犬はピーマンを食べてもいい?犬にピーマンの栄養素や与える際の注意点


ピーマン

ピーマンを食べても大丈夫か?

犬はピーマンを食べても「大丈夫」

結論から言うと、犬はピーマンを食べても大丈夫です。

むしろ食事にうまく取り入れることで、犬の健康を手助けしてくれる野菜とも言えます。

ピーマンには、犬が体内で作ることのできない栄養素が含まれていて、新陳代謝を促したり肥満解消になど様々な効果が期待できます。

ただし、犬は本来肉食寄りの動物です。

野菜に含まれる食物繊維を上手に消化することができず、下痢や嘔吐を起こしてしまうこともあるため、量や与え方には注意が必要になります。

ピーマンの栄養成分・効用

ピーマンには以下のような栄養成分が含まれています。

  • ビタミンC
  • βカロテン
  • ビタミンK
  • ビタミンP
  • ビタミンB類
  • ルテイン
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム

ピーマンは免疫力アップや老化予防が期待できる

ピーマンには、ビタミンCやβカロテンが豊富に含まれています。

犬の場合、体内でビタミンCを合成することができますが、病気の犬や高齢犬などのビタミンCの合成能力が低下した犬には食事で摂ることがおすすめです。

ビタミンCには、脂肪の代謝を促す効果や免疫力の向上に期待できます。

βカロテンは、抗酸化作用が期待できる他、体内でビタミンAに変換されることで粘膜や皮膚の健康、老化防止、ガン予防にも期待ができます。

他にも、鉄分やカルシウムなどのミネラル類も多く含まれています。

ビタミンPは、毛細血管を強くする働きがあるので血流を良くし、抗酸化作用に優れた効果を発揮します。

血管の強化を維持してくれる野菜は他に多くありませんよ。

ピーマンの栄養効果まとめ

  • 脂肪代謝
  • 免疫力向上
  • 老化防止
  • 抗がん作用
  • 血管の強化や血流促進
  • 抗酸化作用・若返り効果・老化予防 など

ピーマンを犬に与えるときの適量とは?

ピーマンを犬に与えるときの適量は、体重5kgの犬に対して5gを目安にしましょう。

非常に少なく感じるかもしれませんが、フードのトッピングとして与える程度の量で十分です。

少量ずつ与えて、愛犬や便の様子を観察しながら与えてみましょう。

犬へのピーマンの与え方

ピーマンは生のままだと固いので、食べやすいように細かく刻んで、加熱してから与えると良いでしょう。

ピーマンの持つ栄養素は加熱しても壊れにくい特徴を持っています。

ただ、人が食べる時と同様に「ヘタ」と「タネ」は必ず取り除いてから与えてください。

ピーマンはオイルとの相性が良いです。

ピーマンが苦手な子でも、オイルで炒めてあげることで苦みが軽減されるので食べられるようになるかもしれませんよ。

ちなみに、緑ピーマンよりも赤ピーマンの方を好む犬の方が多いそうです。

赤ピーマンは緑ピーマンが熟したものなので、苦み成分が少なく逆に甘味成分が多くなっています。

緑でも赤でもビタミン類が多く含まれているので、緑ピーマンが苦手な犬には赤ピーマンを与えることをおすすめします。

ピーマンを使った犬用レシピ

◆ピーマンの肉詰め

玉ねぎは使わず、にんじんやしいたけなどの野菜を混ぜてあげましょう。

☆材料

  • ひき肉・ピーマン・卵・小麦粉・にんじんやしいたけなど

☆作り方

  • ひき肉と卵、細かく刻んだにんじんなどを混ぜ合わせて肉だねを作る
  • 3等分に輪切りにしたピーマンに肉だねを詰める
  • 油を熱したフライパンで両面を焼き色が付つくまで焼く⇒できあがり!!

犬にピーマンをあげるときの注意点

犬にピーマンをあげるときの注意点①

~中毒成分に注意~

微量ではありますが、ピーマンには「アルカロイド」という毒性のある成分が含まれています。

このアルカロイドは、関節疾患を引き起こすと言われています。

ごく微量しか含まれていないため、長期間に渡って過剰摂取しない限りは問題ないと言われていますが、念のため、関節や骨の弱い小型犬や老犬などに与えることは控えた方が良いかもしれません。

また、呼吸器系の疾患を持っている犬に与えることも控えた方が良いと言われています。

犬にピーマンをあげるときの注意点②

~与え過ぎないこと~

犬は元々野菜の消化吸収が上手に行えません。

与えすぎることによって、便秘や下痢、嘔吐の原因になってしまうことがあります。

初めてピーマンを与えるときには、ごく少量から与えて便や犬の様子を見ながら徐々に目安の量までで増やしていくようにしましょう。

また、ピーマンに含まれるβカロテンは、抗酸化作用や老化予防が期待できる栄養素ですが、犬の場合肝臓に蓄積してしまうと言われています。

継続的に大量に与えるようなことがない限りは問題ありませんが、ピーマンを与える際は量や頻度に気を付けるようにしましょう。

犬にピーマンをあげるときの注意点②

~アレルギーの注意~

個体によっては、ピーマンにアレルギー反応を示すことがあります。

食物アレルギーによる代表的な症状には、毛が抜けたり、皮膚が赤くなる、痒み、発疹などがあります。

このような症状を見つけたら、ピーマンを与えることはすぐに中断して動物病院で診察してもらいましょう。

また、初めてピーマンを与えるときにはアレルギー反応が出ないかも確認しながら、少量ずつ与えていくようにしましょう。

さいごに

ピーマンは、免疫力の向上や老化予防など犬の健康に嬉しい効果のある野菜です。

しかし、ピーマンなどの野菜は犬にとって必ず必要な食べ物というわけではありません。

犬が嫌がるようであれば無理に与えないようにしましょう。

ピーマンが好きな犬には、適切な量を守って食べさせてあげることで健康をサポートしていきましょう。