犬のトイレシートの使い方とおすすめトイレシートをご紹介


犬,トイレシート

犬用トイレシートとは?

犬用のトイレシートは、人で例えるなら、赤ちゃんが使うオムツに近い存在ではないでしょうか。

犬用のトイレシートは、犬のトイレである「トイレトレー」に挟んで使うのですが、普通の紙や新聞紙と違い、吸収性も優れていて、おしっこをサッと吸収した後、おしっこの逆戻りがないものが多いです。

また、消臭効果があるものが多いので、室内で犬を飼う場合、必需品なのがトイレシートになります。

犬用トイレシートの使い方

犬用トイレシートの基本の使い方は簡単です。

トイレトレーに挟んで設置し、犬がそこでオシッコをしたり、ウンチをしたら取り替える。

それだけの作業になります。

そして必ず、トイレトレーとセットでお使いになることをおすすめします。

トイレシートだけ室内のフロアに置いて使おうとしても、犬がトイレシートの上に乗るときに、間違いなく動きますし、安定感がないので、犬も落ち着いて排泄ができません。

続いて、犬用のトイレシートを使うときに浮かぶ疑問にお答えしていきます。

犬用トイレシートって、何回オシッコしたら交換時期?

犬用のトイレシートで排泄をさせ、毎回、オシッコする毎に交換する場合と、何回かに1回交換する場合と、飼い主さんにより、答えはバラバラなようです。

犬用トイレシートにも種類がさまざまあり、1回毎に交換することを前提に作られているもの〜数回使って交換するものまであります。

そのため、お使いのシートがどれくらいの量のおしっこを吸収できるか確認し、それに合わせた交換の仕方をします。

もちろん、飼っている犬のサイズや、多頭飼いかどうかでも交換回数は変わってきますね。

交換のタイミングは、おしっこをした後のトイレシートが、シートの奥に浸透することなく、ジメジメ表面に残っているような状態の場合は、緊急に交換が必要です。
できればそうなる前、おしっこがきちんと吸収されている段階で、交換するようにしましょう。

または、トイレトレーの上に、メッシュ状のすのこカバーがついたものを利用すれば、濡れたトイレシートの上を、犬が踏むことはありませんのでおすすめです。

いずれにしろ、犬はとてもきれい好きなので、何度も同じ場所に排泄することは好みません。
常に清潔を保つようにすることを心がけましょう。

「犬用のトイレシートの捨て方」普通に捨てると臭います

使用済みの犬用トイレシートの処分、あなたはどうしていますか?

普通にゴミ箱にポンと捨ててしまうと、いくら蓋をしていても、開けるたび臭ってきますよね。

それが数日分溜まると、ゴミ箱を開けるのも躊躇してしまうレベルになります。

今回はそんな使用済みの犬用トイレシートの捨て方を2つご紹介します。

犬用トイレシートをビニール袋に入れて捨てる

使用済みの犬用トイレシートを、ただゴミ箱に捨てるのではなく、その都度、小さなビニール袋に入れ、きちんと口を結んで捨てる方法です。

100%臭いをシャットアウトとまではいきませんが、かなりの臭いをブロックできます。

犬用トイレシート用のゴミ箱を使う!

赤ちゃんのオムツ用のゴミ箱があるように、犬にも犬用の使用済みトイレシートのゴミ箱が存在します。

普通のゴミ箱と違い、消臭・抗菌・防臭に優れた、臭いに特化したゴミ箱になります。

ペットリア デオポット

犬用トイレシートを選ぶときのポイント

ペットショップやホームセンターに行くと、かなりの種類の犬用トイレシートがあります。

最終的には、飼い主さんの好みや犬によって決まるのですが、今回は選ぶときのポイントをご紹介いたします。

犬用トイレシートのサイズには5種類

犬用トイレシートには5種類のサイズがあります。

  • レギュラーサイズ…小型犬用(32〜35cm×44〜56cm)
  • セミワイドサイズ…小型〜中型犬用(40×51cm)
  • ワイドサイズ…小型〜中型犬、多頭飼い用(44〜46cm×58〜62cm)
  • ワイドプラスサイズ…中型犬、多頭飼い用(51cm×70cm)
  • スーパーワイドサイズ…中型〜超大型犬用(60cm×90cm)

犬用トイレシートには吸収力に違いがあります

犬用トイレシートを選ぶときに、1番気を使わなければならないのが、トイレシートの吸収力になります。

その都度おしっこの度、トイレシートを交換するのであれば、吸収力はさほど気になりません。

そのため、質より量で購入するのがお得になります。

逆に、2〜3回はおしっこをしてから交換したい場合や、多頭飼いの場合、吸収力が優れてている方が、経済的にも、衛生的にもいいでしょう。
そのため、ある程度の厚さがあり、消臭効果もあるものを選ぶようにします。

レギュラーサイズを2枚使って経済的に!

大きなトイレトレーを使うには、ワイドサイズが必要だったりしますよね。

でも犬は、ワイドサイズのトイレシートの左右どちらかにしか、おしっこをしないということも多々あります。

無駄に感じたことはありませんか?

そこで…

レギュラーサイズを2枚使うことで、どちらかおしっこした方だけを交換するようにしていくと、ワイドサイズとレギュラーサイズ、同じメーカーでも袋に入っている枚数が全然違うので、経済的に大変助かるようになります。

犬用トイレシートのおすすめ商品

数ある犬用のトイレシートですが、今回はおすすめ犬用トイレシート つご紹介いたします。

クリーンワン消臭炭シート ダブルストップ

こちらのトイレシートは、小型犬のおしっこ約3回分を十分に吸収してくれます。

また、消臭炭効果で、独特な犬のおしっこの臭いを消臭します。

おしっこをサッと吸収して逆戻りしないので、多頭飼いのお宅にもおすすめします。

クリーンワン消臭炭シート ダブルストップ

1回使い捨て薄型ペットシート

とにかく、1回おしっこする毎にトイレシートを交換する場合、吸収力は必要ないため、質よりも量が必要になります。

そこでおすすめなのが、こちらの商品になります。

とても薄いトイレシートにはなりますが、薄くても、裏モレなどなく安心して使えます。

とにかく量が欲しいあなたにおすすめします。

1回使い捨て薄型ペットシート

エルル おしっこチェックもできちゃうトイレシート

このトイレシートは、おしっこをするだけで、ph値が確認できてしまう犬用トイレシートになります。

そしてありがたいことに、小型犬のおしっこを3回分吸収してくれる安心な吸収力があります。

これだけを健康チェックにはできませんが、普段の健康チェックにはとても役に立ちます。

エルル おしっこチェックもできちゃうトイレシート

まとめ

それぞれのお宅の犬の飼い方で、選ぶトイレシートは変わってきますが、いずれにしろ、犬はきれい好きだということは、忘れないようにしてください。

2〜3回はおしっこを吸収できますというトイレシートでも、おしっこの量によっては、安心できません。

常に清潔を保つようにして、犬がストレスなく排泄できる環境を作ってあげましょう。