トイプードルのサマーカットで人気のスタイルは?


トイプードルの基本情報

トイプードルは誰もが知る、人気が衰えることなく「飼いたい犬種No1」をキープしている犬種ですね。

人気のヒミツは、ただの甘えん坊の愛玩犬ではなく、大変賢く、人が大好きでとにかく優しい性格だということ。

そして、トイプードルはトリミングが必須なんですが、いろんなスタイルを作ることができ、かわいいからかっこいいまで、いろんなトイプードルに変身できちゃうのです。

まずは、トイプードルの基本からおさらいしていきましょう。

トイプードル,ブラウン
  • 大きさ:小型犬
  • 体重:3.2〜4.5kg
  • 体高:24〜28cm以下
  • 被毛:シングルコートの巻き毛
  • 毛色:レッド、アプリコット、ブラック、ホワイト、クリーム、ブラウン、ブルーなど

トイプードルの身体的特徴

プードルには大きく分けて4種類のサイズがあります。

  • スタンダード
  • ミディアム
  • ミニチュア
  • トイ

となります。

最近ではティーカッププードルという存在も誕生しましたが、JKCやFCIでは公認されておらず、現在ではトイプードルに含まれます。

体の大きさは違いますが、体型のバランスはどのサイズも同じで、体高と体長がほぼ同じ長さになります。

特にトイプードルは、体の小ささからのイメージで、か弱いイメージを持たれますが、実際触ってみるとわかりますが、骨は硬くしっかりとしていて、筋肉もしなやかにしっかりと付き、大変均整のとれた体つきをしています。

トイプードルの性格

  • 賢く、物覚えが早い
  • 活発で陽気
  • 人や他の動物にフレンドリー
  • 好奇心旺盛
  • 運動神経がいい
  • 感受性が強く、空気を読む
  • 人が大好き
  • 甘えん坊
トイ・プードル

小さい体のトイプードルも立派なプードルです。

大変賢く、教えたことをすぐに学習します。

そのため、犬初心者の人でもしつけに苦労することはあまりないと言われます。

ただし、賢さ故に、ズルイこともすぐ覚えてしまうので、いいこと・悪いことをちゃんと教えてあげないと、小さな子供が面白がって悪いことをすぐ覚え、いたずらをするようなことがありますが、トイプードルも全く同じで、留守番の腹いせに隠れていたずらをするなんてこともあるので注意が必要です。

とはいえ、人が大好きで、いつも一緒にいて常に家族を和ませてくれ、また、トイプードルは人だけでなく、他の犬とも比較的すぐに仲良くなれるので、多頭飼いを考えている場合でも、割と問題なく犬同士仲良くしてくれるでしょう。

トイプードルのサマーカットのメリット

トイプードル

トイプードルは定期的にカットしないとずっと毛が伸びていく犬種です。
季節に関係なくトリミングが必要ではありますが、暑い時期には特に短くしたくなりますね。
トイプードルをサマーカットにするメリットは、

  • 手入れが楽
  • 毛玉ができにくい
  • 見た目が涼しそう
  • シャンプーが楽になる
  • 熱がこもりにくくなる
  • 皮膚病対策になる
  • 熱中症予防

