無駄じゃない!?チワワが吠えるのは理由がある!

愛らしい顔つきで人気のチワワですが、私たちが驚くほどに大きな声で、執拗に吠えることがあります。
チワワを飼う人の中には、吠えグセで悩む人も少なくありません。
しかしチワワも理由なく吠えているわけではないのです。
チワワは人間のように言葉で気持ちを伝えることができません。
そのため、吠えることで何かを訴えようとしています。
吠える原因が分かれば無駄吠えを防ぐことができます。
ではチワワが吠える理由を探ってみましょう。

チワワは怖くて吠える

チワワはその小さな体で、自分より何倍も大きい犬や人間に向かって吠えることがあります。
これは相手に対して、恐怖や不安を感じていることの表れです。
チワワは臆病な性格をしており、ちょっとでも不安があるとすぐに吠えてしまいがちです。
インターホンに反応して吠える場合は、お客さんにおやつを与えてもらうなどの協力をしてもらうとおさまることもあります。
普段からインターホンを使った練習をしておくと良いでしょう。
散歩中にすれ違う犬や人に吠える場合は、飼い主さんが早めに気付いて道を迂回することで無駄吠えを防ぐことができます。
一旦吠え出すと興奮がおさまるまで吠え続け、散歩どころではなくなります。
飼い主さんにとっても心労となるので、避けることが一番です。

ワガママを聞いてほしくて吠える

チワワは遊んでほしいときやオヤツがほしいときに、飼い主さんに向かって吠えることがあります。
早く大人しくしたいからとついおやつを与えてしまいそうになりますが、ここでチワワの要求を聞いてしまってはいけません。
吠えればオヤツがもらえるという図式がチワワの頭の中にできてしまい、無駄吠えを助長することになります。
また叱ることも、相手をしてもらえたと思って喜ぶ場合があります。
ワガママを聞いてほしくて吠えるときには、無視をするのが一番です。
吠えるチワワを残して、人間だけが別の部屋に行ってしまうのも手です。
その代わりおとなしくなったら徹底的に褒めてあげましょう。

ストレスを感じて吠える

ケージに入れっぱなしや長時間の留守番、運動不足などでストレスを感じると、チワワはイライラが募って吠えることがあります。
ワガママで吠える場合と混同しやすいのですが、ストレスを感じているときは常に落ち着きがなくなりますし、飼い主さんのほうにも思い当たる節があると思います。
この場合は一緒に散歩をしたり、思いっきり遊んであげたりして、体を動かすことが有効です。
また毎日触れ合って優しく声をかけることでチワワは充足感を得られます。
毎日忙しくしている人は特に、チワワとの時間を意識して作るようにしてみて下さい。