犬の10歳は人間でいうと何歳?10歳の犬の食事や保険、手術について

犬,子ども,老犬

犬の10歳は人間でいうと何歳?

犬の10歳は人間で言うと?

犬が年を取るスピードは人よりも早く、小型犬だと約4倍、大型犬だと約7倍もの速さで年を取ると言われています。

つまり、その分老いも早く来るということです。

犬の10歳を人間の年齢にすると、小型犬~中型犬で56歳、大型犬で60歳に当たります。

この数字はあくまでも目安で、その犬の大きさや生活環境なども影響し個体差があります。

犬の10歳は老犬?

犬は、いつから「老犬」になるのかはっきりとした年齢を断言することはできませんが、一般的に老犬と言われる目安は、小型犬なら9~13歳、中型犬9~11歳、大型犬だと7~10歳ごろから老化が始まると言われています。

ドッグフードでは、7歳ごろからシニアと呼ばれていますね。

老化のスピードは犬によってもそれぞれ個体差があるので、老化のサインをチェックしてみましょう。

◆犬の老化のサイン

  • 寝ていることが多くなった
  • 散歩に行きたがらなくなってきた
  • あまり遊ばなくなった
  • 食事の好みが変わった
  • 感情の起伏が激しくなり、反抗的になった
  • 抜け毛が増えた、毛が薄くなった     など

犬の10歳 食事の注意点

10歳を超えた犬の食事には、色々と気を付けなければならない点があります。

普段から食事の様子をよく観察し、変化に気付くことも大切です。

犬の10歳 食事の注意点①

~良質な動物性たんぱく質を摂取させる~

犬も年齢を重ねるにつれて筋肉が衰え、筋肉を作るのに必要なアミノ酸が低下していきます。

そこで、消化率が高く消化吸収がしやすい高品質な動物性たんぱく質を摂取させるようにしましょう。

犬の10歳 食事の注意点②

~低カロリーな食事を~

個体差はありますが、犬も年を取ることで活動量が減り基礎代謝が低下します。

そのため、1日に必要とするエネルギー量が低下するため、カロリー過多による肥満に注意が必要です。

必要な栄養を保ちつつ、低カロリーな食事にしてあげましょう。

また、老犬の体の機能を調整するミネラル類、特にカルシウムとリンがバランス良く含まれた食事を意識してあげることで、より健康的に過ごせるようになるでしょう。

犬の10歳 食事の注意点③

~嗜好性を高める~

年齢を重ねるとともに、食欲の低下が見られるようになります。

食欲の落ちた老犬には、嗜好性を高めるために香り・舌ざわり・歯ごたえなどを変えてあげることで食欲を誘ってみましょう。

ドライフードをぬるま湯でふやかす、温める、フードの種類自体変える、トッピングを加えるなど工夫しててあげると良いでしょう。

犬の10歳 食事の注意点④

~飲水量に注意~

老犬は、年を取ることで喉の渇きに対する感覚まで低下していきます。

そのため、脱水症状を起こしやすくなってしまうため、食事から水分量を増やすよう工夫してみましょう。

ドライフードをぬるま湯でふやかしたり、パウチタイプに変えるなどしてあげると良いでしょう。

犬の10歳 犬用の保険に入るべき?

加齢に伴い体に様々な変化が見られ、ケガや病気が増えていくことで多額な医療費が必要になってしまうことも少なくありません。

そんな時ペット保険に入っておくことで費用が軽減され費用面で安心することができます。

しかし、10歳になってペット保険に入れるのか、入るメリットはあるのでしょうか。

犬が10歳になってから入れる保険はある?

近年では、様々なペット保険会がありますが、その多くは新規加入年齢が7~8歳に上限されています。

一部の保険では、10歳になってからでも加入できる保険会社もありますが、選択肢は多くありません。

そういったペット保険に10歳以上になってから加入する場合には、できるだけ早めに申込することをおすすめします。

犬の10歳 ペット保険に入るメリットとデメリット

10歳を超えた犬がペット保険に入るメリットは、やはり医療費の負担を軽減できることです。

今はまだ健康な犬の場合でも、さらに年齢を重ねるにつれてケガや病気になる可能性が高くなります。

ペット保険に加入していれば、自己負担が少なくて済むので費用面での不安を減らすことができます。

逆にデメリットには、高齢になるほど保険料が高くなるため加入直後から高い保険料を支払う必要があることです。

また、すでに何らかの病気になっていることも考えられる年齢ですが、一般的にはその病気に対しては補償対象外となっていることがほとんどです。

犬の10歳 犬用の保険に入るべき?

