犬が笑顔を見せる?犬が笑うときには実はこんな理由があった!


犬,笑う

犬は笑うのか?

犬は笑います。

決して、ワハハハハや、ケラケラケラと声を出して笑うことはありませんが、犬は、口角を上げてニッコリしたり、さらに大きく口を開いて、舌を出したりして、笑うこともあります。

その時、犬の目を見てください。

目も細まり、笑っているのがわかります。

あの笑顔を見せられたら、あぁ、犬を飼って良かったと心から思い、癒されます。

でも実際、犬はどんなときに笑うのでしょうか。
笑顔の理由に迫ってみましょう。

犬が笑う理由① 飼い主の真似

子犬は親犬の行動を見て、それを真似しながら成長するといいます。

あなたの愛犬にとって、親犬はあなたそのものなのです。

当然、常日頃の言動を目で追い、表情の1つ1つを観察しています。

あなたがいつもニコニコして犬に接し、撫でてあげるとき、犬はその時間がとてもお気に入りで、大好きな時間になるでしょう。

そして、そんなあなたの顔を犬はしっかりと学習しているのです。

一生懸命、大好きなあなたの笑顔を学習し、やがて、あなたに笑顔のお返しをしてくれます。

それは、「大好きだよ」と言ってくれているみたいですよね。

犬が笑う理由② 服従の表れ

この時の笑顔は、ちょっとタイプの違う笑顔になります。

犬が、「私は、あなたに従いますよ〜」っていうとき、ゴロンッとお腹を見せることがありますよね。

それと同じように、犬が口角を引いて笑顔を作っているときには、服従を表しているといいます。

この表情を見せるときには、決して犬は牙を見せません。

服従心の表れですから、とにかく攻撃する意思がないことを犬は、アプローチしているのです。

一方、この笑顔を作るときは、どちらかというと、嬉しいとか幸せという感情からの笑顔ではなく、「あなたには敵いませんよ〜」という降参の意味もあるので、ストレスや恐怖心も含まれているかもしれません。

犬が笑う理由③ 楽しいとき

犬は人間と同じで、楽しいときや嬉しいときに笑顔になります。

大好きなご飯やおやつをもらうと、ついつい嬉しくて、顔がニコニコになります。

大好きなあなたや、大好きな犬友達と、ドッグランや広場で思い切り走り回って遊ぶときも、これほどない無垢な笑顔を振りまいています。

また、「かわいいね」や「かっこいいね」「いい子だね」という風に、褒められたときも、犬はそれがいいことだということをわかっていて、とても誇らしい、嬉しい笑顔を作ります。

これらは全て、犬が見せるカーミングシグナル(ボディランゲージ)になります。

犬は言葉を離さない代わりに、体のあらゆる部位を使い、自分の感情を表現します。

どうしたら、犬を笑顔にしてあげられる?

飼い主なら誰もが思いますよね。

少しでも多くの愛犬の笑顔を見たいって。

犬は感受性が豊かで、例え、人の言葉がわからなくても、大好きな人の感情を察することができるといいます。

そして、犬は常に大好きなあなたの顔を見ています。

愛犬の笑顔を見たければ、意外とそれは簡単なことかもしれません。

  • 毎日、犬に笑顔を見せて会話をする。
  • 毎日、笑顔でスキンシップの時間を作る。
  • あなた自身が、犬と一緒にいることを楽しむ。
  • 犬と一緒に夢中になれる遊びを見つける。
  • 犬はあなたの嘘なんて簡単に見破ります。
    犬には正直であること。

これらのことを、実践してみてください。

きっと、そんなあなたの気持ちに犬は優しく答えてくれるはずです。

笑顔がわかりやすい犬種ってあるの?

