チワワにトリミングの必要性と注意点

チワワはスムースコートとロングコートの2種類

愛くるしい顔立ちで人気のチワワですが、毛の長さによって外見が全く違って見えますよね。

チワワは被毛のタイプによって、スムースコートタイプ(短毛種)とロングコートタイプ(長毛種)の2種類に分類されます。
そしてチワワは、どちらのタイプでもトリミングの必要がない犬種なのです。
ロングコートのチワワでも一定の長さ以上に毛が伸びない性質なので、カットの必要はありません。
しかし衛生面やオシャレでカットすることは可能です。
チワワのトリミングについてみていきましょう。

そもそもトリミングとは?

そもそもトリミングとは何でしょうか。
トリミングとは、動物の毛をカットして整えることを指します。

犬の中には、人間と同じように定期的にカットしないと毛が伸び続ける犬種もいます。

そういった犬の場合はトリミングしないと生命にも関わりますので必ず行う必要がありますが、チワワは違います。

チワワの普段のお手入れは、ブラッシングで十分です。

特にロングコートの場合は毛が絡みやすいので、毎日ブラッシングするようにしましょう。
絡んだ毛をそのままにしておくと皮膚が傷んだりすることもあるので、毎日チェックしながらブラッシングしてあげて下さい。

チワワにトリミングするのはどんなとき?

では、チワワにトリミングするのはどのようなときでしょうか。

まず一つが衛生面・健康面の維持のためです。

肛門回りは排泄のときに汚れが付きやすいので、お尻や後ろ足の毛だけ短く切っておきます。

そうすると清潔な上に排泄もしやすくなります。

また足裏の毛が伸びるチワワの場合は、滑り防止のために定期的にカットしておくと安全です。

長すぎる尻尾も、地面を引きずるようならカットしたほうが衛生的です。

もう一つがチワワのおしゃれとしてのカットです。

ロングコートチワワに、プードルやポメラニアンで流行のカットをする飼い主さんもいます。
また夏場だけスムースコートのように短くカットしておく場合もあります。

もともと短毛のスムースチワワはカットできませんので、カットできるのはロングコートのみになります。

チワワをトリミングする時の注意点

もともとトリミングの必要がないチワワです。

被毛には体温調節、紫外線から身を守るなどの役割があるので、切りすぎには十分注意しましょう。

必要以上に短く切ることで皮膚を傷付けることもあります。

またカットによっては毛質が変わってしまうこともありますので、そういった危険性も認識しておきましょう。

チワワの身を守るためには、素人がカットするよりもできるだけ専門のトリマーに切ってもらうほうが安心ですね。