フレンチブルドッグと間違えやすい?ボストンテリアとの違い

パッと見た感じは、どちらがどちらか分からないほどよく似ているフレンチブルドッグとボストンテリア。区別がつかず、判断に困ることもありますよね。そこで今回は、フレンチブルドッグとボストンテリアの違いについてご紹介します。

たくさんの共通点がある!

名前から分かる通り、フレンチブルドッグはフランスで、ボストンテリアはアメリカで生まれました。両犬種とも主に闘犬やテリアを掛け合わせて作られましたが、ボストンテリアは完成させる最終段階でフレンチブルドッグと掛け合わせをしました。そのため外見がよく似た犬になったといわれています。 鼻ペチャでクルッとした瞳、大きな立ち耳、詰まった体つき、短い毛と共通点がとても多いです。公認体重は、フレンチブルドッグが8~13kg、ボストンテリアは5~11kgで、やはりほとんど変わりません。

外見で分かる3つの違い

とはいえ、フレンチブルドッグとボストンテリアは異なる犬種である以上、ちゃんと違いがあります。外見で見極めるポイントは、大きく分けて3つあります。

違い1. 耳

見た目で一番分かりやすいのは、耳の形です。耳の先が丸いのがフレンチブルドッグ、先が三角にとんがっているのがボストンテリアです。

違い2. 毛色

フレンチブルドッグのメインカラーは「ブリンドル」「フォーン」「パイド」「クリーム」の4種類です。それに対し、ボストンテリアは黒毛に白の斑がある「ボストンカラー」と呼ばれる毛色のみです。そのため、黒色やクリーム色ならフレンチブルドッグだとすぐに分かります。しかしパイド(黒毛に白の斑)のフレンチブルドッグは、ボストンテリアと非常によく似ている場合があります。

違い3. 体型

手足が短くずんぐりした体型のフレンチブルドッグに比べ、ボストンテリアは手足が長くて細身です。また頭部のバランスも異なり、フレンチブルドッグは頭が大きめですが、ボストンテリアは小顔です。

性格の違い

それぞれの性格にも違いがあります。とはいえ、どちらも似た犬をルーツに持っているため性格が似ることもあります。また性格には個体差もあるので、必ずしも当てはまるということではありません。

フレンチブルドッグの性格

明るくフレンドリーな性格です。人間や他の犬が大好きで、自分から寄って行きます。学習能力が高いのでしつけを覚えるのも早く、無駄吠えもあまりありません。マイペースで甘えん坊ですがやや頑固な面があるので、子供よりは大人とうまく付き合える犬種です。

ボストンテリアの性格

我慢強く寛大な性格をしています。遊ぶのが大好きで活発な面があり、子供とも仲良くできます。人間の感情に敏感で信頼関係を築きやすいため、しつけが楽しい犬種です。小柄ながらも勇敢ですが、それが吠えグセにつながることもあります。

それでも見分けられない場合は?

個体によっては、どちらの共通点も持っていて見分けがつかないことがあります。子犬だとなおさらです。そういう場合は、DNA鑑定によって判断されます。 また人気に乗じて乱繁殖され、どちらの基準にも当てはまらない個体も生まれています。健康的な犬を迎えたいのなら、フレンチブルドッグとボストンテリア、それぞれの知識に長けた専門ブリーダーから迎えるようにしましょう。 よく似ているフレンチブルドッグとボストンテリアですが、違いもしっかりあるのですね。見分けるポイントを覚えておいて、散歩やドッグランでこれらの犬種に会った時には、どちらの犬種なのか予想してみて下さいね。