チワワを多頭飼いするには?知っておくべき注意点


チワワを多頭飼いするメリットは、何といっても楽しいことです。
たくさんのワンちゃんに囲まれて暮らすことは、犬好きの人にとって幸せなことですね。
チワワは連れて歩きやすい大きさなので、多頭飼いもしやすいと言えます。
しかし実際に多頭飼いしようと思うと不安も出てきます。
そこでチワワを多頭飼いするときの注意点や知っておきたいことを紹介していきます。

2頭目はフレンドリーな性格のコを

チワワは頭が良く、きちんとしつければとても忠実な犬です。
しかしながら警戒心が強く協調性は低いので、他の犬と慣れるまで時間がかかります。
特にチワワが先住犬の場合、すでに自分の縄張りがあるので、新たな犬が来ることを嫌がる傾向が強まります。
2頭目以降の犬は、できれば同じ小型犬で、フレンドリーな性格のコを選ぶとうまくいく確率は高くなります。
2頭目を飼ったときには無理に仲良くさせようとせず、徐々に慣らしていきましょう。
先住チワワが新入りを威嚇する場合には、しばらくは別の部屋で生活させましょう。
また新入りの犬が怖がらないように、安心できるスペース(ケージなど)を用意することも忘れないで下さい。

先住犬を優先して順位を明確にする

2頭目以降を飼ったときに気をつけなければならないのは、先住犬の嫉妬です。
チワワ以外の犬種でも言えることですが、先住犬は新しい犬に飼い主さんの愛情が移ることを嫌います。
新しく加わった犬をどうしても構いたくなりますが、それではますます先住犬にストレスが溜まってしまいます。
そうならないために、どんなときでも先住犬を優先するようにして下さい。
ご飯をあげるのも褒めるのもかわいがるのも全て先住犬が最初です。
こうすることで先住犬の嫉妬を和らげられる上に、新入りの犬に群れの中での順位を教えることができます。
後に飼う犬がチワワの場合、気が強いチワワは自分の相手をしろと飼い主さんに要求してくる可能性があります。
そこで甘やかしてしまうとこれから先もずっと先住犬とうまくいきません。
初めが肝心です。
新しい犬の要求には乗らないように気をつけましょう。

先住犬の性格が一番大切

いくらチワワが多頭飼いできる犬だとしても、大切なのはそれぞれの犬の性格です。
チワワの性格は個体によって全く違います。
飼い主さんが多頭飼いを望んでいても、極度の怖がりや犬嫌いのチワワでは多頭飼いは難しいでしょう。
ドッグランやドッグカフェで他の犬に慣れているコでも、実際家に新しい犬を迎えると警戒心をむき出しにしたりします。
多頭飼いするときは、仲良くなれるまで時間がかかることを覚悟して飼う必要があります。