チワワの体重はどのくらい?肥満にならないポイント


チワワの体重はどのくらい?

公認の犬種の中で最も小さなサイズとして知られるチワワ。
子犬から成犬になるまで、あまり大きな体重変化はありません。
それゆえに少しでも体重が増加したり減少したりすると、体の異常かもと不安になってしまうこともあります。
チワワの体重が成長とともにどのように変化していくのかを知っていれば、愛犬の健康チェックの目安になります。
それではチワワの体重の推移を年齢別でみていきましょう。

赤ちゃんチワワが成犬になるまでの体重

チワワの平均体重は1~3kgと言われています。

ドッグショーに出るチワワだとこの範囲内の体重でなければなりませんが、一般家庭で飼う場合は平均体重を超えても肥満でなければ問題はありません。

体重や体の大きさは個体によって差があるので、あくまで目安としてとらえてください。

生まれたてのチワワの体重は100g前後です。

私たちの手元にやってくる生後3か月には500~600g、その後 生後6か月で1000~1500gになります。

3~6か月の間は短期間で倍ほど大きくなる成長期なので、栄養満点の食事を与えましょう。

生後6か月~1年で、チワワは成犬になります。

この期間は行動が活発になり、またいろいろな知識を吸収していくので脳もフル回転しています。

この時期は与えすぎには注意しつつ、栄養価の高い食事をさせて下さい。

生後1年になると体重が2kg前後になり、体重の増加がストップします。

チワワの体作りは完成し、これ以上成長で体重が増えることはありません。
この頃の体重がそれぞれのチワワにとっての理想体重と言われています。

チワワが成犬になったら体重管理に気を付けよう

1歳を過ぎてもチワワの体重が増え続けていたら要注意です。

エネルギーの過剰摂取が考えられます。

チワワが太る一番の原因は、過食です。

体の小さなチワワは、少しでも食べすぎるとたちまち肥満になってしまいます。

かわいいからとついついご飯やおやつをたくさんあげたくなりますが、チワワの健康のために控えましょう。

そして同じ体重のチワワでも、それぞれの運動量や性別、骨格などによって食事の適量が変わってきます。

活発なチワワならそれだけ消費カロリーも高いですが、あまり動かないチワワだと表示の分量では食べ過ぎになる可能性があります。

ご飯の適量はあくまで目安とし、愛犬に合わせた量を与えてください。

また、避妊・去勢手術をしたチワワは、体重が増えやすいと言われています。

手術後は低カロリーの食事に変えるなど工夫しましょう。

チワワの肥満はおそろしい!体重管理はしっかりと

チワワに限らずですが、肥満は様々な病気を引き起こします。

さらにチワワは手足が細いので、肥満体になると骨折や骨の変形につながります。

食事は決められた分量を守り、間食は極力控えましょう。

一度増えた体重を減らすのは大変です。

日ごろからこまめに体重チェックをして、早期対処ができるよう心掛けることが大切です。

食べるのが大好きなチワワには、食事量を減らしながら回数は増やしてあげると良いですね。

1日の食事を用意して、それを1日3~4回に分けて与えると満足できます。

また適度な運動で筋力を維持することも大切です。
散歩は毎日行くようにしましょう。