などがあげられます。

屋外で遊んで汚れてしまった時なども、毛が短ければ手入れがとても楽です。

またトイプードル特有の巻き毛は伸びると絡まりやすいので、短くカットしておくと毛玉もできにくくなります。

もともとシングルコートなので、被毛がモコモコあるダブルコートの犬よりも、シャンプーはしやすく、ドライにもそんなに時間はかかりません。

でも、暑い夏の日に100%被毛を乾かすのに永遠ドライヤーをかけるには、犬も人もしんどいですよね。

ある程度短くカットするサマーカットは、ドライヤーをかける時間がかなり短縮されます。

また、トイプードルは皮膚の問題を抱える個体も多く存在します。

サマーカットをすることで通気性が良くなり、被毛と皮膚の間が蒸れてしまうことが少なくなり、皮膚の健康をキープすることができます。

そして、サマーカットをすることで、容易に皮膚の状態を毎日チェックすることができます。

最後に忘れていけないのは熱中症予防です。

年々暑くなる日本の夏、トイプードルにとっても年々暑さは増しています。

サマーカットすることで、トイプードルは熱中症を予防することができます。

ただし、犬は人のように汗をかかないので、被毛を短くカットしたからといって、気化熱で涼しくなるということはありません。

そのため、全身の極度なカットは逆効果になります。

ポイントとしては、お腹や脇、手足などリンパが集中しているところを短めにカットしてあげることで、体を冷やす速度を上げる助けになります。

トイプードルのサマーカットのデメリット

トイプードル,白黒

では反対に、サマーカットにするデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

  • 紫外線や害虫から肌を守れなくなる
  • 体温調整ができなくなる
  • 毛質が変わってしまう
  • 室内では体が冷えることも

こういった点があげられます。

毛がなくなると肌がむき出しになってしまうので、太陽光や害虫などの刺激から肌を守ることができなくなってしまいます。

芝生などが大好きでかけっこをするトイプードルなどは、サマーカットをすることで虫に刺される可能性が高くなります。

フィラリア対策をきちんとしていても、蚊に刺されれば、犬も痒がるようになります。

また犬の毛には熱がこもり過ぎないようにする働きもあります。

犬の被毛は断熱効果がありますので、被毛があって暑そうに見えます。

実際、真夏に犬の被毛の表面を触ると熱いですよね。

こんなに暑くてかわいそう…と思いますが、実際、犬の体温は心配するほど高温にはなっていないといいます。

それは犬の被毛が皮膚を熱から守っているからなんです。

つまり、あまりに短くカットしすぎてしまうと、逆にトイプードルが熱中症などになってしまうことが考えられるのです。

そのため毛がなくなると体温調整がうまくいかなくなり、見た目とは裏腹に犬は余計に蒸し熱く感じたりします。

そして短く刈りすぎると、毛がゴワゴワに変化することもあるのです。

トイプードルのサマーカットの注意点

トイプードル,黒

トイプードルに快適なサマーカットをするためには、以下の4点に注意しましょう。

1.短く切り過ぎない

地肌が見えるほどに切るのは短すぎます。

体全身を短くしすぎてしまうと、皮膚が紫外線をもろに受けてしまうことになります。

そうなると本来のサマーカットにする意味がなくなり、デメリットだらけになってしまいます。

肌を守るためにも、ある程度の長さは残しておきましょう。

最低でも5mm~1cm程度は残した方が安心です。

2.バリカンを肌に当てない

バリカンを使うと、肌がバリカン負けして炎症を起こすことがあります。

また短く切りすぎると、フワフワだった毛がゴワゴワの硬い毛質に変わる原因にもなります。

トイプードルの個体によって、被毛が伸びて来なくなったり、伸びてくる被毛が以前の巻き毛と違い、癖毛のような被毛が伸びてくることがありますので、初めてのサマーカットでは、思い切ったイメチェンをするのではなく、伸びてきた被毛が大丈夫かどうか確認しながら、段階を踏んで短くすることをおすすめします。

被毛に変化が出てしまった場合はハサミでカットするか、バリカンを使っても長めにカットをするようにし、バリカンは地肌に当てないようにしましょう。

3.サマーカットしても暑さ(夏)対策は継続すること

サマーカットしたらもう暑さ対策は万全!ではありません。

被毛を短くしても、暑い夏は暑苦変わりません。

  • 散歩は気温が高い時間は避ける
  • フィラリア(害虫)対策をしっかりする
  • 室内でも室温の管理を継続し、熱中症にならないようにする

など、ヘアスタイルに関係なく、暑さ(夏)対策は非常に大切になります。

4.サマーカットしてもグルーミングは必要

サマーカットをするとわかりますが、お手入れが非常に楽になります。

ただし、楽=必要ないわけではないので注意してくださいね。

ブラッシングは毛玉取りだけが目的ではなく、ブラッシングすることで、皮膚のマッサージになり、血行が良くなります。また、被毛にツヤを持たせることもできるのです。

せっかくサマーカットにして皮膚トラブルを解決させようしても、お手入れが行き届かないことが原因で、余計状況が悪化することもあり得るのでご注意を!

トイプードルにおすすめのサマーカットスタイル

トイプードルにおすすめのサマーカットはたくさんありますが、代表的なものを紹介します。

テディベアカット

定番中の定番スタイルになりますね。

くまのぬいぐるみに似せて顔周りをカットします。

顔まわりをとにかく丸く仕上げて、耳も丸く整え、ぬいぐるみを目指すか、わざとマズルを極端に丸く仕上げ、可愛らしい子グマ風にすることもできます。

顔まわりを真ん丸くするか卵形にするか、耳やマズルのカットに変化をつけるかで、同じテディベアカットでも全く違うルックスになります。

顔以外の部分は短めにカットすれば涼しく仕上がります。

モヒカンカット

オスのトイプードルによく似合うスタイルです。

モヒカンはどの程度のモヒカンにするかで、だいぶ雰囲気が変わってきます。

寝癖風のソフトモヒカンにするのか、パンクロックを思わせる少しハードなモヒカンを選ぶか、極端に頭のトップと背中にかけてモヒカンを作ることで、恐竜のようなスタイルを作ることもできます。

頭や背中のトップだけ長めにして、あとの部分は短くカットします。

背中の毛が長くても犬は暑いと感じませんので、サマーカットにはぴったりです。

垂れ耳カット

耳の部分だけ長く残して、女の子らしく仕上げるカットです。

全体的にサマーカットにしてしまうと味気ないなという時におすすめです。

どこまで耳の被毛を長く残すかで雰囲気はガラッと変わります。

お嬢様風のロングヘアの耳にするか、全体に丸くボリュームが出るように耳の被毛をカットすると、ミッキーマウスのような耳になり、もともと被毛が多い個体だと、耳に大きくボリュームを持たせることで、テディベアカットとは違う、ミッキーマウスやバニーカットにようになります。