ペット保険は任意なので個々の価値観にもよりますが、万が一に備えたいという方は、ペット保険に加入することをおすすめします。

近年では、動物医療も発展し犬の寿命も長くなってきています。

年齢を重ねるにつれて病気になるリスクも高くなるため、病気になった時の経済的な不安は、ペット保険に加入することで和らげることができるでしょう。

補償の範囲をしっかり確認しておくようにしましょう。

犬の10歳 気を付けたい病気

老犬と呼ばれる10歳を超えると、徐々に体のあちこちに異常が見られるようになります。

様々な病気にかかりやすくなり、骨や筋肉の衰えによりケガの心配も増えていきます。

それでは、10歳を超えると気を付けたい病気をいくつか紹介します。

  • 癌・悪性腫瘍
  • 認知症・小脳障害
  • 気管支炎・肺炎
  • 心不全・白血病
  • 白内障・緑内障・ドライアイ
  • 歯周病
  • 外耳炎・中耳炎・耳腫瘍
  • 関節炎・椎間板ヘルニア・骨粗しょう症
  • 糖尿病・クッシング症候群・甲状腺機能低下症
  • 前立腺肥大・子宮内膜炎
  • 慢性腎不全・膀胱炎・腎結石膀胱結石・尿道結石
  • 強迫神経症・分離不安        など     

このように、全身的にかかりやすい病気が増えてきます。

犬の10歳 気を付けたい病気①

~肥満~

「肥満は万病の元」とも言われる通り、心臓や呼吸器系など内臓や足腰への負担が大きく様々な病気を引き起こす原因となります。

加齢に伴い基礎代謝が下がった老犬は、若いときと同じ食事を与えているとカロリー過多となり太ってしまうのです。

また高齢になると、運動不足にもなりやすく、より肥満になりやすくなってしまいます。

高齢犬用・ダイエット用のフードに変えるなどの食事内容と運動のバランスを考え、肥満を予防していきましょう。

犬の10歳 気を付けたい病気②

~認知症~

犬の場合、平均11歳になると「認知症」の症状が現れると言われています。

不明な部分が多い病気ですが、老化や遺伝、ストレスが認知症を促進させると考えられています。

認知症になると、睡眠時間が不規則になり夜泣きをしたり、食欲不振、無駄吠えが増える、トイレの失敗などの症状が見られます。

予防することが難しい病気で早期発見・早期治療が大切となりますが、犬にストレスのない生活を送らせてあげましょう。

また、規則正しい生活や運動、遊びなども症状の改善に有効的だと言われています。

犬の10歳 手術すべき?

犬が10歳になってから病気になったとき、例えその病気が手術すれば治る病気でも、高齢になればなるほど「麻酔のリスク」が高まります。

心肺機能の低下や呼吸系疾患が原因で副作用や後遺症が強く出やすいことや、麻酔に犬が耐えられるかという術中の危険性もあります。

10歳になると持病を患っていることも多く、心臓病や呼吸器疾患、肝機能障害、肥満、短鼻の犬種は特に麻酔のリスクが上がってしまうでしょう。

それでも、手術すべきか決断するのは飼い主さんです。

苦渋の決断になるかと思いますが、念入りに術前検査を行って犬の健康状態を把握し、担当の獣医師と相談の上で決断するようにしましょう。

まとめ

犬の10歳というと、一般的に老化の兆候が見られるころです。

10年もの間、共に過ごしてきた愛犬が老いていく姿を見るのはつらいものですが、近年では犬の寿命も延びて20歳まで生きる犬も少なくありません。

愛犬の余生が幸せで快適であるよう、これまでとは違ったケアも取り入れながら色々と工夫してあげましょう。