フレンチブルドッグの出産の注意点

犬は安産として知られていますが、人間が作り出した純血種の出産は、危険性も少なくありません。フレンチブルドッグ特有の注意点もあります。無事にお産を終えられるように、フレンチブルドッグの出産の流れと注意点について知っておきましょう。

フレンチブルドッグの出産は帝王切開が多い

フレンチブルドッグの出産は、多くが帝王切開になります。フレンチブルドッグは頭部が大きく肩幅もがっしりした体型をしており、産道を通るのが難しいためです。自然分娩で産まれることもありますが、骨格が細かったり小型だったりと、フレンチブルドッグのスタンダードから離れた体型になることが多いです。 無理に自然分娩をさせると、母体も子犬も命の危険にさらされます。そのためフレンチブルドッグの出産は帝王切開が前提であると知った上で、出産に臨んで下さい。またフレンチブルドッグの出産に対応していない病院もあるので、出産前に帝王切開ができる病院を見つけておくことが必須です。帝王切開になると費用もかかります。この場合、相場は5~10万円といわれています。

フレンチブルドッグの出産までの流れ

フレンチブルドッグがいよいよ出産の時を迎えると、
  • ウロウロして落ち着きがなくなる
  • 体温が1~2度下がる
  • 穴を掘るしぐさをする
  • 食事を食べなくなる
などの兆候を見せます。出産予定日の5日前ぐらいからは、一日1回、直腸温度を測るようにしましょう。出産の兆候が現れたら、個体によりますが24時間以内には陣痛が始まります。

フレンチブルドッグの陣痛が始まったら

通常、陣痛が始まって2時間以内に第一子が生まれます。その後、だいたい12時間かけて全部の子犬を出産していきます。出産中は必ず誰かが付き添い、下記のようなことがあればすぐに病院へ連れて行って下さい。
  • 陣痛後2時間以上経っても出産しない
  • 第2子以降が生まれない
  • 力んでも出てこない
  • 母犬が力めない
フレンチブルドッグの場合、産道で子犬が詰まってしまう可能性が高いです。途中で出産できなくなったら、すぐに病院へ運んで下さい。また母犬の体力が尽きて力めないこともあります。そういう場合、くれぐれも母犬に無理させないようにしましょう。 フレンチブルドッグの出産では、何が起こるか分かりません。帝王切開が多いことからも、素人には繁殖が難しい犬種ともいわれます。信頼できる獣医やブリーダーと連携を取って、安全なお産を目指しましょう。