チワワの服には重要な意味があった!チワワの服選びのポイントは?


まるでぬいぐるみのような可愛らしいチワワには、その可愛さを助長すべく、かわいらしいアイテムがたくさん作られています。

チワワの犬服もその一つです。
チワワに洋服を着せることは第一にオシャレの意味がありますが、それ以外にも防寒や避暑の役割もあります。
このことからも、チワワにとって服が身近な存在であることが分かります。

チワワが服と上手く付き合っていけるように、服選びのポイントをお伝えします。

チワワの服を選ぶときのポイント

チワワの洋服を買うときには、愛犬のサイズを知っておく必要があります。

ポイントになるのは「首回り・胴回り・身丈」で、特に「胴回り」が一番重要です。

胴回りが合っていれば、着崩れしにくく、チワワにとっても不快感がありません。

体重とサイズ表記はあまり当てにしないようにして下さい。

服選びでは、体重よりも体型のほうが重要です。

また犬服のサイズ表記はメーカーやお店によって異なります。

チワワの洋服には着せ方もいろいろあります。
頭からかぶるタイプ、マジックテープのもの、スナップボタンのものなど、多種多様です。
どのタイプが着せやすいのか、また愛犬にとって動きやすいのはどのタイプかという点をチェックして買うときの目安にしましょう。

不快感のある服を着せると、チワワは服嫌いになってしまいます。
ビジュアルだけでなく、気やすさも重視して下さい。

チワワの暑さや寒さ対策としての服

チワワの毛は、アンダーコート(フワフワの下毛)を持たない単層コートです。

そのため寒さに弱く、また体高が低いせいで地面に近いので暑いのも苦手です。

特にスムースタイプ(短毛種)のチワワは、守ってくれる被毛が少ないのでこの傾向が強く見られます。

チワワが冬や夏に辛そうにしていたら、服を着せてあげるようにして下さい。

寒さ対策として、犬服にもヒート素材のものが作られています。

室内では薄手のヒート服一枚で十分温かく、コートやセーターの下着に着ると保温効果がさらに高まるようです。

暑さ対策としては、クール素材のものがオススメです。

濡らすと涼感が長持ちする特殊繊維でできたものや、紫外線カットの効果があるものもあります。

チワワがケガや病気をしてカラーや包帯、おむつなどを付けることになった時、普段から服を着ることに慣れていればいざというときに役立ちます。

チワワが 服嫌いにならないポイントは、ゆっくりと慣らしていくことです。
最初は短時間だけ着せて、徐々に着ている時間を延ばしていきます。
服を着せたあと、おやつをあげたり一緒に遊んであげたりとご褒美をあげるのも効果的です。
しかしチワワがあまりに嫌がる場合は、無理をせずまた時間を空けてからチャレンジするようにしましょう。