犬種の中には、本当にわかりやすいくらい、喜怒哀楽を豊かに表してくれる犬もいます。

あまりにもわかりやすいので、顔を見て会話が成立するんじゃないかと思うこともあります。

「あ。
今日も笑顔だな!」とわかりやすい犬種といえば、

  • ポメラニアン
  • 柴犬
  • サモエド
  • チワワ
  • ボストンテリア
  • シベリアンハスキー

などがあります。

YouTubeなどでも、これらの犬種の笑顔はたくさん見ることができます。

ただ中には、本当は嬉しかったり楽しかったりするのですが、なかなか顔に表れない犬もいるのです。

でも、どんなにわかりにくいポーカーフェイスを決め込んだ犬でも、よーく見ると、笑顔なのか真顔なのか、長年その犬と一緒に暮らしていれば、わかってきます。

それがきっと、犬との「以心伝心」なのかもしれませんね。

いずれにしろ、犬と分かり合え、信頼し合っていれば、ほかの人にはわからない笑顔でも、家族にだけ見せるスペシャルな笑顔があれば、それだけで十分と思えます。

犬の笑顔を写真に収めたい!写真の撮り方のコツ

犬の笑顔は、万人をも笑顔にします。

そんなパワーを秘めた、犬の笑顔をぜひ、写真に撮っておきたいと思いませんか?

笑顔の写真を撮るコツを、6つご紹介いたしますので、ぜひ、お試しください!

  • 1. 犬目線にカメラを合わせる。
    (犬と同じ位置になるため、寝そべる勢いで)
  • 2. 大好きなおやつやおもちゃをチラつかせる。
  • 3. わざとらしい高音で、思い切り褒める。
  • 4. 散々外で遊び、犬のご機嫌な時を狙う。
  • 5. 写真は一発勝負ではなく、連写で撮る
  • 6. 誰かに犬と遊ばせ、あなたがカメラマンで犬を追い、シャッターチャンスを待つ。

犬が大好きな場所、公園や散歩コースのどこかなど、比較的、外での方が笑顔が出やすいかもしれません。

自然な犬の表情を撮るために、ポイントは、人の高さ(上から下)からカメラを向けるのではなく、犬と同じ高さで撮ると、グッと犬の表情がかわいく撮れます
なお、外で写真を撮るときの姿勢には気をつけてくださいね!

変な人だと思われてしまいます。

保護犬が笑ってくれない。
どうしたらいい!?

そんな悩みを抱える方はいませんか?

いざ、保護犬を受け入れたけど、うちにいて幸せなのかわからないほど、笑ってくれないと心配になります。

家に慣れたら次第に笑顔になるだろう。

そう思っていても、一向に表情が硬いまま…と、飼い主さんの気持ちが折れそうになることもあります。

どうか焦らないでください。

その犬はきっと、かつてはたくさんの笑顔を見せたときもあったかもしれません。

でも、わけあって帰る家をなくし、孤独で寂しい気持ちを奮い立たせるために、これ以上傷つかないために、心を閉ざしてしまったのです。

その傷が深ければ深いほど、心を癒してあげるのには、時間がかかります。

ただ、笑顔がない=感情がないわけでは決してありません。

注意深く、警戒しているのです。

少しでも、リラックスできるように、人に甘えて、信じてもいいっていうことを教えていきましょう。

具体的には、

  • 遊びに誘っても来ない場合は、無理強いしない。
    でも毎日、遊びには誘うこと。
  • 寝床は快適に作ってあげ、寝ているときは邪魔しない。
  • 嫌がらないようであれば、スキンシップは毎日とる。
  • 毎日、笑顔で話しかける。
  • 諦めずに、犬の方から距離を縮めてくれるのを待つこと。
  • 犬が得意で夢中になることを見つけてあげる

などを試してみましょう。

時間が相当かかっても、少しずつ焦らずに待つことです。

きっと、笑顔が見られる日が来ます。

まとめ

ビッグスマイルも、控えめな笑顔も、どんな笑顔も犬の笑顔は最高ですよね。

どんな疲れた日でも、あの笑顔を見られたら、明日も頑張ろうと思えます。

お互いに笑顔を見せ合い、信頼関係を保ち続けていきましょう!