動からリアルタイムに犬のきもちや健康状態を知ることができます。

犬が発信するさまざまなシグナルをキャッチして解析し、飼い主が気づかない体調不良や熱中症の兆候などを即時知らせてくれます。

商品についての詳細は下記ホームページでご確認ください。  
AnicallのHPはこちらから

最後に・・

いくつかのしぐさや行動から犬の気持を読み取ることはできますが、それだけで犬の気持の全てがわかるわけではありません。

犬の性格や生育環境によっても気持を表現するしぐさや行動は変わってきます。

人間と同じように、開けっぴろげで分かりやすい犬もいれば、臆病で自分を上手く表現できない犬もいます。

日々寝食を共にすることで、少しずつ人も犬も心を開いて向き合うことができるようになるのではないでしょうか。

愛犬への深い愛情と密なコミュニケーションこそが、お互いのこころが通い合うためのスペシャルエッセンスです。