フレンチブルドッグの交配相手を募集するには

フレンチブルドッグを飼っていると、愛犬の血統をつなげていきたいと思うこともあるでしょう。いざ交配させようと考えた時、どのように相手を見つければ良いのでしょうか。ここでは、フレンチブルドッグの交配相手の募集方法についてご紹介します。

1.フレンチブルドッグ専門のブリーダーで募集する

一番良いのは、愛犬を購入したブリーダーで募集してもらうことです。愛犬を繁殖したブリーダーなら、愛犬の遺伝情報を分かっているはずです。その上で適した相手を見つけてくれるでしょう。自分で探す手間が省け、なおかつ遺伝疾患になりにくい組み合わせを考えてもらえるので安全な方法といえます。購入元のブリーダーでなくても繁殖経験と知識のあるブリーダーで交配することは、素人同士よりも安心感があります。 ただしブリーダーを介すると当然ながら料金が発生します。金額はブリーダーや相手犬によって異なりますが、中には妊娠できなくてもお金を取る業者もあるので注意しましょう。またブリーダーには、優良ブリーダーを選ぶようにして下さい。悪質なブリーダーでは、遺伝疾患などを考えずに乱繁殖する可能性があるからです。フレンチブルドッグ専門の業者で、激安を売りにしていないところがひとつの目安です。

2.インターネットで募集する

インターネットで調べてみると、フレンチブルドッグの交配相手を募集するサイトがいくつも見つかります。全国各地のフレンチブルドッグから探すことができ、メールやネット上でやり取りができるので気楽です。料金の負担が少なく、自分のペースで募集できるのがメリットです。 デメリットとしては、インターネット上では信頼関係が結びにくいという点が挙げられます。できれば交配を決める前に電話で話すことをおすすめします。 また知識のない素人同士の交配は危険を伴うということを、忘れないようにして下さい。

3.雑誌、口コミで募集する

フレンチブルドッグには熱心な愛好家が多く、他の犬種に比べて飼い主さん同士の絆が強いという特徴があります。フレンチブルドッグ専門の雑誌や活動もあり、そこから縁がつながることもあります。共通の話題があるので、気心を許しやすいというのがメリットです。 また、よく行くショップやドッグカフェ、しつけ教室、動物病院などで「交配相手を募集している」と話しておくと、紹介してもらえることもあります。知っている人からの紹介は、何より安心感があります。 ただしもしも合わないと感じた時に、断りづらいという弱点があります。またこの方法は運によるところもあるので、過度な期待はできないでしょう。雑談の折にでもさりげなく話しておくと、いい話をもらえるかもしれません。 フレンチブルドッグの交配相手を募集する時には、愛犬が交配できる犬かどうかは前もって調べておきましょう。遺伝疾患などがある場合は、交配は諦めて下さい。かわいい愛犬を不幸にしないためにも、安易な交配はせずに交配相手は慎重に選ぶようにしましょう。