チワワのシャンプーのやり方、間違っていませんか?


チワワのシャンプー 頻度は1~2か月に1回がベスト

チワワのシャンプーは、1~2か月に1回がちょうど良いペースと言われています。

チワワは汗をあまりかかないので汗臭くなることはほとんどありません。

また洗いすぎると皮膚が乾燥して、皮膚病やフケのもとになります。

犬独特の臭いが出始めるのが1~2か月なので、そのぐらいの頻度でシャンプーするのがちょうど良いでしょう。

もう少し頻繁にシャンプーしたい場合は、皮膚に優しい低刺激のシャンプーを選んで下さい。

そして皮膚病などによりこまめなシャンプーが必要な場合は、獣医の指示に従うようにして下さい。

足や肛門などの汚れが気になる時には、ブラッシングや部分洗いをすることでかなりキレイになります。

愛犬や飼い主さんの負担も少なくて済むのでぜひ取り入れてみて下さい。

チワワのシャンプー すすぎはしっかり、鼻にはシャンプーしないで

チワワのシャンプーは、35~37℃のぬるめのお湯で行います。

チワワは熱いお湯は苦手です。
熱中症になることもあるので気を付けましょう。

シャワーをいきなり顔にかけるのは危険です。
足から始めて、下半身、上半身へとゆっくりしっかり濡らしていきましょう。

チワワに限らず犬全般に言えることですが、シャワーやシャンプーが犬の鼻にかからないように注意して下さい。

チワワに限らず犬にとって、鼻は大事な感覚機能です。

使えなくなったら命にも関わります。
顔を洗うときは慎重に行いましょう。

シャンプーは優しく泡立てて、皮膚を軽くマッサージするようにして洗います。

シャンプーを洗い流すときは、洗い残しがないように十分すぎるぐらいすすいで下さい。

洗い残しはフケのもとになります。
特に長毛のチワワの場合は毛の奥にシャンプーが残る場合もあるのでしっかりシャワーしましょう。

仕上げにリンスをするとサラサラになります。

リンスは薄めてから毛になじませていくとやりやすいです。

リンスもしっかり洗い流しましょう。
洗い終わったら人間用のドライヤーでもいいので、しっかり乾かします。

濡れたままだと、せっかく洗ったのに雑菌が繁殖してしまいます。

水分をよく吸収するドライタオルを使えば、ドライヤーが少し楽になります。

最後にブラッシングをすればフワフワでサラサラの被毛になります。

チワワのシャンプーが終わったらたくさん褒めてあげよう

チワワの中には、シャンプーを嫌がるコも多いです。

そのためシャンプーが終わったら、たくさん褒めておやつをあげましょう。
またシャンプー中には「えらいね」「きれいだね」とたくさん褒めて、チワワのシャンプーが怖くないということを教えてあげましょう。

またシャンプーからドライヤーまで行うのは、飼い主さんにとっても重労働です。

抜け毛がたくさん出るので後の掃除も必須です。
シャンプーが重荷に感じるときはトリミングに出すなどして、飼い主さんが無理をしないことも大切です。