ピーナッツカット(ムスタッシュ)

マズルが長めの個体におすすめするスタイルになります。

頰をスッキリカットしますが、マズルから口周りはボリュームを持たせます。

テディベアカットだとバランスが取れないというトイプードルでも、ピーナッツカットなら可愛くできるということが多いのでお試しください。

アフロカット

とにかく頭を大きく丸く仕上げます。

耳も含めて丸くなるので、インパクト大です!

頭を丸くし、体全身をやや短めにカットすることで個性的でポップな印象になります。

お手入れが大変なイメージがりますが、アフロカットの場合、ほかのスタイルに比べ、実は大変楽なのです。

ただし、アフロカットをするのにある程度顔まわり(頭)の被毛を伸ばさななければならないのと、被毛のボリュームがあるトイプードル限定でできるスタイルになります。

ラムカット

プードルといえば、昔から知られているのがラムカットですね。

顔や手足の先の被毛を刈って作るスタイルは、子羊(ラム)をイメージさせることから、ラムカットと呼ばれています。

最近では定番のスタイルから、全身のスタイルはラムカットですが、頭をモヒカンカットにしたり、耳を丸くミッキーマウスにしたりします。

また、尻尾のカットも丸くポンポンのように仕上げるのも人気があります。

このスタイルは顔を短くカットするので、顔のお手入れがしやすく、涙やけ対策にもなります。

マッシュルームカット

頭と耳を繋げて丸くカットするのがマッシュルームカットになります。

アフロカットは顔全体を丸くしますが、マッシュルームカットは頭と耳を丸くボリューミーに仕上げ、顔はキュッとコンパクトに仕上げます。

童話の中から出てきたキャラクターのような、ホワンとしたイメージになり、オスメス関係なく似合います。

また、きのこ部分(頭から耳)のボリュームをどれくらい出すかでも、出来上がりの印象はガラッと変わります。

マイアミカット

コンチネンタルクリップをご存知でしょうか。

ドッグショーなどでしか見ることがないスタイルですが、顔と足部分を皮膚が見えるくらい刈り込み、頭と上半身、手足首、尻尾の先だけ被毛をふわふわに残す、漫画の世界でいえば、お金持ちが飼っているプードルのスタイルです。

そんなスタイルはちょっとできないけど、トイプードルをプチセレブ系にしたいという人に人気なのが、マイアミカットになります。

顔はテディベアカットやピーナッツカットなどお好きなカットにし、全身を短めにカットします。

そして、手足首としっぽだけにボリュームを持たせてカットします。

このカットなら、暑い夏でも紫外線のダメージの心配もありません。

この記事のまとめ

トイプードルのサマーカットで人気のスタイル
  • 体重:3.2〜4.5kgの小型犬、シングルコートで巻き毛
  • 毛色:レッド、アプリコット、ブラック、ホワイト、クリーム、ブラウン、ブルーなど
  • 性格:賢く物覚えが早い、好奇心旺盛で陽気。人やほかの動物に優しい。感受性が高く空気を読める
  • サマーカットのメリット:①手入れが楽②毛玉ができにくい③見た目が涼しそう④シャンプーが楽になる⑤熱がこもりにくくなる⑥皮膚病対策になる⑦熱中症予防
  • サマーカットのデメリット:①紫外線や害虫から肌を守れなくなる②体温調整ができなくなる③毛質が変わる④室内では体が冷えることも
  • サマーカットの注意点:①短く切りすぎない②バリカンを肌に当てない③暑さ対策は継続する④グルーミングをする
  • おすすめサマーカットスタイル:テディベアカット、モヒカンカット、垂れ耳カット、ピーナッツカット、アフロカット、ラムカット、マッシュルームカット、マイアミカット

トイプードルのサマーカットで人気のスタイルは? さいごに

とにかくトイプードルはトリミング必須の犬種になります。

どうせトリミングするならば、トイプードルが快適に過ごすことは大前提ではありますが、シーズン毎に可愛いカットで個性的にしてあげるのもアリではないでしょうか。

定番の人気を誇るトイプードルですが、時代時代で流行りのスタイルは変わります。

定番のカットに飽きてしまったら、いつものスタイルをキープしつつ、少しだけ流行を取り入れ、オリジナルのスタイルを作って見るなどいかがでしょうか。

ただし一見涼しくて良さそうに見えるサマーカットですが、犬の立場に立ってみると良いことばかりではないのですよね。

短すぎるカットには気を付けて、サマーカットを楽しみましょう。

あなたのトイプードルがより可愛く、快適な夏を過ごせますように。