フレンチブルドッグを飼う時はこだわりたい?毛色について


フレンチブルドッグの毛色

フレンチブルドッグの毛色は細かく分けるといくつものパターンがありますが、基本カラーは4種類です。
順番にみていきましょう。

ブリンドル

黒色ベースに、ホワイトやレッドの差し色が入った毛です。
差し色の入らない真っ黒なブリンドルもいます。
胸の毛が白い個体は「エプロン」と呼ばれたりします。
フレンチブルドッグの基本カラーで、繁殖のベースになります。

フォーン

茶色がベースで、薄い金色から濃い茶色まで幅広い色があります。
個体によって、顔が黒かったり白かったりという違いもあります。

パイド

白毛をベースに、ブリンドル(黒毛)やフォーン(茶色毛)が入っています。
色の入り方は個体によって異なるので、個性が出やすいカラーです。
白単色の場合もパイドに含まれます。

クリーム

乳白色の単色カラーです。
薄いクリーム色から茶色のような濃い色まで含むので、フォーンと重なる部分もあります。
クリームはジャパンケネルクラブ(JKC)公認犬種ではないので、ショーに出す予定がある場合は注意が必要です。

フレンチブルドッグは毛色によって値段が違う?

犬は毛色によって価格が異なります。
基本的に、レアカラーや流行色は値段が高くなります。
フレンチブルドッグの場合、最も相場が高いのはパイドです。
中でも愛嬌のある柄をしている犬は人気があります。
また、色の薄いクリームも希少価値があり相場は高くなります。
比較的安定した価格なのが、ブリンドルです。
生まれてくる頭数も多いので、値段の上下が少ないです。

フレンチブルドッグの人気カラーを選ぶ時の注意点

フレンチブルドッグの人気カラーを買う時には、人気カラーを量産する心無い悪徳ブリーダーから購入しないように注意して下さい。
フレンチブルドッグには交配に適した組み合わせがあります。
それを無視して交配すると、遺伝疾患や奇形を持つ子犬が生まれることにつながるのです。
フレンチブルドッグを選ぶ時には、その犬の健康状態を必ず確認しましょう。
毛ヅヤが悪い、骨格がヒョロヒョロしている、手足のバランスがおかしいなどの子犬は、何らかの疾患を持っている可能性が高いです。

フレンチブルドッグの毛色による性格の違いはある?

フレンチブルドッグは、毛色による性格の違いはありません。
ただ見た目の感じで、ブリンドル(黒毛)は気性が荒そうにみえたり、クリームは穏やかそうにみえたりします。
しかし性格は個体差による部分がほとんどです。
子犬の性格を知りたい場合は、親犬について聞くと良いでしょう。
性格は遺伝することが多いです。
また、飼育する環境によっても性格は変わってきます。
フレンチブルドッグの毛色による違いは見た目だけなので、好みで選ぶことができます。
健康的なフレンチブルドッグを飼うためには、犬よりも業者で判断することが大切です。
愛犬と長く一緒に暮らしていくためにも、優良なブリーダーから迎えるようにしましょう。