犬はレタスを食べてもいい?犬にレタスの栄養素や与える際の注意点


犬,レタス

犬はレタスを食べても大丈夫か?

犬はレタスを食べても・・・大丈夫!!

結論から言うと、犬はレタスを食べても大丈夫です。

シャキシャキの食感を好んで食べる犬も多いでしょう。

レタスは、95%が水分からできていて灰汁もないレタスは犬に与えても問題ありません。

犬の水分補給としても役立つうえ、体に良い栄養素が含まれています。

それでも、与えすぎてしまうと下痢や嘔吐の原因になることもあり、与える際には注意しておきたい点がいくつかあります。

レタスの栄養成分・効用

レタスの95%が水分からできていますが、栄養素もしっかり含まれています。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • カリウム
  • カルシウム
  • ラクチュコピクリン

レタスは水分補給やおやつにぴったり

水分が大半を占めるレタスは、高齢になって水をあまり飲まなくなった高齢犬や夏バテ気味の犬の水分補給におすすめです。

レタス100gあたりエネルギーが12kcalと低カロリー食材でもあるため、シャキシャキ食感のあるレタスは、ダイエット中の犬へのおやつとしてもおすすめです。

レタスに含まれるビタミンCやビタミンEには、強い抗酸化作用があり、老化防止や細胞・血管の強化の効果も期待できます。
血流が促され毛並みの改善や抵抗力の向上に繋がります。

犬は通常、ビタミンを体内で合成することができますが、高齢などで合成能力が低下した犬には、食べ物でビタミンを補給してあげると良いでしょう。

ラクチュコピクリンという成分は、レタスを切った時に内部から出てくる白い液体に含まれています。

自律神経を整える効果があると言われていて、リラックス効果や安眠効果が期待できます。

他にも、食物繊維は腸内環境を整え便通を促す効果があり、カリウムは体内の余分な塩分を排出する手助けをしてくれ高血圧の予防にも繋がります。

レタスの栄養効果まとめ

  • 水分補給
  • 老化予防
  • リラックス効果
  • 便秘改善
  • 高血圧の予防  など

犬にレタスを与える時の適量

犬にレタスを与えるときの適量は、小型犬で1/2枚です。

他の野菜と比べても食物繊維が少なめなので、他の野菜よりも多めに与えても大丈夫な野菜です。

ただし、犬によって食べ物による反応は異なるため、初めてレタスを与える際には、少量ずつ与えるようにして便や愛犬の様子を観察しながら増やしていくようにしましょう。

犬へのレタスの与え方

レタスは、生でも加熱してでも与えられる野菜です。

それでも、レタスは夏野菜でもあるのでカラダを冷やす働きを持っています。

暑い夏場には生で与えることもおすすめですが、下痢や腹痛を引き起こすこともあるので、寒い季節に与えるときは加熱処理してから与えてあげた方が犬のお腹には良いかもしれません。

シャキシャキとした食感も良いですが、火を通してクタクタになったレタスも美味しいですよね。

スープや煮物などにして与えてあげると良いでしょう。

また、与える前には流水でしっかり洗ったものをあげるようにしましょう。

サニーレタスは?

レタスの仲間である、サニーレタス。

レタス同様、犬が食べても良い野菜です。

しかし、レタスよりも多くの食物繊維を含んでいるので、レタスと同じようにあげていると下痢や嘔吐の原因になってしまうでしょう。

サニーレタスは食物繊維が豊富なうえ栄養価も高く、レタスに比べてβカロテンは8~10倍以上、ビタミンKは5倍以上も入っていると言われています。

サニーレタスを与える際は、特に与える量に気を付けて、細かく刻んだりすり潰して与えるようにしましょう。

レタスを使った犬用レシピ①

◆レタススープ

 

〇材料

  • レタス1/2枚・鶏肉・にんじん・水

〇作り方

  • 材料は犬が食べやすいサイズに切っておく
  • 鍋に水を入れて材料を煮る
  • 材料に火が通ったら器に移して熱を冷ます ⇒できあがり!!

 

レタスを使った犬用レシピ②

◆レタスとささみのサラダ

 

〇材料

  • レタス・鶏ささみ・卵・オリーブオイル

〇作り方

  • 茹で卵を作っておく
  • レタスを食べやすい大きさに切る
  • 鶏ささみを湯がいて、食べやすい大きさにほぐす
  • レタス・鶏ささみをオリーブオイルであえて、お皿に移す
  • 茹で卵を切って飾りつける ⇒できあがり
  • 犬にレタスをあげるときの注意点

    犬にレタスをあげるときの注意点①

    ~与え過ぎに注意~

    レタスには、他の野菜ほど多くはありませんが食物繊維が含まれています。

    犬は食物繊維を上手に消化しにくい体の作りをしているため、与え過ぎてしまうと下痢や嘔吐の原因になってしまいます。

    また、レタスに含まれるカリウムは利尿作用があるため、尿の量や回数が増えたり、おもらしをしてしまうことも考えられます。

    犬にレタスをあげるときの注意点②

    ~人用に味付けされたものはNG~

    人間にとっては、サラダなどで食卓に並ぶことの多いレタスです。

    犬が食べたがることもあるでしょう。

    それでも、人用に味付けされたものは与えないでください。
    犬にとっては塩分やカロリーが高すぎます。

    これは、ドレッシグやマヨネーズも同様に言えることです。

    犬にレタスをあげるときの注意点③

    ~アレルギーに注意~

    レタスは95%が水分からできているためアレルギー反応を示す犬は少ないですが、個体によってはアレルギーを起こしてしまう可能性も否定できません。

    食物アレルギーによる代表的な症状には、脱毛や発疹、皮膚が赤くなる、痒みなどの症状があります。

    このような症状が見られたら、レタスの与えることをすぐに中断し、動物病院で診察するようにしましょう。

    また、初めてレタスを与える場合には、アレルギー反応が出ないかを確認しながら少量ずつ与え、徐々に量を増やしていくようにしましょう。

    犬にレタスをあげるときの注意点④

    ~レタスによる吐き出し~

    犬は、お腹の調子が悪いときや気持ち悪いとき、草などを食べて吐くことがあります。

    整腸作用のための自己防衛本能の一つです。

    「吐き出し」と呼ばれる行為で、この吐き出しのためにレタスを食べる犬もいるようです。

    もちろん、アレルギーやそれ以外のことが原因で嘔吐していることもありますので、一概に吐き出しだと判断せず、アレルギーなどの他の原因も疑うようにしましょう。

    さいごに

    レタスは犬が食べても問題のない野菜です。

    高齢犬の水分補給やダイエット中のおやつとしても活躍してくれるでしょう。

    レタスが好きな犬は多いですが適量を守って、主食の邪魔にならないよう上手に与えてあげましょう。