犬のバッグの使い方とおすすめ犬用バッグをご紹介

犬,バック

犬用バッグとは?

犬用バッグは、キャリーバッグとも呼ばれ、愛犬を入れて運ぶのに重宝するため、犬を飼っている人なら、必ず1つは持っているのではないでしょうか。

犬用バッグのデザインはかなり豊富にあり、素材も布などから作ったソフトタイプのバッグから、プラスチックなどで作ったハードタイプのバッグまで数多くあります。

小型犬のように小さい犬なら、普通のバッグにサッと入れて運んでも…と思ってしまいますが、普通のバッグとの最大の違いは、犬自身がその中に入って、快適に過ごせるかどうかが違います。

犬用のバッグは、犬が入ったときの居心地や安全性を考えて作られていますので、どんなに小さな犬であっても、犬用のバッグをお使いになることをおすすめします。

犬用バッグの使い方

あなたは犬用バッグをどのように活用していますか?

犬を運ぶためのバッグではありますが、そのシーン毎にバッグを使い分けることで、より快適に使うことができます。

それでは犬用バッグの使い方をご紹介していきます。

公共交通機関を使っての移動にはソフトタイプの犬用バッグ

犬を連れて、電車へ新幹線などに乗る時は、ただ犬を抱っこして乗るわけにはいきません。

きちんと、犬が隠れるように犬用バッグに入れて利用するのがマナーです。

とはいえ、プラスチック製の犬用バッグでは、結構な重さになってしまいます。

また、バッグ自体も場所をとってしまうので、周りの迷惑にもなりかねません。

そのため、公共交通機関を使っての移動には、軽く、愛犬にフィットするようなサイズのバッグが多い、ソフトタイプの犬用バッグが最適になります。

車での移動にはハードタイプの犬用バッグ

車での移動には、ソフト・ハードタイプ、どちらでも問題はないのですが、ハードタイプの方が、安定感があります。

いざ、急ブレーキをかけてしまったときなどを考えても、ハードタイプの方が安心です。

また最近では、犬用バッグをシートベルトで固定できるものなどもありますので、ぜひ利用することをおすすめします。

遠出の旅行では折りたたみ式の犬用バッグ

愛犬と旅行に出かけた際、どこでも犬が歩けるわけではありません。

でも、犬が歩けるところでは歩かせてあげたいですよね。

そのため、犬用の折りたたみバッグを利用すれば、犬を歩かせている間、バッグをコンパクトに畳んでしまえば移動が楽になりますのでおすすめです。

自転車のカゴに入れて移動は専用犬用バッグ

近所の動物病院や、ちょっと離れたドッグランへ連れていきたいときなど、自転車に犬を乗せて移動したいときありますよね?

普通に犬用のバッグをカゴに入れて〜と思いがちですが、安定感に不安がある場合があります。

自転車用の犬のバッグは、自転車のカゴにバッグが固定できるようにベルトがあり、飛び出しできないように、メッシュの蓋がついていたり、安全性に優れています。

犬用バッグを選ぶときのポイント

様々なデザインや機能性を持った犬用のバッグですが、何をポイントに選んだらいいでしょうか。

犬用バッグを選ぶときのポイント1. 愛犬に合ったサイズ選び

バッグの中は犬が動き回れるように、余裕があった方がいいかな?と、人目線で思いがちですが、あまり余裕がありすぎると、移動中、犬が安定せず動き回り落ち着きません。

狭いかなと思っても、立ち上がれ、寝そべることができれば、それがベストなサイズになります。

大きすぎず、小さすぎないサイズを選びましょう。

犬用バッグを選ぶときのポイント2. TPOを考える

犬用バッグの使い方でご紹介したように、犬用バッグをどういうときに使いたいかで、選ぶバッグのデザインや素材は変わってきます。

愛犬と様々な場所に出向くことが多いのであれば、ソフト・ハードタイプ両方のバッグを持っていると大変便利になります。

犬用バッグのおすすめ品

それでは数ある犬用バッグの中で、今回はおすすめ つをご紹介いたします。
ぜひ、参考になさってください!

ANZUDOG 3ポケットペットキャリーバッグ

デニム生地の犬用バッグになります。

この犬用バッグの特徴は、とにかく外付けになっているポケットが多いことと、手で持つ以外に、ショルダーバッグとして使うこともできます。

バッグの両サイドはメッシュカバー付きなので、カバーをして目隠しをしたり、メッシュカバーにして、外の景色を愛犬に見せることもできるので、犬も居心地よく移動できるのではないでしょうか。

ANZUDOG 3ポケットペットキャリーバッグ

キャスター付き3wayキャリーバッグ

こちらの犬用バッグは、手で持つ以外に、ショルダーバッグとして利用でき、また、犬用カートにもなる、旅行では間違いなく重宝する犬用バッグになります。

多頭飼いでも移動でパニックになることなく、ストレスフリーな旅行を楽しめます。

キャスター付き3wayキャリーバッグ

バリケンネル ウルトラ NEW

ハードタイプの犬用バッグになります。

国際航空輸送協会(IATA)の安全基準をクリアしています。

普段、こちらのハードタイプで慣らしておくと、いざ、飛行機で移動しなければならないということが起きても、慣れた入れ物での移動になるので、犬にかかる異動のストレスを軽減してあげることができます。

バリケンネル ウルトラ NEW

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー

この犬用バッグは、とにかく軽くて丈夫です。

そして、必要ないときは折りたたんでぺったんこになります。

犬用バッグの側面にはポケットなどは一切ない、シンプルなデザインにはなりますが、その分、持ち運びはラクラクです。

バッグの中は、犬が快適に過ごせるように、柔らかいマットが付いています。

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトキャリー

3WAY多機能ペットサイクルバッグ

この犬用のバッグは、一般的な自転車のカゴに取り付けられるようにできている、自転車に安全に乗せられるバッグになります。

自転車のカゴから外せば、持ち歩きできる犬用バッグになり、バッグを広げると、犬のリラックスマットになります。

ちょっと遠くの公園まで自転車で行き、一緒に散歩した後はリラックスマットにして、愛犬と一緒にランチしても楽しいですよね。

3WAY多機能ペットサイクルバッグ

まとめ

犬用バッグは、私たち飼い主が楽で便利だというだけでなく、万が一の災害の時など、犬をパニックから守り、安全に避難するときにも大変役に立ちます。

また、病気やケガで、犬自身が動けないというときにもバッグは、活躍します。

犬との生活の中で、犬用バッグは必ず必要になるシーンがあるでしょう。

そのため、ぜひ、子犬のうちから犬用バッグが快適と思えるように、慣らしておくことが大切になります。