フレンチブルドッグのブリーダーとペットショップ、選ぶならどっち?

フレンチブルドッグを購入する時、どこから入手するか悩んでしまいますよね。そこで、ブリーダーとペットショップ、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。自分に合った方法を見つける参考にして下さい。

ブリーダーから購入する場合

ブリーダーは犬の繁殖を手掛ける人・業者のことです。フレンチブルドッグのブリーダーは、インターネットやペット専門誌などを利用すると見つけることができます。飼育環境を知るためにも、できるだけ犬舎へ出向くことをおすすめします。

ブリーダーのメリット

  • 犬の遺伝情報が分かる
  • 飼育について相談できる
  • 健康的な子犬を迎えられる
ブリーダーから直接買うことで、血統などをしっかり知ることができます。遺伝疾患予防のためにも親犬の情報などを知っておくことは大切です。 またブリーダーは繁殖、育てのプロなので、フレンチブルドッグの飼い方についての相談ができます。フレンチブルドッグ特有の病気などもあるので、知識のあるブリーダーを探しましょう。

ブリーダーのデメリット

  • 悪徳ブリーダーもいる
  • 個人ブリーダーの場合、保証などが曖昧になりやすい
  • ブリーダー探しが困難
ブリーダーから購入する際は、ブリーダー選びが一番のポイントになります。フレンチブルドッグのような人気犬種は、金儲け目的で乱繁殖されることもあります。購入の前に、見学や電話連絡を行って、ブリーダーの質を確かめるようにしましょう。

ペットショップから購入する場合

ペットショップにも様々な形態があります。全国チェーンの大手のものからブリーダー直営のショップまで幅が広いです。犬が元気そうにしていて、清潔なお店を選ぶようにしましょう。

ペットショップのメリット

  • 自分の好きな時間に行ける
  • 子犬をじっくり眺められる
  • 店舗があるので信用できる
ペットショップはほぼ毎日営業しているところが多いので、好きな時間に好きな犬を見に行くことができます。特に購入意思がなくてもじっくり見ることができるので、足を運びやすいといえます。また実店舗があるというのは、安心できるポイントのひとつです。

ペットショップのデメリット

  • 子犬にストレスがかかっている
  • 犬の遺伝情報を知ることができない
  • 店員の知識不足
子犬が店頭に並べられるまでには、親元を離され、競りにかけられ、移動させられ、相当の負担を背負ってきています。そのため、元気がなかったりストレス過多になったりしている犬が多いです。遺伝情報も明確ではなく、せいぜい親世代までしか分かりません。また様々なペットを扱うショップでは店員の知識が浅く、フレンチブルドッグに特化したアドバイスはもらえない場合が多いです。 ブリーダーにもペットショップにも、それぞれメリットとデメリットがあります。フレンチブルドッグに限らず、子犬を飼い始めると様々な問題点が出てきます。あとあと困らないためにも、外見のかわいさだけで衝動買いしたりせずに、信用できるところから迎えるようにしましょう。