チワワのかかりやすい病気って?

チワワのような純血種の犬は、特定の病気にかかりやすい傾向があります。病気というと恐ろしいイメージですが、病気の特徴をあらかじめ知っておくことで予防できることもたくさんあります。
チワワが病気になってもきちんと面倒を見ることができるのか、チワワを飼う前に考えることも大切です。
チワワのような純血種の犬は、特定の病気にかかりやすい傾向があります。
病気というと恐ろしいイメージですが、病気の特徴をあらかじめ知っておくことで予防できることもたくさんあります。またどんな病気もそうですが、いつ発症するか分かりません。

チワワのかかりやすい病気 1.水頭症

水頭症とは遺伝的な脳の病気で、チワワが1歳までの子犬の時期に発症しやすいと言われています。
頭蓋骨の中で脊髄液が過剰に増えて脳を圧迫し、異常行動や過食、視力低下などを引き起こします。
予防方法は残念ながらありません。
一度発症すると完治させることは難しく、投薬で症状を緩和する治療法が一般的です。

チワワのかかりやすい病気 2.膝蓋骨脱臼

チワワのように手足の細い犬種によくみられる病気です。膝のお皿から骨が外れてしまい、放っておくと歩くのに困難をきたすようになります。
チワワに限らず、室内犬や筋肉や骨が形成途中の子犬にもよく見られる症状で、走ったり飛び跳ねたりすることが原因です。外れた骨は、勝手に元に戻る場合もありますし、成長とともに治る場合もあります。
しかし歩くのを辛がったり痛そうにしていたら治療が必要です。
重度の場合は手術が必要になります。普段から、高いところから飛び降りさせない、フローリングを走らせないなどの対策で予防することができる病気です。

チワワのかかりやすい病気 3.気管虚脱

チワワの気管が押しつぶされて変形し息をするのが苦しくなる病気で、呼吸困難や激しい咳を引き起こします。
頭を後ろにのけぞって吠えるチワワや肥満のチワワに起こりやすいと言われています。
発症すると完治は難しいので、心配な人は早めに獣医さんに相談しましょう。

チワワのかかりやすい病気 4.僧帽弁閉鎖不全症

チワワのような小型犬に見られる心臓の病気です。
心臓内の弁が変形して血液が逆流してしまい、やがて呼吸困難や不整脈を引き起こして突然死に至ることもあります。
老化とともにかかりやすくなるので、特にシニア世代のチワワは日ごろからの体調管理に気を付けて下さい。
ダルそうにしていたり空咳をしていたりするときは早めに受診しましょう。

チワワのかかりやすい病気 5.低血糖症

体の小さなチワワは栄養分を蓄えられる量が少ないため、低血糖症になるケースがあります。
特に3か月までの子犬がけいれんしていたり、ぐったりしていたら要注意です。過度な運動には注意し、食事はこまめに与えることが大切です。

チワワのかかりやすい病気 6.角膜炎

大きな瞳が特徴のチワワですが、目が外に飛び出している分、傷が付きやすい傾向にあります。
傷が付いただけなら治るのも早いのですが、こすったりすることで結膜炎や角膜炎を引き起こすと治療も長引きます。
物にぶつからないようにする、草木の茂る場所には入らないようにするなど、外傷自体を起こさないように気を付けましょう。