トイプードルのカットスタイルはこんなに種類があった!?

カット次第で、様々なスタイルを楽しめるトイプードル。カット方法によって全く違う犬のように見えたりするのがトリミングのすごいところです。今回は、他の犬とかぶりにくい、おもしろいカットスタイルをご紹介します。

ハートカット

お尻や体の一部分だけをハートの形に残したカットです。ハート部分だけをカラーリングするのもインパクトがあります。ハート以外にも、リボン型やイニシャルにカットすることもできます。

モヒカンカット

頭頂部から背中にかけて、真ん中の毛だけを長めに残すカットです。頭頂部だけのモヒカン、または背中だけのモヒカンもあります。オスに人気のかっこいいスタイルで、モヒカン部分以外は短くカットするので夏場のサマーカットにもおすすめです。

バルーンスタイル

腰~お尻周りの毛を大きくまん丸にカットした、かぼちゃパンツを着ているかのようなおちゃめなスタイルです。上半身をすっきりカットするとミツバチのようにも見えます。

ひつじカット

足首~足先、顔周りを短くカットして、胴体と足はまあるい形で残す、モコモコのひつじをモチーフにしたカットです。白や黒、グレーのモノトーンカラーのトイプードルにぴったりです。

アルパカカット

一世を風靡したアルパカに似せたカットです。耳の毛と顔周りは短くカットし、それ以外は丸みを残してカットします。マズルが長めで白毛のトイプードルならより本格的に仕上がります。耳毛を短くカットするので、外耳炎予防をできるというメリットもあります。

ライオンカット

顔の輪郭、首回りの毛を長く残して逆立てます。顔周りや胴体は短めにカットし、尻尾の先だけ長めに残します。豪華なたてがみのオスライオン風カットは、ブラウンカラーの被毛と相性抜群です。

恐竜カット

背中の毛を恐竜のようにギザギザにカットしたスタイル。お好みや毛量に合わせて尻尾の先までギザギザにすることもできます。顔周りのカットは特に決まっていないので、自由に組み合わせを楽しめます。

トイプードルのカットスタイルを楽しむために

トイプードルのカットを楽しむためには、普段のお手入れが大切になります。毛玉がたくさんできているとどうしても短くカットするしかなくなり、スタイルの幅が狭まってしまいます。毎日のブラッシングを欠かさないようにしましょう。 また、スタイルによっては予想以上に毛を長く伸ばしておく必要もあります。トリマーに聞くなどして、事前によく調べておくと安心です。 飼い主さんにとっては楽しみなトリミングでも、犬にとっては長時間の拘束が苦痛になることもあります。スタイルにこだわり過ぎて愛犬に負担を増やすことのないよう、注意して下さいね。