チワワはいびきをかきやすい!?正常ないびきの見分け方

実はチワワはもともと、いびきをかきやすい犬種です。しかしながら、あまりに大きないびきを繰り返すときはもしかすると病気が潜んでいるサインかもしれません。

チワワはいびきをかきやすい!?

チワワがあどけない顔で寝ている様子はかわいいものです。
時おり、体に似合わないほど大きないびきをかいている時はありませんか。
実はチワワはもともと、いびきをかきやすい犬種です。
しかしながら、あまりに大きないびきを繰り返すときはもしかすると病気が潜んでいるサインかもしれません。
そこで、いびきの見分け方とその対処方法をご紹介します。

いびきのメカニズムはチワワも人も同じ

いびきは睡眠中の呼吸時に起こる雑音のことです。
空気の通り道に何らかの障害があると、呼吸時に粘膜など体の組織が振動して雑音が生じます。
いびきを見分けるポイントは、寝ている様子が気持ち良さそうかどうかです。
寝ているチワワを見たとき、スースーと寝息のような音だったり、定期的な呼吸が繰り返されているのならば特に問題はありません。
人間と同じように、チワワも疲れているときやストレスを感じているときは大きないびきをかきやすくなります。
一時的ないびきなら問題はありませんが、気になる場合はチワワとの生活を今一度見直してみると改善されることもあります。

肥満、高齢のチワワのいびきは注意が必要

チワワのような短頭種は、生まれつき気道をふさぎやすい骨格をしています。
上あごの骨が空気の通り道である気道を狭めるつくりになっているので、先天的にもいびきをかきやすいのです。
さらに肥満と高齢もいびきの一因です。
肥満になると過剰な脂肪が気管や肺を圧迫して、空気の通り道を狭くしてしまいます。
高齢になってくると口や喉の周りの筋肉が衰えて気道をふさいでしまうことがあります。
しかしどちらのケースも他に病気が隠れている場合があります。
あまりに呼吸が苦しそうにみえるときは専門家に診てもらいましょう。
高齢はともかく肥満は日頃の食生活で予防・改善できます。肥満はいびき以外にも万病のもとになります。
チワワをあまり太らせないようにしましょう。

大きないびきは病気の可能性も

チワワのいびきがあまりにひどい場合は病気の可能性が考えられます。
その一つが、軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)です。
上あごの奥にある骨(軟口蓋)が気道をふさいでしまう先天的な病気です。空気を吸おうとすると気道にフタがされるので、ゼーゼーと苦しそうないびきが出ます。
重症の場合は呼吸困難で突然死してしまうこともあるので注意が必要です。 気
管虚脱もチワワがかかりやすい病気です。気管が変形して空気の通り道を狭めてしまい、フガーフガーと大きな音のいびきをします。
他にも心臓病を患っていたり、鼻や喉に腫瘍ができている可能性もあります。
明らかにおかしい、苦しそうにみえる場合は早めに獣医にかかりましょう。その際、いびきをかいている姿を動画に撮っておくと診察に役立ちます。