愛犬の気になるよだれについての原因と対処法


犬,よだれ

犬のよだれの役割とは?

犬のよだれはただ出ているのではなく、ちゃんと役割があります。

犬の歯は、人のように密に並びあってないので、口の中で溜まった唾液は、歯の間を溢れ、よだれとして溢れてきます。

では一体、このよだれの役割ってなんでしょう?

体温や体の中の水分調節

犬は人間と違い、汗をかきません。

そのため、犬の体温調節は、パンティング(下を出して、ハァハァと荒い口呼吸)をして調整するほか、よだれを出すことで、水分を蒸発させることでも体温を調節します。

おいしそうなものが目の前にあり、自然現象でつい…

私たちも、おいしそうなものが目の前にあったり、匂いがしてくると、自然と唾液が出て来ますよね。

犬も同じです。

ただ犬の場合、人間のように唾液を飲み込んだり、拭うという動作は必要と思っていないので、当然、自然現象としてよだれとして溢れてきます。

犬のよだれが止まらない原因と対処法

犬の少量のよだれは日常の光景ですが、たまに、よだれが出て止まらなくなることがあります。

そんな犬のよだれが止まらなくなる原因と対処法をご紹介します。

犬のよだれが止まらない原因1. 体温が高い

夏の暑い日に起こることが多いです。

犬の様子を観察して見てください。

よだれがパンティングしながら出ていませんか?

そんな時は、一生懸命よだれを出して、体温を下げようとしているサインになります。

室内にいる場合はエアコンの温度を下げてあげたり、外にいるなら、涼しい場所に映ったり、冷たいタオルを体に載せるなど、体温を下げてあげるようにしましょう。

犬のよだれが止まらない原因2. 興奮・緊張・ストレスで

ドッグランや病院に連れて行くと、普段はよだれダラダラなんてことない犬でも、よだれが途切れなく流れることがあります。

それはまさしく、知らない犬たちに囲まれたり、病院の嫌な匂いを嗅ぎ、緊張がマックスになって、よだれが出てきます。

こういった、原因がハッキリしている場合は心配ありません。

ドッグランなどは、楽しさを覚え、ほかの犬に慣れてしまえば、よだれは収まるでしょう。

動物病院の緊張は、人間の小さい子と同じですね。
病院に慣れろと言っても、無理かもしれません。

少しでも緊張を解いてあげるように、撫でてあげたり、話しかけたり、または、自分たちの番まで、車で待機するような工夫をしましょう。

犬のよだれが止まらない原因3. 車酔い

愛犬を車に乗せて、ふと見るとよだれが出ているってことありませんか?

それは、車酔いのサインになります。

乗り物に慣れていて、全く動じない犬もいるのですが、車酔いしてしまう犬は、何回車に乗っても酔ってしまいます。

車酔いと聞くと、嘔吐したりするイメージですが、車酔いしてよだれが止まらないということもあるので、注意してください。

愛犬のよだれが止まらないと思った時は、長時間のドライブをしないようにするか、休み休み、車から降りて、外を歩かせたりするようにしましょう。

犬のよだれが大量な原因と対処法

犬のよだれが止まらないという他に、どうもよだれの量が多いなと気になることがあります。

原因は、よだれが止まらないというときと同じこともありますが、今回はさらに量が増えるときの、原因と対処法をご紹介します。

犬のよだれが大量な原因1. 熱中症

犬のよだれは体温調節のために、溢れることがあるとご紹介しましたが、更に度を越すと、熱中症になってしまい、そうなると、犬のよだれも大量になります。

明らかに気温が高い日で、犬のよだれが大量に止まらない時は、緊急に体を冷やしてあげるとともに、念のため、動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬のよだれが大量な原因2. 喉や食道・胃に異物が詰まる

犬のいたずらで、何かを誤飲してしまったり、ご飯を慌てて食べて、喉から胃にかけてのどこかに詰まってしまった場合にも、よだれが大量に出ることがあります。

それは、必死に吐き出そうとしているためのよだれかもしれません。

詰まったと思われるものを、吐き出した場合は問題ありませんが、元気がなく、吐き出しもしない場合は、胃捻転も考えられますので、そういう場合は早急に動物病院へ連れて行くようにします。

犬のよだれが大量な原因3. 口内に食べかすが詰まっている

手作り食やクッキーなど、ご飯を食べた後、犬を見るとピチャピチャ、よだれを出しながら、舌をペロペロさせていることがあります。

そんな時は、まず、犬の口の中をチェックしましょう。

歯の間や歯茎などに、食べ物が詰まっていませんか?

犬自身、違和感を感じて必死に取ろうとした結果が、大量のよだれだったりします。

もし、口内に食べ物を見付けたら、キレイに歯ブラシをしてあげましょう。

犬のよだれトラブル 病気の可能性は?

犬がよだれを出すには、いくつかの理由があることがわかりました。

生理的な現象としてのよだれは、毎日のケアで口周りをキレイに保つことだけで問題ありません。

また、原因がわかっている限定的なよだれは、ある程度、私たちで対処可能です。

では最後に、同じよだれはよだれでも、病気の可能性がある、心配なよだれについて、ご紹介していきます。

まず、以下の項目をチェックします。

  • 元気がなく、よだれが止まらない。
  • 口臭がある
  • 口周りが腫れている
  • よだれを拭うと茶色い
  • 食後、苦しそうにしてよだれが止まらない
以上のような症状があるときは、迷わず、動物病院へ急ぎましょう。

普段、元気のある犬が元気がなく、よだれが出ているという時は、相当具合が悪い合図です。

中毒症状を起こしていることも考えられ、また、食後の場合は、胃捻転や腸捻転であることもあり得ます。

そして、口臭があったり、口周りが腫れているなどという症状の時は、歯肉炎含め、口腔ガンであったり、何かしら口内に病気が隠れていることがあります。

よだれに色がついている場合は、口の中の傷か、内臓からの出血が考えられます。

いずれにしろ、犬の様子がいつもと違い、よだれも止まらないという状態の時は、万が一のことを考え、獣医さんに診察してもらいましょう。

まとめ

一言で犬のよだれといっても、よだれ1つで、犬の体調や精神的な状態がわかることがあります。

ぜひ、普段から犬の様子を観察し、少しでも様子がおかしいときなど、いち早くその変化に気づいてあげられるようにしましょう。