トイプードルのサマーカットで人気のスタイルは?

トイプードルは、トリミングによっていろいろなスタイルが楽しめる犬種です。夏場には見た目も涼しげなサマーカットにするトイプードルも多いのではないでしょうか。しかし短すぎるカットは、逆にトイプードルの負担になることもあります。サマーカットのメリットと注意点についてみていきましょう。

トイプードルのサマーカットのメリット

トイプードルは定期的にカットしないとずっと毛が伸びていく犬種です。季節に関係なくトリミングが必要ではありますが、暑い時期には特に短くしたくなりますね。トイプードルをサマーカットにするメリットは、
  • 手入れが楽
  • 毛玉ができにくい
  • 見た目が涼しそう
などが挙げられます。屋外で遊んで汚れてしまった時なども、毛が短ければ手入れがとても楽です。またトイプードル特有の巻き毛は伸びると絡まりやすいので、短くカットしておくと毛玉もできにくくなります。

トイプードルのサマーカットのデメリット

では反対に、サマーカットにするデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。
  • 紫外線や害虫から肌を守れなくなる
  • 体温調整ができなくなる
  • 毛質が変わってしまう
こういった点が挙げられます。毛がなくなると肌がむき出しになってしまうので、太陽光や害虫などの刺激から肌を守ることができなくなってしまいます。 また犬の毛には熱がこもり過ぎないようにする働きもあります。そのため毛がなくなると体温調整がうまくいかなくなり、見た目とは裏腹に犬は余計に蒸し熱く感じたりします。 そして短く刈りすぎると、毛がゴワゴワに変化することもあるのです。

トイプードルのサマーカットの注意点

トイプードルに快適なサマーカットをするためには、以下の2点に注意しましょう。

1.短く切り過ぎない

地肌が見えるほどに切るのは短すぎます。肌を守るためにも、ある程度の長さは残しておきましょう。最低でも5mm~1cm程度は残した方が安心です。

2.バリカンを肌に当てない

バリカンを使うと、肌がバリカン負けして炎症を起こすことがあります。また短く切りすぎると、フワフワだった毛がゴワゴワの硬い毛質に変わる原因にもなります。ハサミでカットするか、バリカンは地肌に当てないようにしましょう。

トイプードルにおすすめのサマーカットスタイル

トイプードルにおすすめのサマーカットはたくさんありますが、代表的なものを紹介します。

テディベアカット

くまのぬいぐるみに似せて顔周りをカットします。顔以外の部分は短めにカットすれば涼しく仕上がります。

モヒカンカット

オスのトイプードルによく似合うスタイルです。頭や背中のトップだけ長めにして、あとの部分は短くカットします。背中の毛が長くても犬は暑いと感じませんので、サマーカットにはぴったりです。

垂れ耳カット

耳の部分だけ長く残して、女の子らしく仕上げるカットです。全体的にサマーカットにしてしまうと味気ないなという時におすすめです。 一見涼しくて良さそうに見えるサマーカットですが、犬の立場に立ってみると良いことばかりではないのですね。短すぎるカットには気を付けて、サマーカットを楽しみましょう。